内藤哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内藤 哲也
Tetsuya Naitō
Tetsuya Naitō 2016.JPG
2016年2月
プロフィール
リングネーム 内藤 哲也
本名 内藤 哲也
ニックネーム 制御不能なカリスマ
スターダスト☆ジーニアス
赤い彗星
新世代GENIUS
身長 180cm[1]
体重 102kg[1]
誕生日 (1982-06-22) 1982年6月22日(35歳)[1]
出身地 東京都足立区東島根[1]
所属 新日本プロレス
スポーツ歴 野球
サッカー
トレーナー アニマル浜口
デビュー 2006年5月27日[1]
テンプレートを表示

内藤 哲也(ないとう てつや、1982年6月22日 - )は、日本男性プロレスラー東京都足立区東島根出身。血液型AB型。新日本プロレス所属。

来歴[編集]

少年時代[編集]

学校は中学時代は東京都足立区立東島根中学校、高校時代は東京都立足立東高等学校に通ってた。父親の影響で小さい頃から自然とプロレスを見るようになり、学校の教室ではプロレスごっこで遊んでいたという[2]。放任主義的な家庭に育ったが「人との約束は守れ」ということだけはよく言われ、学校の宿題を怠った時に父から「宿題っていうのは先生との約束だろ?」と叱られた[3]。しかしあくまで約束にうるさいだけで、勉強しろとは言われなかった。内藤は小学1年から中学3年まで父がコーチを行っていた少年野球のチームに在籍し、内藤が小学5年生でキャプテンになる頃から内藤を手伝っていたが、周りから息子を依怙贔屓していると言われないように父はチームで練習している時には敢えてあまり指導しなかった[3]。幼稚園の年中から高校3年まではサッカーを経験。中学時代は野球とサッカーを掛け持ちしながら両方ともキャプテンを務めていた[4]

プロレス初観戦は5歳の頃であり、幼稚園児の頃から1人で電車に乗れた内藤は、仕事帰りの父と会場の最寄駅で待ち合わせて、プロレス観戦に行ったという。父はジッと見ているだけであったが、プロレスへの熱い思いは持っており、たまに「初代タイガーが活躍していた頃は…」というようなことを語っていた。それと内藤に対して父はアントニオ猪木をさん付けで呼ぶように教えた[3]

プロレスファン歴が長い内藤だが、実際にプロレスファンというよりも新日本プロレスファンであった。父親から見せられていた団体が新日本だったこともあるが、その後いくつになっても新日本以外の団体に興味を持つことはなかったという[† 1]。プロレス初観戦も新日本だった内藤は、初めて自分でチケットを買って見に行った1997年6月5日の日本武道館大会にて、「これがお客さんの前でできてお金もらえるなんて、こんないいものはない」と思い、プロレスラーになることを決意した[† 2][5]

高校3年の夏に最後の大会を終えてサッカー部を引退した後、2000年9月にアニマル浜口トレーニングジムに通い始める。プロレスラー志望者のためのプロコースを選択してトレーニングを開始し、高校卒業後もアルバイトをしながらジムに通い続け、スパーリング技術を身につけていった。「そろそろ新日本の入門テストを受けよう」と思い始めた矢先、2002年にジムでのスパーリング中に右膝前十字靭帯断裂、全治9か月の重傷を負い、同年の入門テスト受験を断念する[6]2003年は負傷した膝のリハビリ中のため、2004年ベンチプレスで肩を負傷のためと、3年連続で受験のチャンスを逃したが2005年11月3日、後楽園ホールにて行われた入門テストにようやく参加[7]。自分でも合格への手応えをハッキリ感じた内藤はテストに合格を果たし、12月1日に新日本に入寮した[8]

新日本プロレス[編集]

2006年[編集]

野毛道場での練習を順調にこなした内藤は、入門から半年後の2006年5月27日、草加市スポーツ健康都市記念体育館大会にてリキプロ宇和野貴史を相手にデビューを飾る[8]。入門テストでずば抜けた成績があったとはいえ、アマチュアで特に大きな実績があっての入団ではないイチ若手のデビューとしては、かなりスピードだったが、試合は逆エビ固めに敗れる[9]。試合後のバックステージでは「試合前はすごい緊張したけど、リングに上がったら緊張はなくなって、すごく居心地のいい場所でした」とコメントを残している[9]。後に内藤はデビュー戦について、試合内容は覚えていないが、スポットライトを浴びて自分がリングから四方を見渡す状況に快感を覚え、その気持ちよさが印象的だったと振り返っている[10]。デビュー当初より周囲から動きの良さやプロレスセンスを高く評価された内藤は、9月のシリーズにて「試練の5番勝負」が行われ、獣神サンダー・ライガー邪道外道金本浩二らとそれぞれシングルマッチで対戦(結果は5戦全敗)[9]。5番勝負での経験を生かした内藤はその後、10月29日の神戸ワールド記念ホール大会で平澤光秀からプロ初勝利を収めた[9]

2007年[編集]

2007年1月4日の東京ドーム大会にて、プロ初勝利を挙げた試合がワールドプロレスリング主催の2006ヤングライオンベストバウト賞を受賞し、対戦相手の平澤と共に表彰。試合に出場こそしなかったが、内藤にとっては初めてドームのリングに足を踏み入れた日となった[11]。6月1日、出場予定だった邪道の負傷欠場を受けて、BEST OF THE SUPER Jr.に急遽エントリーし初出場を果たす。同日の開幕戦で外道からジャパニーズ・レッグロール・クラッチ・ホールドで金星を挙げ、さらにリーグ戦ではエル・サムライからも勝利を収め、2勝をマークした[11]。10月8日のEXPLOSION'07では、IWGPジュニアヘビー級王座の次期挑戦者を決めるニュージャパンランボーに出場。最後の二人まで生き残ったが、最後は金本に敗れた[11]。この頃より新日ジュニア戦線で徐々に頭角を現し始めるようになり、また同月20日の山口大会では6人タッグマッチながら、かつて大ファンであった棚橋弘至との初対決が実現した[11]

2008年[編集]

2008年2月、それまでタッグを組む機会の多かった裕次郎(現:高橋裕二郎)とタッグチームNO LIMITを結成し、それに伴いコスチュームも赤を基調としたショートタイツに変更した。4月13日の後楽園ホール大会にて、ライガー & AKIRA組が保持するIWGPジュニアタッグ王座に初挑戦[12]。王座奪取とはならなかったがチームとしてジュニアの最前線で通用すること証明した[12]。NO LIMITとして新風を吹かす中、新日本がZERO1-MAX(現:ZERO1)との対抗戦を本格化させたことから、内藤も対抗戦に出陣し3月2日の後楽園大会でZERO1に参戦。スターダスト・プレスを初公開して敵地で勝利を収めた[12]。さらに4月5日には棚橋のパートナーとして全日本プロレスに参戦し、諏訪魔 & 征矢学組から勝利を収めた[12]。9月6日にはプロレスリング・ノアが主催する日本武道館大会を高橋と共に観戦した。場内でアクションこそ起こさなかったが、試合後の会場外でGHCジュニアタッグ王座を保持する金丸義信 & 鈴木鼓太郎組に対して宣戦布告を行い、同月27日に同王座に挑戦したが王座奪取はならなかった[12]

10月13日、DESTRUCTION'08にて & プリンス・デヴィット組から勝利を収め、高橋と共にIWGPジュニアタッグ王座を奪取[12]。ジュニアタッグ王者組としてG1 TAG LEAGUEにも初出場を果たし、12月7日の大阪府立体育会館大会では邪道 & 外道組を相手にジュニアタッグ王座の初防衛に成功した。12月22日後楽園大会では棚橋と初めてシングルマッチで対戦しテキサスクローバーホールドに敗れる[12]

2009年[編集]

2009年1月4日、レッスルキングダムIIIにてモーターシティ・マシンガンズアレックス・シェリー & クリス・セイビン)を相手にジュニアタッグ王座2度目の防衛戦を行ったが、敗戦し王座から陥落[13]。その後、2月15日両国大会でのジュニアタッグ王座の挑戦権を賭けた4WAYタッグマッチを制し、マシンガンズを追って高橋と共にTNAに参戦。タイトル奪還を望み、現地でマシンガンズを相手に2度挑戦するも奪取には至らなかった[13]。結局、ジュニアタッグ王座は日本でApollo 55田口隆祐 & プリンス・デヴィット)が奪取したため、TNAに参戦する理由がなくなったNO LIMITは、遠征先をメキシコCMLLへと移し、5月29日に高橋、ドス・カラス・ジュニアとのトリオでCMLLに初登場を果たす。スターダストプレスで勝利を収めると、対戦相手のエクトール・ガルサを担架送りにしたことで現地のファンに衝撃を与えた[13]。さらに7月31日に行われたインフィエルノ・エン・エル・リングに出場。最後にリング上で取り残されたトスカーノと一騎打ちとなり、ドラゴン・スープレックス・ホールドで勝利する。日本人としてはサトル・サヤマ以来30年ぶりの快挙となるアレナ・メヒコでの髪切りマッチでの勝利を収めたことで、メキシコでの地位を確固たるものとした[13]。12月4日アレナ・メヒコにて、高橋と共にロス・イホス・デル・アベルノ(エル・テリブレ & テハノ・ジュニア)と髪切りマッチとして対戦したが、敗れてしまい坊主姿となった[13]

12月18日に高橋と共に凱旋。翌年の東京ドーム大会にてIWGPタッグ王座への挑戦が決定し、12月23日後楽園大会にて凱旋試合を前にリング上で挨拶した[13]

2010年[編集]

2010年1月4日、レッスルキングダムIVにてNO LIMITとして凱旋試合を行い、IWGPタッグ王者組のチーム3Dブラザー・レイ & ブラザー・ディーボン)、挑戦者組のバッド・インテンションズジャイアント・バーナード & カール・アンダーソン)を交えた3WAYマッチに出場。アンダーソンから勝利を収め、IWGPタッグ王座を奪取した[14]。3月に開催されたNEW JAPAN CUP(以下「NJC」)で2回戦で棚橋と二度目のシングルマッチを行った内藤は、棚橋の膝を破壊してスターダストプレスで棚橋から初勝利を収めた[14]。凱旋帰国後は本隊の一員として活動していたが、4月4日後楽園大会で高橋と共にCHAOSへと寝返り、ヒールとして活動を開始する[14]

NO LIMITとしてはヘビー級タッグ戦線の中心で活躍し、バッドインテンションズや青義軍永田裕志 & 井上亘)との三つ巴抗争に明け暮れる。5月3日、レスリングどんたくにて青義軍に同王座を明け渡したが、その後も同じ面子でイリミネーション式3WAYルールや巴戦のタイトルマッチで抗争を展開[14]。同年のG1タッグリーグではNO LIMITとして決勝進出を果たすも、青義軍に敗れて準優勝となった[14]

一方で、シングル戦線ではCHAOSに加入したことで棚橋と敵対関係になり、年内で4回もシングルマッチで対戦。最終的に1勝2敗1分と負け越してしまった[14]

2011年[編集]

前年で棚橋とのシングル4戦で個人としての実力を証明した内藤は、2011年1月4日のレッスルキングダムVにてTNA世界ヘビー級王座を保持するジェフ・ハーディーと対戦したが、不本意な試合内容の末に敗れる[15]。2月には後藤洋央紀との抗争で敗れ、3月のNJCでは1回戦で田中将斗に敗れてしまい、上半期はいまひとつ波に乗れずに苦しむこととなる。タッグ戦線においては、5月3日のレスリングどんたく 2011にて久々にNO LIMITとしてIWGPタッグ王座に挑戦するもピンフォール負けを喫し、試合後に高橋と不協和音が生じた[15]。そして同月26日後楽園大会の試合中にパートナーの高橋と田中に裏切られた内藤は、試合後に入ってきた邪道、外道にも袋叩きに遭いCHAOSから追放され、NO LIMITも解散となった[15]

行き場を失った内藤はなんとなく本隊に復帰し、6月18日、DOMINION6.18にて高橋とシングルマッチで報復を狙うも敗北。その後、メキシコ遠征を経て8月のG1 CLIMAXに2年連続で出場。開幕戦でまたしても高橋に敗れ、3連敗スタートと躓くもなんとか巻き返し、最終リーグ戦で棚橋から勝利を収めるとAブロックを1位で通過。決勝戦で中邑真輔と対戦したが敗北を喫して準優勝止まりに終わり、試合後に涙を浮かべながら退場した[15]

9月19日、神戸大会で未だにシングル戦において未勝利の高橋と対戦しスターダストプレスで初勝利を収めると、メインイベント終了後に棚橋の保持するIWGPヘビー級王座に挑戦をアピール。10月10日、DESTRUCTION'11にてIWGPヘビー級王座に初挑戦。王座奪取とはならずも棚橋から健闘を讃えられ、試合後にはG1決勝戦に続き涙を流した[15]。11月12日、POWER STRUGGLEにてMVPとのタッグで中邑 & 高橋組と対戦。内藤も執拗なまでに中邑に突っかかると、試合後にも中邑に襲い掛かって大乱闘となり遺恨が勃発。12月4日、愛知大会で中邑とのシングルマッチが行われたがボマイェで敗れた[15]

2012年[編集]

2012年1月4日、レッスルキングダムVIのセミファイナルに登場し、内藤がファン時代の憧れた選手の一人ある武藤敬司と対戦した。しかし持ち味を発揮できず、最後は武藤のムーンサルトプレスに敗れたが試合後のコメントで内藤は、「武藤がすごいのは幻想」と言い切り、今年の目標を「武藤ができた、棚橋もできた、29歳でのIWGPヘビー級ベルト(戴冠)」と掲げた[16]。2月12日、THE NEW BEGINNINGにて昨年より抗争を繰り広げた中邑からシングル初勝利を収めると、棚橋を打ち破りIWGPヘビー級王座に戴冠したオカダ・カズチカの前に姿を現し同王座へ挑戦を表明。3月4日後楽園大会で、内藤は新日本プロレス創立40周年記念興行と銘打たれた興行のメインイベントにてオカダと対戦したが、レインメーカーに敗れる[16]。その後も内藤は年頭に掲げた「20代でのIWGP王座戴冠」を目指すため、次期挑戦者の棚橋を差し置いてIWGP王者のオカダに喰らいかかり、挑戦権の強奪を企てるも未遂に終わった[16]

8月7日、仙台サンプラザホール大会にてG1公式リーグ戦のルーシュ戦でジャーマン・スープレックスを着地した際に古傷の右膝靭帯を痛めてしまい、試合に敗れた内藤は担架で運ばれた[16]。右膝を負傷してからも試合には出場し続けたが本調子には程遠く、10月8日、KING OF PRO-WRESTLINGにて対戦した高橋にレフェリーストップ負けを喫すると、試合後に高橋から右膝を椅子で殴打され戦線離脱し長期欠場となった[16]

11月15日、SHIBUYA-AXにて自ら提唱したNEVER無差別級王座の初代王者決定トーナメントが開催され、欠場中の内藤はリング上からの挨拶だけで留まった[16]

2013年[編集]

古傷である右膝前十字靭帯断裂の手術の影響で、2013年上半期はほとんど表舞台に出ることもなくリハビリとトレーニングに費やす。5月3日のレスリングどんたく 2013にて久々に公の場に姿を現し、リング上から復帰戦決定の挨拶をした[17]。6月22日、DOMINION6.22にて因縁深い裕二郎を相手に復帰戦を行い、翼をイメージしたハーフマスクを着用して入場。スターダストプレスで快勝を収めると、自ら提唱し創設されたNEVER無差別級王座を保持する田中将斗に対して「まずは、NEVER」と宣戦布告を行った[17]。この発言に対して田中は「(NEVERは)『まずは』で獲れるベルトなのか!?」と内藤の表現方法に怒りを露わにし、7月20日のKIZUNA ROAD 2013最終戦にてNEVER王座を賭けたタイトルマッチで対戦。スライディングDに敗れ王座奪取とはならなかった[17]

8月には4年連続でG1に出場し、Bブロック1位で通過。11日に決勝戦の舞台で棚橋と激突。この試合に勝利すると悲願の初優勝を果たし、前年より制度化された東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利書を獲得した[17]。G1優勝を経て9月29日、DESTRUCTIONにて田中の保持するNEVER王座に再挑戦するとスターダストプレスで勝利を収めて同王座を奪取。その後、KING OF PRO-WRESTLINGでは裕二郎を相手に初防衛に成功し、POWER STRUGGLEでは前王者である田中のリマッチも退け、IWGPヘビー級王座を保持するオカダの前に姿を現し翌年東京ドーム大会での同王座への挑戦を改めて表明した[17]

11月11日、レッスルキングダム8 in 東京ドームの記者会見にて、オカダvs内藤のIWGPヘビー級王座戦と、中邑vs棚橋のIWGPインターコンチネンタル王座(以下「IC王座」)戦のどちらをドームのメインで見たいかファン投票が行われた結果敗れてしまい、ドーム大会メインイベントの座を逃した[17]

2014年[編集]

前年のファン投票の結果、レッスルキングダム8のダブルメインイベント第1試合に登場し、オカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦。実質セミファイナルに降格という屈辱の中30分超の熱戦の末、最後はオカダのレインメーカーに敗れた[18]。IWGP王座奪取に失敗した内藤はここから失速することとなり、2月11日、THE NEW BEGINNING in OSAKAでは観衆から大ブーイングを浴びせられる中、石井智宏に敗れてNEVER王座も陥落。3月15日のNJC1回戦で石井に雪辱を果たしてリマッチへの道を作り、4月6日にINVASION ATTACK 2014にて石井のNEVER王座に挑戦したが敗北した[18]。その後のビッグマッチではタイトル戦線に全く絡めず、目的意識を失いかけた中でG1に出場。最終戦を待たずして予選落ちとなるものの、公式リーグ戦で今大会G1優勝者のオカダ、IWGPヘビー級王者のAJスタイルズから勝利を収めたことで、下半期への闘いに向けて可能性を残すことに成功[18]

9月23日、DESTRUCTION in OKAYAMAにて、棚橋と共にAJ & ドク・ギャローズ組とタッグマッチで激突しギャローズから勝利を収めたが、試合後にAJがIWGP王座次期挑戦者に棚橋を選んだことで自らの挑戦権を奪い取られてしまった[18]。10月13日、KING OF PRO-WRESTLINGにてIWGPヘビー級王座挑戦権利証を保持するオカダと権利証を巡って対戦したが、敗れてしまいG1でのリベンジを許した[18]。その後はIWGP王座から陥落したAJと抗争を繰り広げ、翌年東京ドーム大会へのシングルマッチを迫った[18]

2015年[編集]

前年から始まったAJとの抗争に終止符を打つため、レッスルキングダム9にてAJとシングルマッチで対戦したが、雪崩式スタイルズクラッシュに敗れてG1での雪辱を許した[19]。2月のTHE NEW BEGINNING in OSAKAではノーテーマの6人タッグマッチに出場したが、前年に引き続きブーイングの嵐に見舞われる事態に発展し、3月のNJCでも準決勝で飯伏幸太に敗れベスト4に止まり精彩を欠いた[19]

5月23日、約4年ぶりにメキシコのCMLLに遠征。ここでなにかを持ち帰らなかったら浮上の目はないと覚悟した内藤は、現地で親交のあるラ・ソンブラルーシュらが立ち上げたユニット、ロス・インゴベルナブレスLos Ingobernables)に加入する[19][20]。6月26日に凱旋すると、入場時にインゴベルナブレスのキャップTシャツを着用しながら入場するようになり、タッグマッチでは本隊勢と組みながらも連携を成立させず不穏な行動を起こし、試合もふてぶてしい表情を浮かべながら、のらりくらりとしたスタイルに変化していった[19]

7月に開幕したG1では予選落ちに終わるも、インゴベルナブレスの正装ともいえる黒のスーツと銀色マスクを着用し時間を掛けての入場や、試合では今までと違う間合いで対戦相手を翻弄するなどインパクトを残す[19]。その中で柴田勝頼との遺恨が生まれ、G1閉幕後も抗争が激化。9月27日、DESTRUCTION in KOBEにて柴田とシングルマッチで対戦し勝利を収めると、東京ドーム・IWGP王ヘビー級王座挑戦権利証を保持する棚橋から次期挑戦者として指名を受けた。これに対して内藤は「結局この会社は棚橋が言ったことが正しいんだろ?」と吐き捨てた上で棚橋の要求を受諾し、権利証に挑戦する大会にて「パレハ」(スペイン語で「仲間」の意)の投入を予告した[21][22]。10月12日、KING OF PRO-WRESTLINGにてIWGP王座挑戦権利書争奪戦として棚橋と対戦。試合終盤にパレハとして引き連れてきたEVILと共に棚橋を痛めつけたが、最後は棚橋のハイフライフローに敗れる[23]

L・I・Jのリーダー的存在として活動する内藤(左)。

11月、EVILとのタッグでWORLD TAG LEAGUE(以下「WTL」)に出場し、Bブロックにエントリー[24]。21日開幕戦の後楽園大会にて、新たに長期欠場中のBUSHIをインゴベルナブレスに引き入れると、翌22日豊橋大会にて本家との差別化を図るため、EVIL、BUSHIらと共に、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンLos Ingobernables de Japón、略称 : L・I・J)として正式にユニット化[19]。公式リーグ戦では5勝1敗という成績を収め、Bブロック1位で決勝に進出するも、決勝戦でG・B・H真壁刀義 & 本間朋晃)に敗れ準優勝に終わった[19]

2016年[編集]

年頭より中邑、AJら主力選手が相次いで新日本プロレスからWWEに移籍したことにより、ここ数年で固定化されていたトップ戦線の面子に変化を余儀なくされた頃、前年下半期よりL・I・Jを結成して勢いに乗る内藤はその間隙へ上手く入り込み、時流を味方につけることに成功する。3月のNJCでは後藤を破り初優勝を飾ると、オカダの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦を表明、4月10日のINVASION ATTACK 2016にて試合中突如乱入した真田聖也(SANADA)のアシストを受けてオカダから勝利を収め、4度目の挑戦にしてIWGP王座初戴冠を果たした[25]。ファン時代から憧れたベルトをついに自分のモノにしたが、「内藤哲也の存在はベルトの価値を超えてしまった」との解釈からベルトを腰に巻かず、それどころか宙高く放り投げる暴挙に出て、ベルトに対して何の感慨もないことを示した[25]。同日よりL・I・Jの新メンバーとしてSANADAを引き入れた内藤はオカダ率いるCHAOSと抗争を開始。5月3日のレスリングどんたく 2016にて石井の挑戦を退けて初防衛に成功すると、6月19日のDOMINION 6.19 in OSAKA-JO HALLにてオカダのリマッチを受けたが、レインメーカーに敗れ王座陥落[25]。しかし、戦前より挑発を続けてきた新日本のオーナーである木谷高明を会場に引っ張り出すことに成功させ、内藤は一躍新日本の中心に躍り出る格好となった。

その後も内藤の勢いは止まることなく、G1では最多メインを任されるようになった[25]。優勝こそ逃すものの公式リーグ戦でIC王座を保持するマイケル・エルガンから勝利を収めたことで、G1最終戦の試合後にエルガンから「ナイトーにリスペクトを教えてやる」と次期挑戦者として指名を受ける。内藤はIC王座に興味はないと断言した上で「ベルトから近寄ってきた」と挑戦を受諾し、9月25日、DESTRUCTION in KOBEにてエルガンからIC王座を奪取[25]。11月5日のPOWER STRUGGLEにてジェイ・リーサルを破り初防衛に成功すると、直後に登場した棚橋がIC王座挑戦に名乗りを上げ、「最後の晴れ舞台に」と棚橋の要求を受諾した[26]。11月18日に開催されたWTLではパートナーとして本家インゴベルナブレスの一員であるルーシュを引き連れ、WTL最終戦のセキスイハイムスーパーアリーナ大会で海外武者修行から帰国した高橋ヒロムをL・I・Jに勧誘するなど常に注目を集めた年となり、試合内容のみならずオーナーまで標的とした制御不能な発言でファンから圧倒的な支持を集めたことが評価され、東京スポーツ制定のプロレス大賞で最優秀選手賞を受賞した[27]

2017年[編集]

L・I・J旋風を巻き起こし大ブレイクを果たした内藤は、レッスルキングダム11のセミファイナルにて棚橋と対戦。デスティーノを決めてIC王座2度目の防衛に成功すると、名実ともに棚橋越えを果たした[28]

2月11日、THE NEW BEGINNING in OSAKAにて、マイケル・エルガンとのリターンマッチを受けた。変形、正調とデスティーノを連続で決めてIC王座3度目の防衛に成功。試合後にNEW JAPAN CUP挑戦を表明するが、出場は認められなかった。

4月4日、高橋ヒロムとのタッグでジュース・KUSHIDAに勝利した直後、IC王座次期挑戦者としてタイガーマスクWを逆指名。しかし、これも実際に対戦が組まれることはなかった。

4月29日のレスリング豊の国2017大分大会にてジュース・ロビンソンに勝利し、IC王座4度目の防衛に成功。試合後、棚橋からの挑戦を受け、6月11日大阪大会でのV5戦が決定した。しかし、内藤は挑戦資格なしとしてこれを拒否している[29]

5月12日、新日本プロレスがIWGP USヘビー級王座新設を発表。また、5月18日にはIC王座次期挑戦者の棚橋が米国遠征中に負傷し、シリーズ全戦欠場を発表。内藤はこの二つに触れ、「王者としての要求は無視され、似た理念のベルトを新設される。じゃあこのタイトルはもう必要ないじゃん」「ゴリ押しで挑戦を決めたらもう本番まで無理はしなくていいってこと?」と猛反発[30]。5月18日の後楽園ホール大会でベルトを鉄柱に叩きつける暴挙に出た[31]。この日はベルトが多少歪む程度で済んだものの、5月21日の沼津大会で再びベルトを鉄柱に叩きつけ、修復不可能なほどに破損させてしまった[32]

6月11日、DOMINION大阪城ホール大会にて棚橋弘至と対戦。テキサスクローバーホールドでギブアップ負けを喫し、王座防衛に失敗した。試合後、「IWGPインターコンチネンタル王座、または無いかな。」と、インターコンチネンタル王座戦線から身を引くともとれる発言を行った[33]

7月1日、G1 SPECIAL in USAにおける初代IWGP USヘビー級王座決定トーナメントの一回戦で石井智宏と対戦。垂直落下式ブレーンバスターで3カウントを奪われまさかの一回戦敗退を喫する。

7月17日〜8月11日のG1 CLIMAX 27 リーグ戦にAブロックで出場。7.17開幕戦の飯伏戦で年間ベストバウト級の死闘を演じ勝利を収めるなど勝ち星を重ね、同率1位で並んでいた棚橋とのブロック最終戦にも勝利。7勝2敗(14点)の成績で優勝決定戦進出を決めた。

8月13日、G1 CLIMAX 27 Bブロック1位のケニー・オメガを撃破し、4年ぶり2度目の優勝を果たした。直後の天龍源一郎のコラムでは「それはつまりオカダがいて、棚橋がいてという状況下で優勝した内藤というニュースターが押しも押されぬトップグループ入りを果たした子ということだよね」「やっぱりメキシコに行ったことは無駄じゃなかったと思う」と絶賛されている。また「その場その場の雰囲気を読んで、ハプニングをインパクトに変える、それが新日本の手法じゃない。4年前(のG1優勝時)は反応が鈍かったというのは読めてなかったんだろうね」と分析している[34]

8月14日、G1優勝決定戦一夜明け会見に出席。IWGPヘビー級王座挑戦権利証の防衛戦について、「組まれるのであれば、俺は石井を指名しますよ。」としながらも、「『俺にやらせろ』という選手がいるなら、ハッキリ口に出すべきですよ。」と発言。挑戦表明を拒まない姿勢を示した[35]

その後のDESTRUCTIONシリーズでは、「名指しされたからオレはそれに対して『やってやる』って言ってるんだよ。」とする石井に対し、「石井がこの権利書を欲しいのか、欲しくないのか、そこが一番大事だからね。」「オレが石井の名前を出したから石井は挑戦する?石井、オマエ…俺の言いなりか!」と挑発するなど、舌戦を繰り広げた[36][37]

10月9日、KING OF PRO-WRESTLING両国大会にて石井智宏に勝利し、挑戦権利証の防衛に成功する。

得意技[編集]

フィニッシュ・ホールド[編集]

デスティーノ[38]
内藤が2015年5月のメキシコ遠征中に現地の公園で子供が逆上がりしている姿を見て閃き、開発したとされる技[39][40]
背後から相手の右脇に自らの左腕を差し込んで首をロックし、相手の体を支点に逆上がりの要領で回転しながらリバースDDTの要領で相手の後頭部をマットに叩きつける。同年G1 CLIMAX公式リーグ戦における棚橋戦にて初公開されたが、その時は最後まで自分の体が回転しきらず、政宗の雷切とほぼ同型の形で披露された。以後、スターダストプレスに変わる内藤の代名詞的な技として昇華していき、同技でIWGPヘビー級王座を獲得するに至っている。派生技としてブレーンバスターの要領で担ぎ上げられた状態から相手の首に腕を巻きつけて、リバースDDTの形で相手をマットに打ち付ける変形式が存在する。
2017年1月のIWGP IC王座タイトルマッチの棚橋戦ではコーナーポストに登りながらセカンドロープを踏み台にリング中央へ飛び込むようにジャンプしながら放つスイング式が、また2017年8月のG1決勝戦ケニー・オメガ戦では片翼の天使からの切り返しとしてスイング式にて披露している。
技名はスペイン語で「運命」の意。
スターダスト・プレス[38]
2015年前半頃までの主なフィニッシャーで、内藤の異名である「スターダスト☆ジーニアス」の由来ともなっている技。
トップコーナーに登り、相手に背を向けた状態でジャンプしながら体を左方向180度捻った後、270度前方回転し更に180度左方向に錐揉み回転させる難易度の高いプレス技。元々は獣神サンダー・ライガーが開発した技で、その後、ライガーを含め長らく使い手がいなかった空中殺法とされていたが2008年3月2日、ZERO1-MAX(現:ZERO1)との対抗戦として対戦した崔領二 & 高西翔太戦で初披露。同技で高西からピンフォール勝ちを収め、以降フィニッシャーとして使用し始めた。
場外の相手に向かって放つ、スターダスト・アタックも存在していたが、こちらは短期間で使用を控えている。
デスティーノ開発以降は長らく封印されていたが、2017年8月13日G1決勝戦ケニー・オメガ戦にてロス・インゴベルナブレス入り以降初めて封印を解禁したが避けられ失敗に終わっている。

打撃技[編集]

ジャンピング・エルボーアタック / フライング・エルボーアタック[38]
若手時代のフィニッシャーで、現在もチェンジ・オブ・ペースとして使い続ける技の一つ。相手の近くに寄りながら当てるのではなく、ロープのリバウンドを利用しながら高くジャンプして体ごと相手にぶつかっていく型を得意としており、リング中央近くまで飛んで行く跳躍力を見せる。
ショーン・マイケルズのフライング・フォーアームに近いフォームが特徴で、2006年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦していたGENTAROが使っていた技からインスパイアされている。
低空ランニング・ドロップキック[38]
内藤が頻繁に使用する打撃技のひとつ。L・I・J結成後はタッグパートナーとの連携から決めることが多い。
浴びせ蹴り[38]
前転しながら振り上げた踵を相手の頭部を目掛けて当てにいく蹴り技。ペースチェンジに多用される。
延髄斬り
相手に片足を取らせ、掴まれた足を軸にしながら片方の足で相手の頭部を蹴っていくキャッチ式を得意とする。
張り手
主に打撃合戦の際、不意に振りぬきながら放つ。L・I・J結成後からは相手の頭を叩く挑発行為としても用いられている。
水面蹴り
2011年メキシコ遠征で習得して来た技のひとつで、コーナーへ振られた際に跳び上がってエプロンに着地し、追いかけて来た相手に対して繰り出す。
ここからコーナーポストに跨ぎながらミサイルキックへ繋ぐことが多い。現在は全く使用されない。

投げ技[編集]

グロリア[38]
変型のリストクラッチ式サイドバスター。相手の左腕をハンマーロックで極めながら右手で掴み取り、左腕で相手の首を抱え込みながら持ち上げ、垂直落下気味に後頭部をマットに叩きつける。かつてはこの技で繋いだ後にスターダストプレスを繰り出すのが必勝パターンであり、L・I・J結成後も大一番で使用している。
内藤はこの技を開発するにあたって、丸藤のタイガー・フロウジョンを参考にしたと語っており、技名については自身がファンであるYUIの楽曲「グロリア」からとっており、「IWGP王座奪取のために考案した技でもあるからぴったりだった」と回答している[41]
技名はスペイン語で「栄光」の意。
ドラゴン・スープレックス・ホールド[38]
しなやかなブリッジで相手の体をマットに突き刺すように高角度で放っていき、主に大一番で使用される。
ジャーマン・スープレックス・ホールド[38]
上記のドラゴン・スープレックス同様、ハイブリッジで決めるのが特徴で、ジュニア時代から得意としている。
裏投げ[38]
2013年下半期の頃より使用。主に相手の攻撃に合わせるように組みついてから投げるカウンター式を得意としている。
スイングDDT[38]
トップロープを蹴り上げてから繰り出す型を主に使用している。タッグマッチでは対戦相手を踏み台に旋回しながら放っていく型も見られる。
コンプリートショット[38]
下記プルマ・ブランカへの繋ぎ技として使用。相手の攻撃に合わせる形で放たれるカウンター式を得意としている。
マンハッタン・ドロップ
ロス・インゴベルナブレス加入後に使用され始めた技のひとつで、主にタッグパートナーとの連携で見られる。
ブリティッシュ・フォール
ジョニー・スミスのオリジナル技。ボディスラムのように相手の体を担いでから首をフックしたまま相手を足から着地させ、リバースDDTに移行する技。
主にデスティーノへの繋ぎとして使用され、内藤の場合は相手の足が着地したのとほぼ同時に繰り出していくのが特徴。
ネックブリーカー
相手と背中合わせの状態で放つタイプのものを使用する。カウンターで相手のラリアットを掻い潜って放つ型、雪崩式、串刺し攻撃を狙ったところを相手がフロントキックで迎撃しようとした際に両足を捉えて、セカンドロープに投げ入れてから仕掛けるパターンも得意とする。
エボルシオン
いわゆるリバース・デスバレーボム。2011年のG1決勝戦にて初披露されたが、技自体が綺麗に決まることが少なかったため、現在では全く使用されない。
技名はスペイン語で「進化」の意。
ヘッドシザーズ・ホイップ
かなりの頻度で使用して技だが、L・I・J結成後から使用されなくなった。
変型バックブリーカー
リバースDDTのクラッチから片膝を立てながらしゃがみ込み、相手の背中を膝に叩きつける。バックブリーカーの後、座り込んだ相手に対してロープリバウンドして背後から低空ドロップキックを見舞うのが内藤の定番ムーヴ。

絞め・関節技[編集]

プルマ・ブランカ[38]
足掛け式肩固め。うつ伏せとなった相手を肩固めの要領で組み付き、自らの左足を相手の首に引っかけ、相手の右腕を抱え込みながら頸部を締め上げる。2013年度のG1に向けて開発した秘策とされているが[42]、前年の2012年度G1公式戦における天山広吉戦でそれらしき技を披露している[43]。披露当初は、首投げの要領で相手に飛びついて巻き投げ、相手の体をうつ伏せに寝転がして極める型を使用していたが、2015年頃より上記コンプリートショットから一連の流れで極める型を多用するようになっている。L・I・J結成以後は、首に引っかけた左足をより頸部に食い込ませるよう、相手の体を仰向けにさせて極める型を使用している。
技名はスペイン語で「白い翼」の意。
膝固め[38]
ジュニア時代から使用される足へのキーロック。ショート・レッグ・シザースとも呼ばれる技で、多くの膝攻めのレパートリーの中でも頻繁に使用される。
メキシコ式足4の字固め
インゴベルナブレス加入後から使用された技。通常の型と違って、右足一本で相手の足を4の字に固めながら、空いている左足を4の字に折り曲げた相手の右膝に引っ掛けて、相手の膝を痛めつける。相手がロープブレイクした際には自分から技を解こうとせず、レフェリーに技の解除を求めるシーンが見られる。
リバース・インディアン・デスロック
うつ伏せの相手の両足を交差させ、自分の片足を掛けた状態から後方に倒れ込み、両足にダメージを与える技。ここから鎌固めに移行することもある。

飛び技[編集]

サマーソルトドロップ[38]
ロープの反動を利用して放つ。非常にフォームが綺麗で、ポストを利用しないセントーン・アトミコに近い。
コーナーミサイル[38][44]
コーナーにもたれ掛かる相手を片足で蹴り上げながらエプロンサイドに着地し、相手の足を払って尻餅をつかせた後、サードロープを踏み台にジャンプした反動を利用して、座っている相手に串刺し低空ドロップキックを放つ。2013年に右膝前十字靭帯断裂の怪我から復帰した時期より使用しており、内藤のオリジナルムーブとして認知されている。
ミサイルキック[38]
ポストは跨がず片側のトップロープに両足を乗せ、一旦静止する武藤スタイルを使用している。
雪崩式フランケンシュタイナー[38]
内藤が使用する数少ない雪崩式の技。主にビッグマッチを中心に使用される。
ドロップキック
ロープワークの攻防から、走ってくる相手に対して繰り出すカウンター式を主に使用する。L・I・J結成後はあまり使用されない。

クイック技[編集]

ポルボ・デ・エストレージャ[38]
2011年メキシコ遠征帰国後から使用し始めたリストクラッチ式のグラウンド・コブラツイスト・ホールド。
上述のグロリアの要領で相手を捕らえた後、持ち上げずに後方に倒れ込みながらピンフォールを奪う。
技名はスペイン語で「星屑」の意。
ジャックナイフ式エビ固め[38]
走り込みながら仰向けに倒れている相手の手前で前転し、両足を抱え込みながら丸め込む。内藤の場合は、着地の際にブリッジせず相手に覆い被さる型を使用しており、タッグマッチにおいてはパートナーが相手をラリアットで倒した後に素早く決める場合が多い。
飛びつき前方回転エビ固め[38]
いわゆるカサドーラと呼ばれる丸め込み技で、ヘビー級選手でコンスタントに使用するのは珍しい技のひとつ。丸め込みは他にも高角度前方回転エビ固め回転足折り固めも得意としている。

合体技[編集]

OUT OF CONTROL
EVILとの合体技。向かい合わせになるように待ち構えながら、ロープに振り跳ね返ってきた相手の体を高々とリフトアップし息を合わせるように相手の足を払いながら勢いよく相手の身体を反転させて、背中からマットに叩きつける。
内藤のかつてのタッグパートナーである高橋とのオリジナルホールドで、当時は「リミットレス・エボリューション」という名称で使用されていた。

タイトル履歴[編集]

新日本プロレス
パートナーは高橋裕二郎。
パートナーは裕次郎(現:高橋裕二郎)。
プロレス大賞
  • 2016年度プロレス大賞 最優秀選手賞
  • 2017年度プロレス大賞 最優秀選手賞

入場テーマ曲[編集]

曲名 作曲者 備考
明日なき暴走 Bruce Springsteen デビュー当時に使用。[CD:MHCP-930]
Jumping High 北村陽之介 2007年4月 - 2008年2月まで使用。NO LIMIT結成後は勝利テーマ曲として使用。[未CD化]
No Limit 2 Unlimited 2008年3月 - 2009年4月まで使用。下記「Du Hast」に入場曲を変更して以降、勝利テーマ曲として使用。[CD:PHCR-1910]
Du Hast Rammstein CMLL参戦時に使用。2009年5月 - 2011年7月まで使用。[CD:POCP-7299]
STARDUST KAZSIN 2011年8月 - 現在まで使用。[CD:KICS-1854〜6]

決め台詞[編集]

  • トランキーロ、焦んなよ!
2015年のメキシコ遠征から帰国して以降、多用している台詞。
トランキーロ(Tranquilo)はスペイン語で「静かに、落ち着け」などの意味する言葉。すなわちその後に続く「焦んなよ」と同義。
  • ノソートロス・ロス・インゴベルナブレス・デ!! ハ!! ポン!!
スペイン語で「俺たちはロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンだ!!」の意味で、締めの言葉で使用される台詞。
L・I・Jメンバーの名前を挙げていき、最後に自分の名前を言って前置きしつつ、「デ!! ハ!! ポン!!」の部分で観衆と共に大合唱する。
会場によってはメンバー紹介から合唱が始まる場合がある。

決めポーズ[編集]

  • Abre los ojosポーズ
読みは「アブレ・ロス・オホス」。親指と人差し指を使いながら目を見開く。スペイン語で「目を開け」の意[45]
2009年のメキシコ遠征中、「アジア人は目が細い」という固定観念がある現地のファンから「オマエら、目開いてんのか!?」とやじが飛んできたことを逆手にとり、「俺の目は開いてるぞ」という意味合いで目を広げて対抗したのがポーズのキッカケ[45]。2010年に凱旋してからは最初の短期間のみ使用されていたが、会場で観戦する子供たちが真似していたことから、日本でも継続して使用するようになった[45]。2015年にロス・インゴベルナブレスに加入してから凱旋して以降は、インゴベルナブレスポーズ(右手で胸を2回叩いて拳を天に突き上げる)と合わせたものに進化を遂げている[45]

人物[編集]

プロレスファン[編集]

幼少期の頃から熱心な新日本プロレスファンであり、当時の新日本ファンクラブ「闘魂戦士」にも入会していた。高校時代は部活終わりにそのまま観戦に出かけたり、都内だけでなく地方に遠征までするようになった[4]。選手になった今も「一選手である前に一ファンでありたい」という気持ちでファンクラブに入会しているという、異色の選手である。

武藤敬司について[編集]

内藤は筋金入りの武藤敬司ファンであったと公言している。オレンジタイツ時代からファンであり、武藤ファンとしてはプロレスごっこの際にできるだけ完璧に武藤の真似をしたいがために、ビデオに録画していた武藤の試合を終始スローで見て研究し動きをマスターしようとしていた[2]。また高校時代、プロレスラーになるにはどうしたらいいのか考え、憧れの武藤が学生時代に柔道を経験していたことから、それに倣おうとしたこともある[4](最終的に内藤は柔道部に入らず、サッカー部に入部している)。幼少期のプロレスごっこの影響のためか、プロレスラーとなった内藤の試合の中で、何気ない動きのどこかに武藤の名残が感じられると言われており[2]、解説者の金沢克彦は「オレンジタイツ時代の武藤そのもの」と肯定的な見解を述べている。しかし、2012年1月4日東京ドーム大会にて武藤と対戦が決まった際の記者会見では、武藤に対して「過去の人間」と位置付けた上で「プロレスを好きになったキッカケ」「プロレスラーになりたいと思ったキッカケ」とあくまでファンであったことは過去の話であると言い切っている[46]

棚橋弘至について[編集]

地方に遠征してまで観戦するほどプロレス熱が高い内藤だが、格闘技の聖地と言われる後楽園ホールでの観戦は意外にも遅く、1999年10月10日。それまでビッグマッチしか行ったことがなく、若手の試合を見るのが初めてだった内藤は、そこで棚橋弘至のデビュー戦を目の当たりにする。それまで武藤ファンであった内藤は棚橋のデビュー戦を見て感銘を受け、棚橋がデビューした翌2000年は武藤がアメリカ長期遠征へ出てしまったこともあり、内藤はその年以後棚橋を楽しみに観戦するようになり始め大ファンとなった[47][48]。2002年に内藤が右膝前十字靭帯断裂の怪我を負って気持ちが沈んでいた頃、2003年4月23日に広島サンプラザホールにて開催されたU-30初代王者決定リーグ戦の決勝戦、棚橋 vs 真壁伸也戦を生観戦し、その際に「プロレスに勇気をもらう」「元気をもらう」ということを初めて感じた日だと述べている[49]

内藤がプロレスラーとしてデビューして間もなくの頃、棚橋から「早く俺のとこまでこいよ」と言われたこともあり、内藤自身もかつてファンだった武藤が全日本に移籍して何を楽しみに新日本を見に行っていいか分からないときに、棚橋がいたからこそプロレス熱が冷めることなくずっと来れたから、棚橋をトップの座から引きずりおろす役目は自分が担いたいと語っている[48]。2017年1月4日、レッスルキングダム11にて棚橋との一騎打ちを制し、試合でも棚橋を上回る声援が送られ、世代交代を印象付けた内藤は試合後、リング上で大の字に横たわる棚橋の胸に拳を突き立てた後に深々と一礼。さらにバックステージでのコメントではかつて見上げる存在だった棚橋に対して「早く俺のところまで戻ってこいよ」と、メッセージを送っている[50]

広島東洋カープ[編集]

プロレス界きってのプロ野球広島東洋カープファンを自称している。かつて合宿所に住んでいた頃、部屋には広島カープのグッズが所狭しと飾られており、ロス・インゴベルナブレス加入以前に着用していた赤と白を基調としたコスチュームも「カープカラー」をイメージしたものとされている[51]。少年時代は元々読売ジャイアンツに所属する原辰徳のファンだったが、1995年に原が現役引退したことより本人曰く「ポッカリ穴が開いた」状態で野球への楽しみ方を模索していたところ、広島カープの足を使う野球に魅了され、1996年から応援をスタートさせた[51][52]

現在もファンクラブに入会している他、シリーズの合間を縫っては観戦に訪れており、広島市民球場の取り壊しに伴う公式戦最終試合開催日にもライトスタンドから観戦していた[53]。レスラー引退後には広島移住も視野に入れており、「マツダスタジアムの年間シートを購入して、毎試合観戦してみたい」と将来に対する展望について語っている[51]。 2017年には、球団歌『それ行けカープ』の2017年バージョンの映像に、田中広輔の2016年からの背番号「2」が入ったビジター用ユニフォームを着用して歌唱参加している。また、2017年8月27日のマツダスタジアムでの中日ドラゴンズ戦において初の始球式を行った。結果はストライクゾーンから大きく外れてしまったものの、元野球少年らしい見事なフォームでの投球だった。[54][55]

メキシコとの関わり[編集]

ロス・インゴベルナブレスを日本に持ち帰り、制御不能と化したのキッカケにブレイクした内藤のプロレス人生において、メキシコという国は欠かせないものとなっている。2009年5月に初めてメキシコに遠征した内藤は、元々異国の地がさほど好きではない上にイメージ的にも最悪な印象しか持たなかったことから、当初は「行くのが嫌でしょうがなかった」と振り返っており、試合と練習以外のときはほとんど出歩くことをしなかったという[56]。しばらくして内藤はアニマル浜口ジム時代から付き合いのあるBUSHIとメキシコで再会すると、BUSHIに連れられる形で外出するようになる。そこから徐々にメキシコに対する意識が変わり始め、メキシコでの生活を楽しめるようになったとのこと[56]

現地CMLLにおいても、アレナ・メヒコ大会のビッグマッチにおける髪切りマッチで、メキシコ人レスラーから勝利するという30年ぶりの快挙を成し遂げたことからポジションを確立。街を出歩けば声を掛けられることも多くなり、一気に知名度を上げることに成功した内藤は公私ともに充実した日々を送るようになった[56]

制御不能と化した後、スペイン語を織り交ぜた独特なコメントが目立つ内藤だが、これは2015年にインゴベルナブレスに加入し、帰国したときのコメントでポロっとスペイン語を出したことがキッカケとなっている[56]。直すのが面倒くさいと考えた内藤は以降スペイン語を混ぜてコメントするようになり、後に「日本に居るのに間違ってスペイン語が出てしまうぐらい充実してた」と述べている[56]

会場マニア[編集]

会場マニアという一面があり、体育館だけでなく野球場やサッカー場といった箱に興味がある内藤は、プロレスラーとなった現在自身のブログやツイッターなどで開場前の会場写真をアップする習慣が定着しつつある[57]。特に「建物の外観」と「体育館の名称が書いてある看板」を撮影したいと思っているが、会場に集まるファンの中で外観を撮影することができないため、会場の中の写真や場内のさまざまな場所を散策することが趣味となっている[57]

その他[編集]

  • 中学時代は、当時サッカーの強豪校だった愛媛県立南宇和高等学校へのサッカー留学を考えていた。
  • 2011年6月から2015年5月までベビーフェイスとして活動していた内藤は、地域によってブーイングを受けることがある。特に大阪大会で行われるビッグマッチでは、内藤が攻勢をかけたり、アピールを行うと強烈なブーイングが発生するようになり、この現象は2014年頃から顕著に見られるようになった。ロス・インゴベルナブレス加入以降、内藤へのブーイングは全国各地で発生するようになったが、2015年下期頃になると徐々に内藤を支持する声が徐々に増え始め、2016年に入ると内藤およびL・I・Jに対する支持者が急増していった。
  • 飯伏幸太鷹木信悟東京スポーツ岡本記者らと共に昭和57年会を結成している。メンバーには石森太二岡林裕二宮本裕向KAZMA SAKAMOTOらがいる。
  • ゴルフがあまり好きではなく、父はブリヂストンを定年退職する際にゴルフセットをくれたが、2017年の時点では1回打ちっぱなしに行った程度である[3]
  • 父は会社員時代に営業トークとしてしばしばプロレスで活躍している内藤の話題を持ち出していた[3]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • FM‐HiのゆうラジRadio Soulに月一で出演。ゆるラジ・ゆるテレで活躍中。

ゲーム[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 内藤曰く「新日本だけでほかは全く見てなかった。自分の中ではプロレス=新日本ってイメージ」と述べている。(レスラーヒューマンストーリー II、25頁。)
  2. ^ それまでに将来の夢として「プロ野球選手」や「プロサッカー選手」も視野に入れていたらしく、特にサッカーに関しては小学5年のときに日本プロサッカーリーグが始まったこともあり、プロになりたい思いも強かったと回顧している。(レスラーヒューマンストーリー II、26頁。)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 選手名鑑”. 新日本プロレス公式サイト. 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ a b c レスラーヒューマンストーリー II、25頁。
  3. ^ a b c d e 週刊プロレス2017年9月13日号pp.52-53.
  4. ^ a b c レスラーヒューマンストーリー II、26頁。
  5. ^ レスラーヒューマンストーリー II、25-26頁。
  6. ^ レスラーヒューマンストーリー II、27頁。
  7. ^ レスラーヒューマンストーリー II、28頁。
  8. ^ a b レスラーヒューマンストーリー II、29頁。
  9. ^ a b c d スポーツアルバムNo.58、20頁。
  10. ^ レスラーヒューマンストーリー II、30頁。
  11. ^ a b c d スポーツアルバムNo.58、21頁。
  12. ^ a b c d e f g スポーツアルバムNo.58、23頁。
  13. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.58、25頁。
  14. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.58、27頁。
  15. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.58、29頁。
  16. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.58、31頁。
  17. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.58、33頁。
  18. ^ a b c d e f スポーツアルバムNo.58、35頁。
  19. ^ a b c d e f g スポーツアルバムNo.58、37頁。
  20. ^ メキシコ遠征中の内藤哲也、ソンブラのユニット「ロス・インゴベルナブレス」に正式加入!? 【5.27アレナメヒコ記者会見】”. 新日本プロレス公式サイト. 2015年5月28日閲覧。
  21. ^ 棚橋が内藤の要求を全面受諾のワケ”. 東スポWeb. 2015年9月30日閲覧。
  22. ^ 内藤が不気味予告 パレハと一緒に2対1で棚橋潰す”. 東スポWeb. 2015年10月3日閲覧。
  23. ^ IWGP王座挑戦権利証奪取!棚橋「ベルトは目の前だ」”. 東スポWeb. 2015年10月13日閲覧。
  24. ^ 棚橋とエルガンがタッグ結成! 内藤&EVIL! ROHからジ・アディクション、キングダムがエントリー!『WORLD TAG』出場チーム&公式戦決定!”. 新日本プロレス. 2015年11月9日閲覧。
  25. ^ a b c d e スポーツアルバムNo.58、39頁。
  26. ^ 王者内藤、1・4東京ドームで棚橋と防衛戦”. 日刊スポーツ : nikkansports.com. 2016年11月6日閲覧。
  27. ^ 【プロレス大賞】内藤哲也がMVP初受賞! ベストバウトはG1丸藤vsオカダ”. 東スポWeb. 2016年12月14日閲覧。
  28. ^ 【新日1・4ドーム】IC王座V2 内藤ついに棚橋超え!”. 東スポWeb. 2017年1月5日閲覧。
  29. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/680679/
  30. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/687155/
  31. ^ http://www.njpw.co.jp/card_result/97159
  32. ^ http://www.njpw.co.jp/card_result/97522
  33. ^ http://njpwworld.com/p/s_series_00442_1_23
  34. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.55.
  35. ^ http://www.njpw.co.jp/111259
  36. ^ http://www.njpw.co.jp/card_result/111454
  37. ^ http://www.njpw.co.jp/card_result/111445
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t スポーツアルバムNo.58、55-58頁。
  39. ^ 内藤哲也がデスティーノ連発でエルガン下し初勝利”. 日刊スポーツ. 2016年7月25日閲覧。
  40. ^ 【新日G1】Aブロック台風の目 内藤が明かした新必殺技”. 東スポWeb. 2015年7月28日閲覧。
  41. ^ 参考文献『週刊プロレス』2011年12月7日号、頁36掲載 「選手本人が語る21世紀の技解説」より。
  42. ^ 内藤が新技「プルマ・ブランカ」公開”. 東スポWeb. 2013年8月1日閲覧。
  43. ^ カードファイト!! ヴァンガード PRESENTS NJPW 40th anniversary Tour G1 CLIMAX 22 ~The One And Only~ – 東京・後楽園ホール – 第5試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2012年8月11日閲覧。
  44. ^ BT10-046 コーナーミサイル 内藤哲也”. キング オブ プロレスリング トレーディングカードゲーム. 2014年8月26日閲覧。
  45. ^ a b c d 参考文献『新日本プロレスBi-Monthly (ビーマンスリー) vol.8』2016年 2/25号、頁63掲載 「決めポーズ解説⑧内藤哲也」より。
  46. ^ 「武藤さんは過去の人間!」内藤が宣戦布告!! 真壁は高山の土下座要求に大荒れ!! 1.4東京ドーム全カード決定!”. 新日本プロレス公式サイト. 2011年12月10日閲覧。
  47. ^ レスラーヒューマンストーリー II、26-27頁。
  48. ^ a b レスラーヒューマンストーリー II、31頁。
  49. ^ レスラーヒューマンストーリー II、27-28頁。
  50. ^ 内藤V2 棚橋の息の根止め「一つの時代が完全に終わった」”. デイリースポーツ online. 2017年1月5日閲覧。
  51. ^ a b c スポーツアルバムNo.58、60-61頁。
  52. ^ プロレス界の「神ってる」男・内藤哲也のカープ愛”. 日刊スポーツ : nikkansports.com. 2016年10月11日閲覧。
  53. ^ 新日プロレスラー内藤哲也 今のイチオシはカープ田中選手”. 東スポWeb. 2016年9月18日閲覧。
  54. ^ 新日本プロレス・内藤哲也がマツダスタジアムで始球式”. 東京スポーツ新聞社. 2017年8月28日閲覧。
  55. ^ 因みにこの試合はカープは敗退。対戦相手で内藤のファンを公言している小笠原慎之介が勝利している。
  56. ^ a b c d e スポーツアルバムNo.58、62-63頁。
  57. ^ a b スポーツアルバムNo.58、64-65頁。
  58. ^ 【セガフェス】「桐生会」を最強の組織に!大人数バトル&組織育成がアツい「龍が如く6」の「クランクリエイター」ゲームプレイが初公開”. Gamer (2016年11月22日). 2016年12月15日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]