ドロップキック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェフ・ハーディーによるドロップキック。

ドロップキックDropkick)は、プロレス技の一種である。蹴り技および飛び技に分類される。

掛け方[編集]

郡司歩によるドロップキック。

対戦相手目掛けてジャンプし両足を揃えて足裏で蹴る。

  • 技を出すタイミングの例
    • 立っている相手に対して、その場で飛び上がって蹴りつける。
    • 立っている相手に向かって走り、勢いをつけて蹴りつける。
    • 走ってくる相手に対してカウンターの形で当てる。
    • コーナートップから飛びかかってくる相手を迎撃する。
    • コーナートップに登ろうとしている相手を蹴り落とす。
    • エプロンサイドに立った相手をロープ越しに蹴る。

種類[編集]

遠藤幸吉によるドロップキック。
正面飛び式
仰向けに飛び上がり、ヒット後は、そのまま後ろ受け身をとる。ドロップキックの原型といえる形であり、吉村道明が、このタイプを使用[1]力道山の時代は、これが主流であった。
スクリュー式
正面飛び式を改良したもので捻り式とも言う。両足で相手を蹴り付けた後に空中でうつ伏せになるように体勢を変えて前受け身をとる。着地から素早く立ち上がり連発で放つことが可能。現在は、この形が主流になっている。
1回転式
相手にキックを当てた後、後方に1回転して前受け身を取る。跳躍力と身軽さをアピールするのに絶好の技。旋回式とも呼ばれるダグ・ファーナスがバク宙するような縦回転式三沢光晴横回転式を得意技としている[2]
低空式
立っている相手の下半身や四つんばいになっている相手の顔面を狙うドロップキック。元祖は渕正信だが(横飛び式[2]、この技を有名にしたのは武藤敬司である(正面飛び式[2]。彼の得意とする足殺しや、そこからの足4の字固めシャイニング・ウィザードに持っていくまでのつなぎ技となっている。
串刺し式
コーナーにもたれかかっている相手に走って勢いをつけて放つ。
32文人間ロケット砲
ジャイアント馬場の繰り出すスクリュー式ドロップキック。全盛期でも1年に1度くらいしか披露しなかったが、1968年6月27日に日本プロレスの蔵前国技館大会で行われたインターナショナル・ヘビー級選手権試合の対ボボ・ブラジル戦では三連発で放ち、フォール勝ちで王座を奪回(1つの試合で複数回放ったのは、この時のみ)。名称は馬場のカウンターキックを16文キックと呼ぶところから来ている。また、馬場は全日本プロレス中継の解説時にドロップキックという言葉は使わず「飛び蹴り」と表現していた。馬場は体重があるため受け身が痛く、客受けはするがあまり出さなかったようである。
カンガルーキック
背後から羽交い絞めを繰り出してきた相手などに対して体を前転させながらジャンプして両足を揃えて蹴る変型の正面飛びドロップキック。派生技にチャパリータASARIのコーナーに振った相手に対しロンダートで近づいた後にカンガルーキックを見舞うロンダート・カンガルーキックがある。また、アントニオ猪木アンドレ・ザ・ジャイアントにサーフボードストレッチで捕えられた際に、この技で脱出する場面が度々見られた。
コーナートップの相手へのドロップキック
打ち上げ式ドロップキック雪崩式ドロップキックとも呼ばれるが正式名称はない。コーナートップに座らせた(登った)相手に対して、その場跳びでドロップキックを放って場外へ転落させる。
ジョン・ウー
正面飛び式低空ドロップキック。主な使用者はSUWAジョン・ウーの名称で使用)[1]神田裕之フィン・ベイラーオカダ・カズチカ
ミッキーブーメラン
トップロープとセカンドロープを掴み回転して反転。相手の顔面にドロップキックを放つ。主な使用者はレイ・ミステリオは(619の名称で使用)、MIKAMI

ミサイルキック[編集]

郡司歩によるミサイルキック。

ミサイルキックMissilekick)は、トップロープから放つドロップキック。ミサイル・ドロップキックMissile Dropkick)とも呼ばれる。

1948年にアントニオ・ロッカが開発して披露しているが日本では国際プロレスに来日したエドワード・カーペンティアが初公開したうえ(『週刊プロレス』ビデオ増刊号のレトロ編1に収録されている)、1975年には全日本プロレスに来日したリッキー・ギブソンロックンロール・エクスプレスロバート・ギブソンの実兄)が公開して話題となった[3]。テネシー地区でギブソンのライバルだったココ・B・ウェアも得意技としている。日本では、この技をギブソンに受けたジャンボ鶴田[2]ウルトラC・ドロップキックジャンボ・ミサイルキックの名称で若手時代の切り札にしていた。ダイナマイト・キッドジョニー・スミスは、着地した後にヘッド・スプリングの要領ですっと立ち上がるスタイルで人気だった。高野拳磁は2メートルの巨体から、この技を繰り出して「人間バズーカ」の異名をとった。また、森嶋猛のものはスカッド・ミサイルキックと呼ばれて、この技を喰らった丸藤正道が、その威力の凄まじさから実在のミサイル兵器をイメージして命名[2]。そのほかに高田延彦も使用[2]

種類[編集]

スワンダイブ式
トップロープの反動を利用してロープの上に飛び上がった後に相手めがけて放つドロップキック。主な使用者は大谷晋二郎[2]
急降下式
コーナーポストから膝などの下半身を狙って蹴る低空ミサイルキック。主な使用者は武藤敬司(セカンドロープから放つ場合もある)。
長滞空式
相手にヒットするまでの滞空時間が長いミサイルキック。主な使用者は吉野正人中嶋勝彦[2]

派生技[編集]

ライダーキック
特撮テレビドラマ『仮面ライダー』のライダーキックから着想された片足でのミサイルキック。主な使用者はスーパーライダーザ・グレート・サスケは、この技をリング外に向けて放っていたが受け身に失敗して負傷して以来、封印している。他にもアキバプロレスで「仮面ライダーの主役オーディションを七回受けた」と語った美月凛音など何人かの使用者がいる。
福岡晶が使用していた同名の技は相手の後頭部へ放つ前方一回宙返り式ミサイルキックである。紫雷イオが福岡から直接指導を受けて、この技を受け継いでいる。
コーナー・トゥー・コーナー・ドロップキック
相手をコーナーに宙づり状態にして固定して自分は反対側のコーナーに立ち、主に相手の頭部を狙って放つミサイルキック。元祖はロブ・ヴァン・ダムヴァン・ターミネーターCIMAトカレフの名称で使用。非レスラーであるシェイン・マクマホンはポスト下で座っている相手にブリキのゴミ箱を持たせてのコーナー・トゥ・コーナーをコースト・トゥ・コーストの名称で使用。丸藤正道スワンダイブ式によるfrom コーナー to コーナーの名称ので使用[2]

名手[編集]

  • 1930年代に活躍したアメリカ人レスラーのジョー・サボルディが元祖である。その後、ペドロ・モラレスパット・オコーナーアントニオ・ロッカがドロップキック3人男として名手と呼ばれていた。
  • 日本では遠藤幸吉吉村道明が名手として名をあげて藤波辰爾もジュニアヘビー級時代に連発式で繰り出していた[1]木戸修も、かつては名手として評価されていた1人である。
  • 三沢光晴は1回転ドロップキックをヘビー級選手で本格的に使用した第一人者である。現在では田口隆祐がこだわりを持って使用していてドロップキックの空中姿勢に定評があったことから「ドロップキックマスター」という異名を付与されて、この技のみで獣神サンダー・ライガーを秒殺したことがある。また、オカダ・カズチカも高い打点で繰り出す。チェンジ・オブ・ペースの1つとして用いられる。
  • 女子レスラーでは豊田真奈美正面飛び式を得意技としており、相手が起き上がったところで間髪入れずに打ち込んで2度3度とぶっとばして2ndコーナー(ときにはトップコーナー)からのミサイルキックへと繋ぐムーブメントをみせていた。また、相手に組み付かれて上に投げられた反動を利用して至近距離からの一撃も披露している。豊田から、お墨付きを受けている藤本つかさと、つくしのタッグチームは「ドロップ・キッカーズ」と呼ばれている[4]。主な使用者はAJスタイルズエッジランディ・オートンハードコア・ホーリーマーク・ジンドラック

エピソード[編集]

参考文献[編集]

  • 週刊プロレス』2015年4月1日号(通刊1784号)pp63 - 70掲載「21世紀の技解説ワイド版 ドロップキック」
主な使用者やフォームの種類などの確認に使用。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 週刊プロレス』2015-4-1 pp68
  2. ^ a b c d e f g h i 『週刊プロレス』2015-4-1 pp69
  3. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P56(日本スポーツ出版社、2002年)
  4. ^ 『週刊プロレス』2015-4-1 pp66 - 67

関連項目[編集]