サモア・ジョー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サモア・ジョー
SamoaJoe.jpg
プロフィール
リングネーム サモア・ジョー
キング・ジョー
本名 ヌーフォラウ・ジョエル・シーノア
ニックネーム サモアン・サブミッション・マシーン
サモアン・スープレックス・マシーン
ネーション・オブ・バイオレンス
身長 188cm
体重 127kg
誕生日 1979年3月17日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州オレンジ郡
スポーツ歴 アメリカンフットボール
柔道
トレーナー シンシナティ・レッド
ウィリアム・リーガル
藤原喜明
ジョン・ディレヨ
ジョニー・ヘンプ
デビュー 1999年
テンプレートを表示

サモア・ジョーSamoa Joe)のリングネームで知られるジョー・シーノアNuufolau Joel Seanoa1979年3月17日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーカリフォルニア州オレンジ郡出身[1]

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

1999年にプロレスラーデビューを飾る。2000年WWFの傘下団体であったUPWと契約し、WWFのダーク・マッチにも登場。ジョン・シナエッセ・リオスなどと対戦。2001年にUPWを視察に訪れた当時プロレスリングZERO-ONE社長であった橋本真也の目に止まり、ZERO-ONEに参戦するために初来日を果たし、常連外国人として定着。ZERO-ONEではリングネームをキング・ジョーと名乗り、同じサモア系レスラーであるキング・アダモキング・ダバダらと主に活動した。

ROH / TNA[編集]

2002年ROHに移籍。看板選手として活躍していたが、2005年からはTNAにも本格参戦。ヘビー級ながらもXディビジョン戦線に活路を見出し、TNA Xディヴィジョン王座を獲得。クリストファー・ダニエルズAJスタイルズの2人と長らく抗争を繰り広げた。

2006年3月、アルティメットXマッチでダニエルズに王座を奪われる。これを機にヘビー級へと転向。2005年10月には、小橋建太の生涯初となる海外遠征の対戦相手に抜擢され、ニューヨークでシングル対戦、レスリングオブザーバーにより2005年の年間最高試合に認定される。2007年にはTNAとの独占契約を締結し、長年活動していたROHを去ることになる。同年11月にはプロレスリング・ノアへ数年ぶりの来日を果たした。三沢光晴とのGHCヘビー級王座戦が組まれ、タイトル奪取はならなかったもののタイトル戦の前哨戦となったタッグマッチでは三沢にフォール勝ちをしてその実力を証明している。

2008年4月、カート・アングルの持つTNA世界ヘビー級王座に挑戦。総合格闘技を組み合わせた特殊ルールながら勝利を収め、TNAのトップに立った。10月、Bound for Gloryにてスティングに王座を奪われる。12月のFinal Resolutionで試合中にメイン・イベント・マフィアの襲撃により負傷したが、2009年に復帰。ケビン・ナッシュとの短期抗争を経て5月のSacrificeでの試合に勝利して抗争を終了。6月のSlammiversaryでヒールターンをきっかけにメイン・イベント・マフィアに加入するがすぐに離脱。スティングとの抗争を開始し、7月のVictory Roadで勝利して抗争を終了した。

2011年マグナスとタッグを組むようになり、2012年2月12日にマット・モーガンクリムゾンからTNA世界タッグチーム王座を奪取するが、5月にクリストファー・ダニエルズとカザリアンにタイトルを奪われてしまった。7月22日にプロレスリング・ノアに参戦するため来日。初挑戦にして秋山準 & 齋藤彰俊GHCタッグ王座を奪取するも初防衛戦でNO MERCYKENTA & マイバッハ谷口に奪われ、防衛に失敗した。その後、マグナスと不仲になり抗争を開始した。マグナスとの抗争後はエイシズ・アンド・エイツと抗争を開始。4月に一時的に出場しなくなるが、5月に元パートナーのマグナスをエイシズ・アンド・エイツから助けるために復帰。ニュー・メイン・イベント・マフィアに加入した。

2015年2月17日、TNAとの契約が満了して更新はせずに退団する事を発表した[2]

ROH復帰 / インディー団体[編集]

3月7日、ROHに復帰。ROH on SBGにてカイル・オライリーと対戦して復帰戦を勝利で飾った[3]。同月27日にはSupercard of Honor IXにてROH世界王座を保持するジェイ・ブリスコに挑戦するがベルトを奪取するに至らなかった[4]

WWE[編集]

4月22日、WWEと契約を交わし入団する事を発表[5]。5月20日、WWEの傘下団体であるNXTのNXT Takeover Unstoppableにてメインイベントで行われたサミ・ゼイン vs ケビン・オーウェンスの対戦の際、場外で激しい攻撃を受けて倒れたゼインに対してさらに殴打するオーウェンスを止める形で登場。リング内で睨み合い、そしてオーウェンスを追い払った[6]

得意技[編集]

マッスル・バスター
コキーナ・クラッチ

CMパンクと同様、日本のプロレスラーの得意技を好んで使用するファイトスタイルが特徴。

マッスル・バスター
キン肉バスター。メインのフィニッシュ・ホールド。モハメド・ヨネの得意技。
コキーナ・クラッチ
TNA、インディー団体ではコキーナ・クラッチ、ROHではザ・チョークと呼んだ。胴締め式スリーパー・ホールド。上記と並ぶメインのフィニッシュ・ホールド。
アイランド・ドライバー
エメラルド・フロウジョン。三沢光晴の得意技で、旧ZERO-ONE時代やROH参戦期のここぞという時に使っていた。最近はあまり使用していなかったが、2007年11月27日のNOAH日本武道館大会においての三沢光晴とのGHCヘビー級選手権試合で使用、また前哨戦ではこの技で三沢を破った。
STF
パワーボムからの連携で使用される。蝶野正洋の得意技。
STO
小川直也の得意技。
オレ・キック
ランニングしての顔面蹴り。金本浩二大谷晋二郎の得意技。大抵は場外に置いてある椅子に相手を座らせて使う。「オーレー、オレオレオレー」とJリーグで有名なテーマを観客が歌うのがお約束になっている。
ストレッチ・プラム
川田利明の得意技。
ナガタロックII
永田裕志の得意技。
ブサイクへの膝蹴り
KENTAの得意技。
逆水平チョップとパンチのラッシュ
相手をコーナーへ押し込んで使用。天龍源一郎の得意技。
キメラプレックス
ジャーマン・スープレックスからドラゴン・スープレックス、さらにクロスアーム式ジャーマン・スープレックスのコンビネーション。ROH参戦期に多用し、ドラゴン・スープレックスやクロスアーム・スープレックスでフォールを奪うこともしばしばあった。負担が大きすぎるためか最近はほとんど使わない。
CCSエンズイギリ
振り向きざまに体をひねりながらの延髄斬り、オーバーヘッド・キックと延髄斬りを合わせたような蹴り技。相手をコーナーに振ってジャンピング・エルボーをしたあとに出すことが多い。
トペ・スイシーダ
リング内から場外の相手に向かって、トップロープとセカンドロープの間を抜けるようにして体当たりする。
トルニージョ
リング内から場外の相手に向かって、トップロープを飛び越えながら横向きでキリモミ回転して体当たりする。大一番でしか使わない。
デスバレーボム
時々セカンドロープからの雪崩式で使うこともある
パワーボム
この技を返されると相手の起きる反動でリバース・シングル・ボストンクラブや上記のSTFへつなげることが多い。

獲得タイトル[編集]

TNA世界ヘビー級王者時代
TNA
ROH
プロレスリング・ノア

他、アメリカのインディー団体のタイトルを多数獲得。

入場曲[編集]

  • Another Body Murdered
  • Mama Said Knock You Out
  • The Champ is Here
  • Crush You Up
  • On Fire
  • Nation of Violence
  • Main Event Mafia
  • The Anthem
  • Tap Out

脚注[編集]

外部リンク[編集]