エルボー・バット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エルボー・バットElbow Bat)は、プロレス技の一種である。単にエルボーElbow)とも称される。日本名は肘打ち(ひじうち)。

概要[編集]

肘を突き出すように自身の片腕を折り畳み、片腕を水平に打ち出して相手の顔面を殴り飛ばす。原則としてプロレスでは肘の先端部での攻撃は反則になる。力の入れ加減、タイミング、当て方により、威力も大きく変わる技で派生技の中にはフィニッシュ・ホールドとして使用されるものもある。主に序盤から中盤にかけて繋ぎ技として繰り出されることが多く、使用者も多い。三沢光晴はエルボー・バットを得意技として数種類を使い分けていた。三沢が考案またはアレンジした派生技もある。また、杉浦貴菊地毅鈴木鼓太郎クリス・ヒーローなど三沢の後輩、弟子筋をはじめ、彼の影響を受けて意識的に使用する選手もいる。

派生技[編集]

ランニング・エルボー[編集]

助走しながら片腕を振りかぶって相手の頭部にエルボー・バットを叩き込む。三沢光晴がエルボーの中でもっともよく、フィニッシュ・ホールドとして使用。

主な使用者は三沢光晴、杉浦貴田中将斗本間朋晃入江茂弘菊地毅鈴木鼓太郎

ローリング・エルボー[編集]

スピニング・エルボーとも呼ばれる。相手と向かい合ったあと右足を軸にして体を左方向へと捻って半身の体勢になったところで軸足を左足に切り替えて更に捻りを加えて相手に背を向けた状態になって体を軽くジャンプしてリズムをとって再び軸足を右足に切り替えて左方向へと捻って左足で踏み込みながら打ち出した右腕で相手の顔面にエルボー・バットを叩き込む。逆回転してバックハンド・エルボーを繰り出す形もある(後述)。クリス・ヒーローは相手の背後に回り首を取り、ネックブリーカーのような体制にしてから、その体制のまま相手の頭部にローリング・エルボーを放つことがある。また、相手をロープに振って相手がロープにリバウンドした瞬間を狙ってローリング・エルボーを放つこともある。

主な使用者は三沢光晴、田中将斗、小島聡、鈴木鼓太郎、原田大輔クリス・ヒーローオースチン・エリーズ(ディスカス・ファイブアームの名前で使用している)。

フライング・エルボー[編集]

海外ではフライング・フォアアームFlying Forearm)とも呼ばれる。相手に向かってジャンプして跳びながら相手の顔面にエルボー・バットを叩き込む。イワン・プトスキーポーリッシュ・ハンマーPolish Hammer)、マニー・フェルナンデスフライング・ブリトーFlying Burrito)の名称で使用。

主な使用者は三沢光晴、棚橋弘至ティト・サンタナショーン・マイケルズ

ダイビング・エルボー[編集]

コーナー最上段からジャンプして立っている相手の顔面にエルボー・バットを打ちぬく。また、三沢光晴は数回であるが空中で錐揉み回転を加えながら放つスクリュー・エルボーも披露したことがある。

主な使用者は三沢光晴、秋山準

スライディング・エルボー[編集]

尻餅をついた相手の正面にあるロープに跳んで助走してスライディングをするように体を滑らせながら右腕を振り抜いて相手の顎にエルボー・バットを叩き込む。

主な使用者は田中将斗でスライディングDの名称で使用。三沢光晴は2006年頃よりここ一番で使用して後に胴田貫(どうたぬき)[1][2]と称した。

田中はロープワークを活かしたスピーディーな助走から決めるのに対して三沢は少し離れた位置から短い助走から倒れ込むように決めて、その際に後頭部や側頭部を狙うことが多い。

ワン・ツー・エルボー[編集]

ダブル・エルボー左右エルボー速射砲エルボーとも呼ばれる。左肘で相手の右側頭部にエルボー・バットを打ち込み、右肘で相手の左側頭部にエルボー・バットを叩き込む。

主な使用者は三沢光晴、小島聡、田中将斗、鈴木鼓太郎。

ショート・エルボー[編集]

マシンガン・エルボーとも呼ばれる。至近距離から小刻みに連射して相手の顔面にエルボー・バットを叩き込む。相手の後頭部を片手で掴んで繰り出す場合が多い。

主な使用者は三沢光晴、菊地毅、鈴木鼓太郎。

マウント・エルボー[編集]

相手に馬乗りの状態で相手の頭部を片手で抱えてエルボー・バットを叩き込む。

主な使用者は三沢光晴、杉浦貴、バロン・コービン

エルボー・アタック[編集]

コーナーにもたれかかっている相手に助走して相手の顔面にエルボー・バットを叩き込む。また、ジャンピング式バックハンド式もある。

主な使用者は三沢光晴、小島聡、田中将斗、本間朋晃、ザック・ライダー

バック・ハンド・エルボー[編集]

単にバック・エルボーとも呼ばれる。折り曲げた腕を背中の方に振り抜いて背後にいる相手の顔面を殴り飛ばす。相手にバックを取られた際に使われることが多い。走ってくる相手へのカウンターやバックを取られたときの返し技として使用されることもある。ブラックジャック・マリガンランディ・タイラーなどの大型レスラーは相手をロープに飛ばしてジャンピング式で放つバック・エルボーをフェイバリット・ムーブとした。

バック・スピン・エルボー[編集]

ローリング・バック・エルボーバック・ローリング・エルボー逆回転エルボーとも呼ばれる。後方へと旋回(ローリング・エルボーとは逆の方向)して相手の顔面をバック・ハンド・エルボーで殴り飛ばす。

ハンド・スプリング・バック・エルボー[編集]

TAJIRIのオリジナル技。相手からロープに振られた時にロープ近くで倒立して両腿の裏をロープに接触させて反動をつけて下半身を前へと倒して両足を着地させて上半身を起こして相手の背中を向けた状態で立ち上がって後ろに飛び退くようにジャンプしながら右腕を折り畳み、背後に追っていた相手の顔面をバック・ハンド・エルボーを叩き込む。

主な使用者はTAJIRIカズ・ハヤシ鈴木鼓太郎ビットの名称で使用)。

スペース・ローリング・エルボー(側転エルボー)[編集]

武藤敬司のオリジナル技。コーナーに寄りかかる相手の体を対角線上にある反対側のコーナーにハンマースルーして自身も、それを追いかけるように助走してリング中央付近で側転して相手に背中を向ける体勢で着地してあと後ろに飛び退くようにジャンプしてコーナーに寄りかかる相手にバック・ハンド・エルボーを叩き込む。これと同型のコーナー外で放つ技トぺ・レベルサがあり、ウルティモ・ドラゴンザ・グレート・サスケ、過去に獣神サンダー・ライガーが使用している。

エルボー・スタンプ[編集]

エルボー・スタッブハンマー・エルボーとも呼ばれる。主に頭部、背面、肩口、鼻っ柱などに鍵型に曲げた肘を上方から下方へと振り下ろして突き刺すように相手にエルボー・バットを打ち込む。ダスティ・ローデスはエルボーを打つ前に両腕をクルクル回してから打ち込むのをバイオニック・エルボーBionic Elbow)の名称で使用。

主な使用者はジョニー・バレンタイン、ダスティ・ローデス、ディック・マードックスタン・ハンセングレッグ・バレンタインディック・スレーターコルト"Boom Boom"カバナ

エルボー・スマッシュ[編集]

向かい合った相手の頭を左手で掴み、肘を突き出すように右腕を折り曲げて右腕を下から振りかぶって折り曲げた片腕で相手の顎を跳ね上げる。主に頭部(特になど)を狙って繰り出されるため、アッパー・エルボーとも呼ばれる。ジャンボ鶴田は腹部に繰り出す形も使用。

ビル・ロビンソンワイルド・アンガスピート・ロバーツレス・ソントントニー・セント・クレアーウィリアム・リーガルなど英国欧州出身の選手が多用したことからヨーロピアン・アッパー・カットとも呼ばれる。ナイジェル・マッギネスダグ・ウイリアムスも、この名称で使用してコーナー上から立っている相手に対して飛んでいって繰り出す、ダイビング式も使用。また、ドリー・ファンク・ジュニアはロビンソンとの幾度との対戦から、この技を自分のものとしてドリーの門下生にも使用者が多い。

主な使用者はドリー・ファンク・ジュニア、ビル・ロビンソン、三沢光晴、豊登、ジャンボ鶴田、大森隆男西村修ケンドー・カシン金丸義信、ナイジェル・マッギネス、ダグ・ウィリアムス、セザーロ

エルボー・スイシーダ[編集]

三沢光晴のオリジナル技。相手を落としたあとトペ・スイシーダの要領で場外へとダイブして場外にいる相手の顔面に体ごとぶつけるエルボー・バットを叩き込む。

主な使用者は鈴木鼓太郎、サモア・ジョー

脚注[編集]

  1. ^ プロレスレリング・ノア公式サイト 試合結果 2008年4月23日(水) Zepp Nagoya2015年11月閲覧
  2. ^ 実在の刀剣「同田貫」に由来する架空の刀剣から命名。胴太貫とも表記されたこともある。

関連項目[編集]