ティト・サンタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ティト・サンタナ
ティト・サンタナの画像
プロフィール
リングネーム ティト・サンタナ
本名 メルセッド・ソリス
ニックネーム エル・マタドール
身長 187cm
体重 106kg(全盛時)
誕生日 1953年5月10日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州ミッション
スポーツ歴 アメリカンフットボール
トレーナー ザ・ファンクス
デビュー 1977年
テンプレートを表示

ティト・サンタナTito Santana、本名:Merced Solis1953年5月10日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーテキサス州出身のメキシコ系アメリカ人

WWFタッグ王者、元WWFインターコンチネンタル・ヘビー級王者(それぞれ2回に渡って獲得)[1][2]1980年代から1990年代前半にかけてのWWF)では、スピーディーでクリーンなレスリングを身上とした甘いマスクのベビーフェイスとして女性の観客からの声援を集めた。

来歴[編集]

ザ・ファンクスダスティ・ローデスボビー・ダンカンブルーザー・ブロディスタン・ハンセンらを輩出したウエスト・テキサス州立大学の出身[3]。大学時代はアメリカンフットボールで活躍、同期のチームメイトにはテッド・デビアスタリー・ブランチャードがいた[3]

卒業後はNFLカンザスシティ・チーフスのトレーニング・キャンプに参加し、その後CFLBCライオンズに入団するが[3]1977年、大学の先輩であるザ・ファンクスのトレーニングを受けてプロレスラーとしてデビュー[4]テキサス州アマリロ地区のNWAウエスタン・ステーツ・スポーツでキャリアを積み、1978年10月には全日本プロレスに初来日している(経緯は不明だが、リッキー・スティムボートの本名「ディック・ブラッド」の名義で来日した[5])。

1979年下期、ティト・サンタナのリングネームWWFに登場。10月22日にニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンにて、イワン・プトスキーと組んでバリアント・ブラザーズジョニー・バリアント&ジェリー・バリアント)を破りWWFタッグ王座を獲得した[1]。同王座は翌1980年4月12日にワイルド・サモアンズに奪取されるが、1980年代期待の新星として注目を浴びることとなった。

王座陥落直後、4月25日より開幕した新日本プロレス第3回MSGシリーズに来日[6]。予選トーナメントで敗退し決勝リーグ進出は果たせなかったものの、そのフレッシュなファイトスタイルで高評価を獲得した(戦績は、トーナメント1回戦でスタン・ハンセンに敗退。敗者復活戦では1回戦でジョニー・パワーズから勝利を収めるも、2回戦でストロング小林に敗れた)[7]

1981年から1982年にかけてはAWAをサーキットし、ニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に再三挑戦[8][9]スティーブ・オルソノスキーレイ・スティーブンスをパートナーに、ジェシー・ベンチュラ&アドリアン・アドニスが保持していたAWA世界タッグ王座にも挑戦している[10]。同時期にWWFからAWA入りし、人気が急上昇していたハルク・ホーガンともタッグを組んで活躍した[11]

1983年4月、WWFと再契約[12]1984年2月11日にはドン・ムラコからWWFインターコンチネンタル・ヘビー級王座を奪取[2]。以降、アイアン・シークポール・オーンドーフマスクド・スーパースターアレックス・スミルノフタイガー・チャン・リーデビッド・シュルツマイク・シャープなどの挑戦を退けた[13]。同年9月24日にグレッグ・バレンタインに敗れて一旦王座を失うが、1985年7月6日に奪還[2]ロディ・パイパーカウボーイ・ボブ・オートン、ジェシー・ベンチュラ、ミッシング・リンクテリー・ファンクらを相手に防衛を続け、1986年2月8日にランディ・サベージに王座を明け渡すまでIC王者として活躍した[14][15]

その後もWWFに定着し、1987年にはリック・マーテルとの二枚目タッグチームストライク・フォースStrike Force)を結成。同年10月27日、ハート・ファウンデーションブレット・ハート&ジム・ナイドハート)を破りWWFタッグ王座への2度目の戴冠を果たす[1]1988年3月27日のレッスルマニアIVデモリッションアックス&スマッシュ)に王座を奪われてからもコンビを継続させるが、翌1989年4月2日のレッスルマニアVでのブレーン・バスターズ(アーン・アンダーソン&タリー・ブランチャード)戦の同士討ちでマーテルがヒールターン。チームは自然消滅し、以降マーテルとの元パートナー同士の抗争を展開する[16]。同年10月14日のキング・オブ・ザ・リングでは決勝戦をマーテルと争い、優勝を飾った[17]

1990年4月13日、東京ドームで行われた日米レスリングサミットに出場。10年振りの来日を果たし、ジミー・スヌーカと組んで渕正信&小橋健太から勝利を収めた[18]1991年1月にはWWFと提携していたSWSにも参戦している[19]。同年からはメキシコ闘牛士をイメージしたギミックエル・マタドールEl Matador)に変身。並行してWWFのスペイン語放送のカラー・コメンテーターも兼任した[16]

WWEアクセスにて(2009年)

1993年、10年間に渡って在籍したWWFを離れ、初期のECWに参戦。同年8月8日、WWF時代の宿敵ドン・ムラコからECW世界ヘビー級王座を奪取した[20]。その後もインディー団体を転戦し、1994年にはイリノイ州シカゴのAWFでカウボーイ・ボブ・オートンを破りAWFヘビー級王座の初代チャンピオンとなった。2000年1月10日にはWCWマンデー・ナイトロに登場し、ジェフ・ジャレットと対戦している[21]

2004年WWE殿堂入り(インダクターはショーン・マイケルズ[16]。近年は、アイゼンハウアー・ミドル・スクールにてスペイン語の教員をフルタイムで務めるかたわら、時折インディー団体の試合に出場している[22]

2010年11月15日、"Old School edition" と銘打って行われたスペシャル版の『Raw』に出演、久々にWWEに登場した[23]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

WWF / WWE
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
イースタン・チャンピオンシップ・レスリング
アメリカン・レスリング・フェデレーション
  • AWFヘビー級王座:2回

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d History of the WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2010年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d History of the WWE Intercontinental Championship”. WWE.com. 2010年4月8日閲覧。
  3. ^ a b c Tito Santana, Tom Caiazzo (2008). Tito Santana's Tales From the Ring. Sports Publishing LLC. ISBN 978-1-59670-325-4. 
  4. ^ 『THE WRESTLER BEST 1000』P216(1996年、日本スポーツ出版社
  5. ^ 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P59(2002年、日本スポーツ出版社)
  6. ^ 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P53(2002年、日本スポーツ出版社)
  7. ^ NJPW 1980 The 3rd Madison Square Garden Series”. Puroresu.com. 2015年11月12日閲覧。
  8. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1981”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  9. ^ The Records of AWA World Heavyweight Championship Matches 1982”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。
  10. ^ The AWA matches fought by Tito Santana in 1981”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  11. ^ The AWA matches fought by Tito Santana in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  12. ^ The WWE matches fought by Tito Santana in 1983”. Wrestlingdata.com. 2015年11月12日閲覧。
  13. ^ WWE Yearly Results 1984”. The History of WWE. 2015年11月12日閲覧。
  14. ^ WWE Yearly Results 1985”. The History of WWE. 2014年11月21日閲覧。
  15. ^ WWE Yearly Results 1986”. The History of WWE. 2014年11月21日閲覧。
  16. ^ a b c Tito Santana”. Online World of Wrestling. 2015年11月12日閲覧。
  17. ^ King of the Ring 1989”. Pro Wrestling History.com. 2010年4月21日閲覧。
  18. ^ WWF/AJPW Wrestling Summit”. Cagematch.net. 2014年11月21日閲覧。
  19. ^ The SWS matches fought by Tito Santana in 1991”. Wrestlingdata.com. 2014年11月21日閲覧。
  20. ^ a b ECW World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月8日閲覧。
  21. ^ WCW Monday NITRO #225”. Cagematch.net. 2015年11月12日閲覧。
  22. ^ GENERATION B The Ram vs. Tito Santana”. New York Times (February 21, 2009). 2009年12月4日閲覧。
  23. ^ Raw: WWE Legend roll-call on an "old school" edition of Raw”. PW-Core.com. 2015年11月12日閲覧。
  24. ^ NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年11月21日閲覧。

外部リンク[編集]