橋本大地 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
橋本 大地
Daichi Hashimoto
橋本 大地Daichi Hashimotoの画像
プロフィール
リングネーム 橋本 大地
本名 橋本 大地
ニックネーム 破壊王子
破壊王二世
破壊王ジュニア
身長 180cm
体重 92kg
誕生日 (1992-04-13) 1992年4月13日(25歳)
出身地 神奈川県
所属 大日本プロレス
スポーツ歴 空手
トレーナー 大谷晋二郎
デビュー 2011年3月6日
テンプレートを表示

橋本 大地(はしもと だいち、1992年4月13日 - )は、日本男性プロレスラー神奈川県出身。2016年より大日本プロレスに所属している。

プロレスラーの橋本真也の長男にあたり、父親の通称である「破壊王」から「破壊王子」「破壊王二世」「破壊王ジュニア」と呼ばれる。兄弟は妹が2人いる。

略歴[編集]

デビュー前[編集]

父親の橋本真也

プロレスラー橋本真也の長男として生まれる。小学6年から空手を始め、中学からは総合格闘技「蒼天塾」に所属した。2005年夏、当時中学1年で父親を亡くす。これを契機にプロレスラーを目指すことを決意。

2008年3月2日、ZERO1後楽園ホール大会で2代目IWGPベルトの「橋本家への返却」の際に中邑真輔と向かい合っている。この時大地は「(IWGPベルトを)自分が大きくなり、実力で奪い返したい」と語り、将来的に打倒・中邑真輔を誓っている。

2009年9月21日にZERO1の興行『橋本真也デビュー25周年・破壊王伝承 in 後楽園大会』において、2分2ラウンドのキックボクシングエキシビションマッチで、小林聡を相手にプレデビュー戦を行った。空手着を身につけて戦い、父親と同じ『爆勝宣言』を入場テーマ曲にした。結果は引き分けとなるも、2度のダウンを奪われるなどの試合内容から試合後に号泣した[1][2]

大谷晋二郎は橋本大地の後見人を自称し、ZERO1は大谷・蝶野正洋とともに橋本大地育成プロジェクトを組み、団体を挙げてレスラーとして育てていた[3]。他団体からの誘いもあったが、それを断ってZERO1入りを選んだ[4]

ZERO1[編集]

ZERO1時代の橋本大地(2011年10月2日)

練習生として下積み生活を経て、2011年3月6日に両国国技館でのZERO1・10周年記念大会「プロレス」の蝶野正洋戦でデビューした。同じく闘魂三銃士である武藤敬司も実況として来場している[5][6]。試合後には武藤から対戦要求され、橋本も受諾したために3月21日の全日本プロレス・「2011プロレスLOVE in 両国 vol.11」でシングルマッチを行うこととなった。

2011年3月6日、ファッションブランド『DESTROY狂』とコラボレーション。入場衣装やグッズなど手がけられている。

21日、全日本プロレス両国国技館大会で武藤と対戦[7]。デビュー戦で使用できなかったミサイルキックやSTF、掟破りのシャイニングウィザード等を放ち武藤に食らいつくも最後は武藤にムーンサルトプレスを放たれで敗北した。その後、27日の奉納プロレスで大谷をタッグパートナーにして、ビッグバン・ベイダーとその息子ジェシー・ホワイトのベイダー親子と対決するも、大地がベイダーからピンフォールを奪われ敗戦となった。

2011年6月、全日本プロレスの長島☆自演乙☆雄一郎組を相手に対戦したが(大地のパートナーは大谷)、曙のボディプレスでフォール負けを喫してしまう[8]

7月3日、後楽園ホールで行われた「破壊王7回忌特別興行」で高山善廣と対戦[9]。高山に終始「ただの若手レスラーの一人」と子供扱いされ、結局高山は代名詞でもある「ジャーマン・スープレックス」を出す必要もなく、大地は完敗した。また試合後に高山は大地を「ただの新人」「特別待遇」「超新星ではない」と酷評した上で、「ガキの中に放り込んで(一般的な新人と同じように扱い)ジェラシー燃やしている奴らと殴り合いさせた方がよい(若手同士で泥臭く戦わせ育てた方がよい)」と、コメントを残し、大地に「一人立ち」の勧めを説いた。

11月9日、大地は藤田峰雄とタッグを組んでフジタ"Jr"ハヤト横山佳和組と対戦し、蝶野直伝のSTFで横山からタップを奪いデビューから8ヶ月、71戦目で自身の手で初めて勝利を挙げた(シングルマッチとは別)。また、同日のNWAインターコンチネンタルタッグ王座戦で田中将斗ゼウス組に大谷とタッグを組んで挑んだ曙から、ZERO1のタッグリーグ「風林火山」のタッグパートナーに指名され、大地もこれを承諾し同大会初出場が決定する。

2012年1月1日、後楽園ホールで横山佳和とシングルマッチを行い、STFでシングル初勝利をあげる。 同月8日にレジェンド・ザ・プロレスリング長州力と対戦するも完敗。長州から「笑いの出ないプロレスラーになれ」と声援を送られる。

2012年1月15日、大地初のプロデュース大会となる道場マッチ『海岸プロレス』を開催。コンセプトは父・橋本真也が創った『ZERO-ONE』、テーマを『未知なる外国人選手』『ゼロチュー』『橋本vs.小笠原』とし、メインで自身は負けながらも大会は成功。「古きを温め、新しきを知る。僕はまだまだプロレスを勉強しなければいけないと思いました」とコメントを残した[10]

2012年1月28日、日高郁人プロデュースの『海岸プロレス』にて初のミックスドマッチを行い、「破壊する女」こと松本浩代と組みクレイグ・クラシックケリー・スケーター組と対戦する。

2012年3月2日、『ZERO1 11周年記念大会』にて橋本大地デビュー1周年記念試合として大谷晋二郎&橋本大地vs.佐々木健介中嶋勝彦がおこなわれた。35分近い試合の末、健介のラリアットに沈んだ大地だったが「本当に父親を教えられたような感じがした。あと3年のうちに自分でチャンスを掴みとりたい。俺の父親が近くまで行ってた天下(IWGP)捕りに行きたいと思っています!」とコメントを残した[11]

2012年3月26日、奉納プロレスにて師匠である大谷晋二郎との初シングルを行い、「大谷vs.橋本」と銘打たれたこの試合後大谷よりNOAHのタッグリーグパートナーに指名された。大地は「僕がこの目で見ていたZERO-ONEの旗揚げ戦で、ノアと全面対抗してた記憶がすごくあります。その時ZERO-ONEは全滅したけど、今回ノアのリングにZERO1が2人で乗り込むということで、僕と大谷さん2人でノアを全滅させようと思っています」とコメントを残す。[12]

2012年12月24日、ZERO1新潟大会で左橈骨を骨折し出場予定だった新日本プロレスレッスルキングダムを欠場した[13]。2013年4月15日に飯伏幸太と復帰戦を行い敗れたが[14]、4月27日にZERO1朝霞大会で左尺骨を骨折し再び離脱した[15]。10月13日に中嶋勝彦と復帰戦を行い敗れた[16]

2014年2月11日、初のシングル王座挑戦となるNWA UNヘビー級王座戦を行ったが、王者のタマ・ウィリアムスに敗れ戴冠はならなかった[17]。3月30日には奉納プロレスで天龍源一郎のグーパンチを浴びて右下顎骨を骨折した[18]。3月31日をもって契約満了で退団し、怪我が完治したあとはフリーで活動することが4月8日に発表された[19]

IGF[編集]

6月5日、6月1日付けでIGFと選手契約を結んだことを発表した[20]。6月15日の大日本プロレス広島大会で復帰し、橋本和樹と組んで佐藤耕平石川修司組の持つBJW認定タッグ王座に挑戦したが敗れた[21][22]。7月13日のGENOME30で藤田和之を相手にIGFデビュー戦を行ったが、2分22秒にパワーボムを受け敗れた[23]

大日本プロレス[編集]

IGF所属中から大日本プロレスに参戦し、橋本和樹とタッグチーム「チーム大和」で活動しており、2016年1月1日付けで大日本プロレスに正式入団した[24]。3月6日には、2年ぶりに古巣のZERO1に参戦した[25]。また同年、大日本メディア部の企画としてYouTubeチャンネルを開設、YouTuberとして活動を開始。

得意技[編集]

フィニッシュ・ムーブ[編集]

ライジングDDT
インプラント式DDT。使い始めた当初は垂直落下式DDTと表記された(ただし、父の同名の技とは異なる)が、現在の名称に改名した[26]。また、かつては本格的なヘビー級選手に仕掛けることは難しかったが、2016年の一騎当千リーグ戦では関本大介をこの技で破った[27]

その他[編集]

各種キック
ローキック、ミドルキック、ハイキック、ソバットサッカーボールキックなど。デビュー以来、試合を組み立てるために常用される。
フライング・ニールキック
大地の父、橋本真也の得意技の1つでもあった。父譲りの重量系というよりも直接的な師匠に当たる大谷を彷彿させる綺麗なフォームで跳躍するタイプを使用する。
ミサイルキック
コーナーからの飛び技として常用する。
DDT
これも父の得意技。父と生前抗争を繰り広げたスティーブ・コリノとの対戦時(タッグマッチ)に、コリノが得意の「パクリ殺法」でDDTを狙ったところで、大地が逆にDDTをかけ返した時から使用するようになった。フォームは父のそれと類似する「ジャンピング式」。
エルボー・バット
チョップを多用した父とは違い、エルボーを使うことが多い。

デビューしてしばらくの間、以下のような関連のある先輩レスラーの技を借用することが多かった。週刊プロレスのインタビューで、ドラゴンゲートの望月成晃から「闘魂三銃士殺法を使う事は、ある意味反則だよ」と対戦後指摘された点について触れられた際に「やっぱり反則ですかね」と語った後、先輩達の技(特に「STF」と「シャイニングウィザード」)を使う事について「(先輩達の技を借用しても試合に勝てない事から、その先輩達に対して)申し訳ない。もう少し(技を)極めてから出したい。その技に泥を塗る訳にはいかない」と語った[28]

STF
蝶野に伝授され、3月21日の武藤戦で披露。シングル初勝利を上げた技でもある。
シャイニングウィザード
武藤戦で「掟破り」の形で使用。その後の試合でも使用している。
三角蹴り
コーナーをステップにして放つ変形のジャンピングハイキック。ドラゴンゲートの望月の得意技でタッグマッチで望月と対戦後、時折「借用」するようになった。

入場テーマ曲[編集]

  • 爆勝宣言(橋本大地ver)
  • 闘魂伝承

タイトル歴[編集]

出演[編集]

スポーツ番組[編集]

  • SPORTS XBS朝日) - コーナー「夢を応援!情熱アスリート」に登場。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ZERO1「橋本真也デビュー25周年 破壊王伝承 in 後楽園」 スポーツナビ 2009年9月21日
  2. ^ “破壊王子”橋本大地、ほろ苦いプロレスデビュー!「甘くない…」と号泣 オリコンキャリア 2009年9月21日
  3. ^ 橋本大地育成プロジェクト
  4. ^ ゼロワンの40歳大谷晋二郎が結婚”. 日刊スポーツ (2013年7月13日). 2014年5月8日閲覧。
  5. ^ ZERO1 10周年記念大会「プロレス」 スポーツナビ 2011年3月6日
  6. ^ 橋本大地が蝶野相手に堂々デビュー!またもビッグマッチで敗れた大谷だが、目を真っ赤にしながらも胸を張って「大成功!」と叫ぶ - バトル・ニュース 2011年3月6日
  7. ^ チャリティー大会として開催された全日本両国大会で、まさしくプロレスで元気をという熱戦が!大地が武藤に掟破りのシャイニング! - バトル・ニュース 2011年3月21日
  8. ^ 大地vs.自演乙のルーキー対決が実現!曙に圧殺された大地だが、父の七回忌に高山善廣と一騎討ちが決定! - バトル・ニュース 2011年6月14日
  9. ^ 父の七回忌興行で一緒になって闘ったものの、大地は高山に完敗!AWA&NWAのWタイトル戦はシークが勝利して二冠王に! - バトル・ニュース 2011年7月3日
  10. ^ 橋本大地プロデュース『海岸プロレス』で、父親が創ったあの"ZERO-ONE"が甦る!時空を超えて橋本vs.小笠原再び... - バトル・ニュース 2012年1月15日
  11. ^ デビュー1周年試合で勝彦とバチバチ蹴り合い、健介にぶっ潰された大地。次は大谷と一騎討ち!曙が悲願のシングル王座初戴冠! - バトル・ニュース 2012年3月2日
  12. ^ 大谷vs.橋本戦を終えた大谷は大地をパートナーに指名してノア出撃宣言!靖国でコスプレファイターvs.紅白歌手ファイターが実現! - バトル・ニュース 2012年3月26日
  13. ^ 橋本大地が“左腕骨折”で1.4東京ドームを無念の欠場…! その思いを胸に大谷晋二郎の緊急参戦が決定!!(詳細追加)”. 新日本プロレス (2012年12月27日). 2014年4月10日閲覧。
  14. ^ 4.15 後楽園ホール大会 「Far and Away」”. ZERO1 (2013年4月15日). 2014年4月10日閲覧。
  15. ^ Twitter / Zero1_Fos: 橋本大地が4月27日朝霞大会NWF軍との試合で左尺骨を骨折。”. ZERO1 (2013年4月30日). 2014年4月10日閲覧。
  16. ^ 10.13 後楽園ホール大会試合結果”. 2014年4月11日閲覧。
  17. ^ 2.11 後楽園ホール大会試合結果”. ZERO1. 2014年5月8日閲覧。
  18. ^ 橋本大地 天龍パンチで右下顎骨骨折”. デイリースポーツ (2014年4月3日). 2014年4月10日閲覧。
  19. ^ 橋本大地フリー希望でゼロワン退団”. 日刊スポーツ (2014年4月9日). 2014年4月9日閲覧。
  20. ^ 橋本大地が「真撃のスタイルに似ている」とIGFに入団!7.13福岡で復帰予定!他団体への参戦も熱望”. バトル・ニュース (2014年6月5日). 2014年6月5日閲覧。
  21. ^ 大地15日の復帰戦がいきなりタイトル戦”. 東京スポーツ (2014年6月12日). 2014年7月2日閲覧。
  22. ^ 「広島“大”熱狂プロレス」広島県立産業会館・東館大会”. 大日本プロレス (2014年6月15日). 2014年7月2日閲覧。
  23. ^ 橋本大地、藤田に先制攻撃も142秒で沈む”. 日刊スポーツ (2014年7月14日). 2014年7月14日閲覧。
  24. ^ 橋本大地選手 入団のお知らせ”. 大日本プロレス BJW official website (2016年1月1日). 2016年1月3日閲覧。
  25. ^ 3月6日(日)プロレスリング ZERO1 15周年記念大会『プロレス』”. ZERO1. 2016年3月14日閲覧。
  26. ^ hashimotodaichi (2013-04-20). "このDDTの名前は ライジングDDTって言います。@samuraiTV" (ツイート) – Twitterより. 
  27. ^ ““破壊王ジュニア”橋本大地が大日本移籍で急激進化!関本破る大金星”. 東京スポーツ. (2016年4月1日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/525452/ 2016年4月4日閲覧。 
  28. ^ 週刊プロレス2011年7月13日号 P.95 - 98 「編集長対談」より(週刊プロレス編集長 佐藤正行によるインタビュー)

外部リンク[編集]