エル・サムライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エル・サムライ
プロフィール
リングネーム エル・サムライ
松田 納
本名 松田 納
ニックネーム 哀愁のマスクマン
身長 180cm
体重 90kg
誕生日 (1966-04-19) 1966年4月19日(51歳)
出身地 岩手県花巻市
所属 スポルティーバエンターテイメント
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1986年7月24日
テンプレートを表示

エル・サムライ1966年4月19日 - )は、日本覆面レスラー

来歴[編集]

専修大学北上高等学校レスリング部に所属。インターハイ・国体に出場するなど活躍し、卒業後の1985年4月、新日本プロレスに入門。同期に飯塚孝之(現:高史)がいる。

入門から三か月経った1986年7月24日、船木優治戦でデビュー。

1991年3月、メキシコへ初遠征。UWAエリアを中心に活動し、マスクマンエル・サムライとなる。

1992年3月、凱旋帰国。帰国当初はレイジング・スタッフと試合を行うことが多く、ほぼ毎回のようにマスクを剥がされる目に遭う。同年4月、第三回トップ・オブ・ザ・スーパージュニアに初出場。決勝まで駒を進めるも、獣神サンダー・ライガーに敗れ惜しくも準優勝という結果に終わる(なお、この時もマスクを剥がされている)。リターン・マッチとなった6月、ライガーを下し第19代IWGPジュニアヘビー級王座を奪取。8月にペガサス・キッド(クリス・ベノイ、後のワイルド・ペガサス)、10月にディーン・マレンコ、ライガーら強豪の挑戦を退け3度の防衛を果たすも11月ウルティモ・ドラゴンに敗れ王座陥落。

1993年5月、ウルティモ・ドラゴンにリベンジを果たす形で第23代UWA世界ミドル級王座獲得。しかし、わずか4日後のリターン・マッチに敗れ王座陥落。

1994年4月、スーパーJカップ第一回大会にノミネート。一回戦で茂木正淑を下すも、ザ・グレート・サスケに敗れ二回戦敗退。

1995年12月、サブゥーを下し第25代UWA世界ジュニアライトヘビー級王座獲得。同月にはスーパーJカップ2に出場するも一回戦でドス・カラスに敗れ姿を消す。

1996年3月、金本浩二に敗れUWA世界ジュニアライトヘビー級王座陥落。同年6月、サスケを下し第28代WWF世界ライトヘビー級王座獲得。しかし、約二ヶ月後の8月に行われたリターン・マッチに敗れ王座陥落。

1997年6月、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアIVに出場。決勝で金本を下し、トップ・オブ・ザ・スーパージュニアの時代から数えて6回目の挑戦で悲願の初優勝を遂げる。 この試合で金本の雪崩式リバース・フランケンシュタイナーを受け切ったシーンは印象強く、さらに終盤はマスクを剥がされ完全に素顔剥き出しの状態だったため、ファンの間で語り草になる決勝戦となった。マスクを破られたため、試合後の記念撮影にはミル・マスカラスのマスクを被って応じている。(余談ではあるが、試合を決めた雪崩式リバースDDTから垂直落下式リバースDDT(一度目は失敗)の一連の流れはPS用ソフト闘魂烈伝3にて通常よりも大きなダメージを与えられるクリティカルコンビネーションとして設定されている)さらに、同年7月にはライガーを下し第4代ジュニア7冠王座を獲得。IWGPジュニアヘビー・UWA世界ジュニアライトヘビー・WWF世界ライトヘビーの三王座は自身二度目の戴冠となるなど飛躍の契機を掴むも、わずか一ヶ月後の8月大谷晋二郎に敗れる形で一度も防衛することなく同王座から陥落。90年代後半、新日本プロレスが坂口征二社長体制の第二期ジュニア黄金期と呼ばれる時代になるとペガサス・ブラック・タイガー(二代目)・マレンコらと激闘を繰り広げ、金本・大谷・高岩竜一らトンガリコーンズが台頭して来ると、ライガー・保永昇男(保永引退後はケンドー・カシン)とタッグを組み若手の壁としてジュニア戦線を盛り上げた。この時代はタッグマッチにおいてサムライが攻撃対象になることが多く、執拗にトンガリコーンズ(主に金本)から攻撃を受けたサムライが激昂し、試合度外視でリング外まで金本を追いかけ回し試合が成立しなくなる異例の事態が勃発している(当時、現場監督であった長州力がけしかけたともされる)。

2001年3月、ライガーをパートナーに金本浩二&田中稔(現:稔)のジュニア・スターズを下し、第6代IWGPジュニアタッグ王座獲得。自身初となるタッグ王座戴冠となった。7月、邪道&外道を相手に防衛線に挑むも、サムライが邪道からクロスフェイス・オブ・JADOでギブアップ負けを喫し王座陥落。しかし、11月には同じくライガーをパートナーにG1ジュニアタッグリーグ戦に出場し、優勝決定戦で同点の邪道&外道と対戦。邪道からCWアームロックでタップを奪い優勝し雪辱を果たす結果となった。

2004年4月、マスクを脱ぎ「松田納復帰戦」として西村修と素顔で対戦するも西村に敗北。試合後のインタビューでは「やっぱりねやってて恥ずかしいですね。今ひとつピンと来ないですね。自分としては、もうそんなやるつもりはないですけどね。」と発言している。その後エル・サムライに戻している。

2005年2月、田口隆祐をパートナーに稔&後藤洋央紀組を下し第16代IWGPジュニアタッグ王座獲得。しかし、7月またしても邪道&外道組に敗れ王座陥落。くしくも同じ月、またしてもクロスフェイス・オブ・JADOの前に敗れ去るという結果に終わった。

2007年9月、膝のケガによる長期欠場を発表。これまでケガによる欠場はなく、エル・サムライ=ケガをしない選手という評判だったため珍しい事例を残す。

欠場中であった翌2008年2月、新日本プロレスを退団。フリーへ転向する。同月、全日本プロレスに登場し、NOSAWAMAZADAから襲撃を受けていたカズ・ハヤシを救済。3月にはカズをパートナーにジュニアタッグリーグに出場。膝のケガは完治しておらず、ほぼ毎回のようにマスク剥ぎに遭うものの、なんとか決勝まで持ち越し、優勝決定戦で土方隆司&中嶋勝彦組と対戦。惜しくも準優勝という結果に終わった。

同年6月10日、「武藤祭」へ素顔の松田納として登場。木戸修、西村とのユニット「オサム軍団」を結成し、NOSAWA、MAZADA、TAKEMURA東京愚連隊と対戦。自らNOSAWAを下すとマスクを被り、土方の持つ世界ジュニア王座への挑戦を表明した。さらに、

同年6月、リアルジャパンプロレスに登場。グラン浜田と対戦し、これを下すと勢いに乗り表明通り土方へ挑戦するも惜しくも敗れ王座戴冠には至らなかった。試合後、GURENTAIが乱入し正規軍ともども混戦する中、ジュニアヘビー級リーグの開催が決定し7月、同大会三回目にして初参戦。2勝2敗・勝ち点4という結果に終わった。

同年8月、新日本プロレスの興行である「PREMIUM」の第3回大会に登場。欠場中から数えて約1年1ヶ月ぶりに新日本関連のリングに姿を表す。さらに10月の第4回、12月の第5回にも連続出場。

2009年4月、メビウスに参戦。大原はじめを下し第3代エル・メホール・デ・マスカラード王座を獲得。9月にはプロレスリングFREEDOMSに参戦し、GENTAROの持つインディペンデントワールド世界ジュニア王座・VKF KING of WRESTLE NANIWAに挑戦するも敗れる。

2010年1月、アメトーーク「俺達のゴールデンプロレスオールスター戦」(2010年1月7日放送)において、ザ・コブラスーパー・ストロング・マシンに続く悲劇のマスクマン第3弾として紹介され、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア決勝における二度に渡るマスク剥ぎによる素顔公開、大谷晋二郎からIWGPジュニアタッグベルトを強奪するも当時、現場監督であった長州に怒られてあっさり返してしまうエピソードなどが紹介された。同番組に出演していた有田哲平は、上記の長州に怒られて消沈した所でCMに行ったシーンについて「哀愁の漂い方が中間管理職レベル」とコメント。以降、ワールドプロレスリングでは哀愁のマスクマンと呼ばれるようになるに至った。リング上では同年5月、金本をパートナーに第一回スーパーJタッグに出場し優勝。同リーグ戦は第25代IWGPジュニアタッグ王者決定戦も兼ねており同時に戴冠。しかし、7月前王者であった田口隆祐&プリンス・デヴィットApollo 55に敗れ王座陥落。

2011年7月、「流星仮面FIESTA」の「エル・サムライ25周年記念試合」にてNOSAWAを下し第2代X-LAWインターナショナル王座獲得。

同年12月、スポルティーバエンターテイメント主催、「エル・サムライ、負けたらスポルティーバと契約」にて試合を行いクボタブラザーズに敗戦したため、同団体所属となる。

人物[編集]

  • 受身の達人であり、グラウンドでの技術もあり、ジュニアならではのすばやい攻防もでき、投げも得意としており、さらにメキシコで習得したラフまである万能タイプのレスラーである。
  • 柔軟な体で現在まで怪我による欠場が殆どなく、ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアには第1回から退団前年の2007年まで全て出場した。
  • 1日に3試合を行ったこともある。
  • 新日本プロレスで活動していたジュニア選手の中では長身のため「ジュニアの巨人」と表現されたり[1]飯塚高史野上彰の3人で「新世代闘魂トリオ」と売り出された時期もあった。
  • のちにタレントとなる三又又三(1学年下)が近所に住んでいて、子供の頃はよく遊んでいたという。
  • タバコギャンブル好きでも有名である。プロレス雑誌の企画では誕生日に蝋燭ではなくタバコが刺されたケーキを貰ったことがある(そのタバコを美味しそうに吸っている写真が掲載されていた)[2]
  • 競馬ファンで、専門誌『ケイバブック』を愛読している。
  • 新日本の単発興行シリーズ「WRESTLE LAND」第1回では「江戸侍」というリングネームで試合を行った[3]
  • 自他共に認める練習嫌いで、試合前もこれといった練習は行っていないとの事。体格にもそれが現れている。練習量の豊富さで知られる新日本では異例であり、練習よりタバコを吸ってる時間の方が長いというのが同僚レスラーの評であった。

得意技[編集]

1990年代の新日ジュニア勢に代表される日本式のプロレスにメキシコ式(ルチャ)のエッセンスを積極的に取り入れたファイトスタイル。打・投・極に加え、飛び技・丸め込み技・ラフまでこなす万能タイプで、プロレス特有の受けの強さも屈指のものを持つオールマイティな幅広く懐の深いレスリングが持ち味。

各種DDT[編集]

七色のDDTと形容される豊富なバリエーションを持つ。比喩表現では無く実際に下記7種のDDTを使用している。

DDT
フォーム的にはジャンピング式に近い。
当初から繋ぎ技の扱いだが、使用し出したのは下記リバースDDTよりも早い。
リバースDDT
サムライの代名詞とも言える技。田中ケロは「元祖はサムライ、本家はスティング」と表現した。
初期型ではDDTのステップを踏みつつ跳躍して仕掛けていたが、徐々にそのまま後方に倒れ込む形に変化。現在では自身が尻餅をつくように仕掛けている。
垂直落下式リバースDDT
自身が開発したリバースDDTのバリエーションの一つで、フィニッシュ・ホールドの一つ。
垂直落下式リバース・ブレーンバスターと見た目が酷似しており、かつては混同されることも多かった。
雪崩式DDT
トップロープから放つタイプで、使用されることは少なくフィニッシュに用いたこともない。
同時期に活躍したライガーが一時期セカンドロープから放つものをフィニッシュに用いたが、サムライが使用し出したのはその後である。
雪崩式リバースDDT
こちらも自身が開発したリバースDDTのバリエーションの一つで、フィニッシュ・ホールドの一つ。
ビッグマッチや大一番でしか繰り出さず、仕掛けた直後にフォールに入るもののニアロープのため、ロープブレイクで逃げられることが多い。
スイング式DDT
同じくDDT系統の技を得意とするスペル・デルフィンが開発したバリエーション。
使用頻度は比較的高いが、途中で対戦相手に投げ飛ばされることもしばしば。
スイング式リバースDDT
スイング式DDTに得意技を合わせて開発した、フィニッシュ・ホールドの一つ。
雪崩式デスバレーボムを狙った高岩相手にトップロープ上から繰り出したこともある。

その他の得意技[編集]

サムライボム
カナディアン・バックブリーカーの体勢から仕掛けるパワーボム。
サンダー・ファイヤー・パワーボムとは、両膝着地式である点とフォールに入るさいの固め方に違いがある。
サムライ・スペシャルの名称で呼ばれていたこともあり、投げ捨て式はサムライボム・ホイップと呼ばれる。
最近では筋力の衰えもあり、持ち上げきれず崩れてしまう場合が多い。
リバース・ブレーンバスター
過去にサムライが得意としていた技。垂直落下式も使用。
後に垂直落下式ともども、リバースDDTへと改良した。
ジャンピング・パイルドライバー
入れ込む感じで極めるのが特徴。
肩車式フェイス・バスター
時折使用する技で、肩車で相手を担ぎ上げておいて尻餅はつかず自らも前のめりに倒れ込むフォーム。
メキシコでは比較的ポピュラーな型のフェイスバスターである。
チキンウィングアームロック
かつては奥の手的な技であったが、一時期を境にフィニッシュ・ホールドとして多用するようになった。
サムライの場合、ヘッドシザーズと併用して使用する事もある。
グラウンド卍固め
河津落としから素早く連携してこの技に繋げる。
同時期に活躍した新日ジュニア勢の中では随一の使い手で、永らく愛用している。
変形カベルナリア
サムライの場合ロメロ・スペシャルの連携で使わず、最初からこの技を仕掛けチンロックやドラゴン・スリーパーで固めることが多い。
サムライ・クラッチ
キド・クラッチと同型。晩年に使用し出した技で当初はキド・クラッチとして使用。
フィニッシュに用いられることも多くなっている。
サムライ・クラッチII
トケ・エスパルダスと同型。変形のスモール・パッケージ・ホールド。
メキシコでは比較的ポピュラーな丸め込み技で、トケ・エスパルダスとは丸め込み技全体を指す言葉でもある。
ラ・マヒストラル
ウルティモ・ドラゴンが持ち込み、同時期に活躍した新日ジュニア勢で大流行した技の一つ。
サムライは特に形が崩れることが頻繁で、正規の入り方ではない仕掛け方がよく見られた。
ウラカン・ラナ
こちらも新日ジュニア時代に流行り技となった一つで、同時期に活躍した選手と同じく使用。
こちらもフォームが独特で田中ケロいわく「肩ピョン」(仕掛けるさい、走りこんで相手の肩に飛び乗るさまが特徴的なため)。
また、同人から「高速ラナ」とも名付けられた(勢いよくしかけるも長身のせいか高速で頭をマットに打ち付ける仕草が見られたため)。
パワーボムで叩きつけられるなど切り返されることが非常に多い。
各種回転エビ固め
高角度前方回転エビ固め後方回転エビ固めなど。
DDTを多用する以前には、様々な体勢から一瞬の隙をついての丸め込みを得意としていた。
ダイビング・ヘッドバット
一試合に一度は繰り出す定番技で、ボディ・プレス系のダイビング攻撃を使用しないサムライはこれ一本である。
かわされることも非常に多く、一気に劣勢に陥ることも少なくない。
トペ・スイシーダ
全盛期はその勢いの凄まじさから大気圏突入トペの異名を取った。
現在、サムライが使用する場外への飛び技といえばこの技となった。
トペ・コン・ヒーロ
サードロープを掴んだまま回転して仕掛ける独特の形を見せるため、サムライ・コンヒーロとも呼ばれた。
かつてはトペ・スイシーダと両用していたが、いつの間にか全く見せなくなった。
ドロップキック / ミサイルキック
一貫して正面飛び式を使用。かつてはタッグ戦においてパートナーとともにミサイルキックで対戦相手を挟み撃ちする光景もよく見られた。
ダイビング・ヘッドバット同様、かわされることも非常に多い。
ラリアット
左腕で浴びせ倒すように仕掛ける。ジュニア選手の中では体格が大きいため、(受け方にもよるが)相手が一回転することもある。
エルボー
前期時代に多用。叩き付ける速度や角度など、クローズアップされることは少ないが隠れた名手である。
ジャンピング・エルボーや串刺し式も使用していたが、ラリアットに取って変わられたのかあまり目立った使い方はしなくなった。
顔面蹴り
こちらもあまりクローズアップされることは少ないがかねてより使用している。
主にうつ伏せにダウンした相手の顔面をつま先で執拗に蹴り上げるもので、喧嘩試合のような場合に用いられる。

所属[編集]

入場テーマ曲[編集]

  • THE UNFORGIVEN(Robert Tepper)
  • TERRIBLE GIFT

王座遍歴[編集]

以下は第4代ジュニア7冠王座として戴冠。

脚注[編集]

  1. ^ しかし公称身長は小柄な金本浩二、田口隆祐と同じである。
  2. ^ 2003年4月19日 試合結果 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト
  3. ^ WRESTLE LAND 新日本プロレスオフィシャルWEBサイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]