サッカーボールキック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サッカーボールキックSoccer Ball Kick)は、プロレス総合格闘技で用いられる蹴り技の一種である。

概要[編集]

仰向けになった相手の上半身を引き起こして尻餅をついた状態にさせて相手の背中にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。

総合格闘技ではグラウンド状態の相手の頭部に蹴る場合が多く、グラウンド状態で一瞬の気も抜けないため、スリリングで緊張感のある試合が展開される。それが理由で総合格闘技を見るコアなファンからの人気が高い反面、この攻撃は非常に強力かつ危険で場面によっては残虐な印象を与えるため、禁止している総合格闘技団体もある。

PRIDEではグラウンド状態の相手の頭部への蹴りは禁止されていたが「PRIDE.13」からルールが改正されて使用を認めている。HERO'SDREAMSRCでは禁止になっている。

UFCを始めとする北米の総合格闘技団体で採用されているユニファイドルールではグラウンド状態の相手の頭部への蹴りは禁止されているが頭部以外への蹴りは認められており、倒れた相手のボディに蹴りを入れるシーンが見受けられる。

主な使用者[編集]

プロレスにおける派生技[編集]

チョン蹴り
天龍源一郎のオリジナル技。うつ伏せになった相手の頭を、つま先で蹴り飛ばす。
ステップキック
川田利明のオリジナル技。前屈みになった相手の左サイドに移動して相手の頭を右手で掴み、右足を小刻みに振り上げて相手の顔面を足の甲で何度も蹴り上げる。
ランニング顔面蹴り
川田利明のオリジナル技。助走して尻餅をついた相手に振り抜いた右足の甲で相手の顔面を蹴り飛ばす。
PK(ペナルティー・キック)
柴田勝頼のオリジナル技。相手をスリーパー・ホールドで締め落として尻餅をつかせたあと助走して相手の胸板にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。
G2PK(ゴー・ツー・ペナルティー・キック)
柴田勝頼のオリジナル技。相手をgo 2 sleepの要領で顔面に膝蹴りを見舞って背後にあるロープをあずけて反動をつけて体を起こそうとする相手の胸板にサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。
GK(ゴール・キック)
柴田勝頼のオリジナル技。助走して、うつ伏せになった相手の頭目掛けてサッカーボールを蹴るかの如くキックを叩き込む。
FK(フリー・キック)
柴田勝頼のオリジナル技。相手がいかなる状態にいるかに関わらず相手を強引に助走して蹴り上げる。
パントキック
ランディ・オートンのオリジナル技。相手を倒してコーナーまで一旦後退して距離をとって相手が体を起こそうとするのを待ち構えて四つん這いになった相手に助走をつけて近づいて相手の顔面を蹴り上げる。
go 2 sleepy hollow
ハロウィックのオリジナル技。go 2 sleepの要領で相手の体を正面に投げ捨てながら右足を振り上げて落下してきた相手の腹部を右足の甲で蹴り上げる。

関連項目[編集]