スペル・デルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペル・デルフィン
スペル・デルフィンの画像
プロフィール
リングネーム スペル・デルフィン
モンキーマジック・ワキタ
モモタロウ
本名 脇田洋人
ニックネーム セニョール・ペルフェクト
関西の英雄
イルカ仮面
師匠
身長 172cm
体重 82kg
誕生日 (1967-09-22) 1967年9月22日(49歳)
出身地 大阪府和泉市
所属 海鮮プロレス
スポーツ歴 レスリング
トレーナー アポロ菅原
大仁田厚
グラン浜田
デビュー 1989年
テンプレートを表示

スペル・デルフィンSuper Delfin1967年9月22日 - )は、日本のプロレスラー、政治家。現在、大阪府和泉市議会議員。大阪プロレス沖縄プロレスの創始者。イルカモチーフとした覆面レスラーである。海鮮プロレス所属。

概要[編集]

本名:脇田 洋人(わきた ひろと)[1]大阪府和泉市出身。かつてモンキーマジック・ワキタリングネームで活動していたこともある。

ザ・グレート・サスケウルティモ・ドラゴンと並びジャパニーズ・ルチャの立役者の一人で、"Sr.Perfecto"(セニョール・ペルフェクト、英語のミスター・パーフェクトと同義)というニックネームを持つ。妻はタレントの早坂好恵

来歴[編集]

デビュー[編集]

プロレス入り前にはサンボを経験している。父親は土地家屋調査士で、若い頃、父の測量現場の仕事なども手伝っていた。デビュー戦は、1989年3月19日オランダアムステルダムのエイデンホールにおける対ブルドッグKT(現:外道)。その後、たけしプロレス軍団FMWを経て、ユニバーサル・プロレスリングに参加。

FMW所属時代、日本国外の試合に出るため乗った飛行機がエアポケットに入って強い揺れに見舞われて散々な目にあって以来、大の飛行機嫌いとなる。

ユニバーサル時代の初期には前座として『モンキーマジック・ワキタ』のリングネームで、MASAみちのく(現:ザ・グレート・サスケ)と組み、ブルドッグKT&クーリーSZ(現:邪道)と主に対戦。その後、MASAみちのくと共にメキシコに渡った。

メキシコでの活動[編集]

1991年、スペル・エストレージャ'91というシリーズにてアカプルコ出身の謎の覆面レスラー、スペル・デルフィン(当時のマスクは、顎まで覆うタイプ)として一度帰国するも正体は明かさなかった。デルフィンはしばらくしてリンピオからルードに転向し、シリーズ後に再度メキシコに遠征する。

メキシコで漫画『THE MOMOTAROH』をモチーフにした覆面レスラー、モモタロウなる覆面レスラーとなり、スコルピオ・ジュニアアンヘル・モルタルらとともにルードとして活躍する。なお、このマスクは帰国後に著作権の関係もあり使用できなくなったが、当作品の原作者であるにわのまことは、『モモタロウ』という名前のレスラーが実現したことを喜んでおり、その旨のコメントと自身のイラスト入りのハガキを週刊プロレスに投稿し、同誌読者欄に掲載された。

帰国[編集]

1992年、スペル・エストレージャ'92というシリーズにて再度帰国。モモタロウのマスクを被り、モンキーマジック・ワキタのリングネームで試合に登場したが、三本勝負での二本目でスペル・デルフィンのマスクの上に被っていたモモタロウのマスクを脱ぎ捨て、以降はスペル・デルフィンとして活動することを表明した。

みちのくプロレス参加[編集]

ユニバにて、ブラックマンマスカラ・コントラ・マスカラで破ったり、セレスティアルを破りUWFウェルター級王座に就くなどして活躍するが、ユニバーサルの経営難によるギャラの不払いに端を発し、1993年ザ・グレート・サスケみちのくプロレス旗揚げに参加、ルード集団のデルフィン軍団を率い、サスケのライバルとして一時代を築いた。

1994年に行われた新日本プロレス主催の第1回のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアでは優勝決定戦まで進出したが、この試合では半分がライガーのコスチューム(通称:デルイガー[2])で登場する。デルフィンはこのシリーズ参戦で広く人気を獲得し、プロレス雑誌の好きなレスラー1位になった[要出典]

この頃、前述した飛行機嫌いゆえ、大阪の自宅から新幹線で岩手まで通っていた。

股くぐり事件[編集]

1995年ディック東郷率いる平成海援隊(後に「海援隊DX」にチーム名変更)と抗争状態になるが、この頃から試合での不甲斐なさが目立ち、他のデルフィン軍団が奮闘する中デルフィン一人がダウンしている事も多くなった。マスクも破られたり、剥ぎ取られて素顔を晒して制裁を受ける事も度々だった。見かねたサスケ率いる正規軍とも共闘する(この時点でデルフィン軍団は正規軍に吸収されたといえる)が状況は変わらず、頂上決戦となった浪江町での大会におけるデルフィン対ディック東郷戦において、デルフィンが東郷の猛攻で戦意喪失、「俺の股をくぐれば許してやる!」と東郷のマイクアピールを受け、言われるがまま四つん這いで股をくぐる。

東郷のアピールは嘗て覆面剥ぎマッチや髪切りマッチなどで連敗した高く厚い壁であったデルフィンのあまりの不甲斐なさに業を煮やして、そこまで言われれば発奮するだろうと思っての事だったが、本当にくぐった事で海援隊メンバーは激怒、逆にそれまで以上の制裁を受け、マスクを破られコスチュームを切り裂かれ、着色スプレーで背中に「バカ」と書かれるという事件が発生。怒った観客は暴動を起こし、デルフィンはシリーズ途中で失踪してしまう。その後、試合会場に素顔にサングラス姿のデルフィンが現れ、試合後のサスケが檄を飛ばし、デルフィンは復帰を宣言。

デルフィンは新たに「大阪臨海アッパー」なる技を習得して復活。肉体改造にも成功して、復帰戦となった両国国技館「竹脇」大会の6人タッグでは上半身裸のコスチュームで以前との筋肉の違いを見せつけ、観客からは感嘆の声も上がった。試合の最後で東郷に「大阪臨海アッパー」を決めてKO、雪辱を果たした。

大阪プロレス旗揚げ[編集]

海援隊DXがWWF(現:WWE)参加のため離脱。デルフィンは今後の団体運営に対する考え方で、サスケと対立するようになる。

1999年薬師寺正人星川尚浩、瀬野優(大王QUALLT)、練習生の木川勇人(現怪人・ハブ男)、レフェリー松井幸則ら、とともにみちのくプロレスを退団。大阪プロレスを旗揚げする。以降サスケとは絶縁状態が続いた。

2003年、サスケが議員になったことにより、社長となった新崎人生のブッキングによって、みちのく10周年大記念会にて、サスケvsデルフィン戦が実現し、デルフィンが勝利する。また、この頃に大阪プロレスの事務局長も務めていた元タレントの夫人と二度目の離婚(初婚は一般女性)。

えべっさん(現・菊タロー)の紹介で、2003年12月24日タレントの早坂好恵との再婚を果たした。大阪プロレス名物六人タッグではえべっさんから「誰が嫁さん紹介したんや~!」としばしネタにされ観客の笑いを誘い、会場は微笑ましい空気に包まれた。

大阪プロレスでは2006年2月26日、ギミック上の弟であるスーパードルフィンをデルフィンスペシャル0号で破り大阪プロレス王者となった。4月16日松下IMPホールではみちのくプロレス社長の新崎人生と初のシングルマッチを行い、勝利している。5月21日、大阪プロレスIMPホールにて南野たけしと大阪プロレス王者&東北ジュニアヘビー級ダブルタイトルマッチを行いジャーマン・スープレックス・ホールドで勝利。二冠王になる。6月10日には、7年半ぶりにみちのくプロレスへ参戦し、気仙沼二郎に勝利して初防衛に成功した。

8月26日にビリーケン・キッドに敗れ大阪プロレス王座を失う。10月8日にはみちのくプロレスザ・グレート・サスケとの防衛戦ではサスケにジャーマン・スープレックスで敗れ、東北ジュニアヘビー級王座も失った。

2007年2月5日、浪人中だった中村紀洋堺浜野球場で行なった架空キャンプに球拾いなどの手伝いで参加。

沖縄プロレス旗揚げ[編集]

2006年、夫人の故郷でもある沖縄県産業振興公社「沖縄ベンチャービジネスサポート事業」に応募。[3]

2007年5月、沖縄プロレスが「2007年度沖縄ベンチャービジネスサポート事業」に採択される。その頃、沖縄プロレスの経営に専念することを決意。2007年8月、「大阪プロレス」を売却。[3]

2008年2月、大阪プロレスの取締役社長を解任される[3]。同年5月に沖縄プロレス株式会社を設立し[4]、7月に旗揚げ興行を開催。

2008年9月を最後に、大阪プロレスの興行には参戦していない(沖縄所属選手の参戦も2008年10月が最後、ただし大阪プロレス所属選手の自主興行には参戦する場合もある)。みちのくプロレス15周年ノスタルジックツアーシリーズ参戦。

再び大阪へ[編集]

2012年、事業契約満了に伴い沖縄プロレスの拠点であるデルフィンアリーナ国際通りを8月25日をもって閉鎖し、団体の拠点を本土へ移して、出身地である大阪府和泉市の市議会選挙への出馬を発表。9月9日投開票の市議選(定数24)で3,552票(2位)を獲得し[5]、初当選を果たす。「覆面をかぶっている方が注目され市の知名度が上がる」と議場でも覆面を着用する意向を示し[6]、議会でも着用が認められた[1]

2015年7月22日、記者会見を行い堺市を基盤とした「海鮮プロレス」を旗揚げすることを発表した。[7]

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

ルチャをベースに、過去にはヒールらしく急所攻撃などのラフ殺法もまじえていたが、近年ではベビーフェイスの扱いを受けることが多いためほとんど見せなくなった。また、デルフィンは技に関してはアイデアマンであり、多くのオリジナル技を考案している。

スイング式DDT
自身が考案した技で多くのレスラーがコピー、アレンジしている。コーナーポストに腰掛け、近寄ってきた相手に張り手を見舞ってから仕掛けるのがデルフィン流。
デルフィン・クラッチ
スイング式DDTから両手を広げて「終わりぃぃぃぃ!」と叫びながら見得を切り、この技に繋ぐ連携が一時期のフィニッシュパターンであった。
大阪臨海アッパー
走り込んでのアッパー掌底。デルフィン・クラッチを返されるようになると、スイング式DDTからこの技に繋ぐ連携をフィニッシュパターンとしたがこちらもよく避けられるようになった。
大阪御堂筋スタナー
発表当初は大阪通天閣スタナーの技名であったが後に改名。通常のスタナーも使用する。
Dスタナー(デルフィンスタナー)
旋回式のインプラントDDT。
各種デルフィンスペシャル
デルフィンスペシャル 0号
抱え式バックドロップの体勢で持ち上げた相手をサードロープに打ち付けジャーマン・スープレックスの体勢に持ち替えて投げる、ロープの反動を利用した二段階式のジャーマン・スープレックス・ホールド。モンキー・マジック・ワキタ時代にモンキースペシャル2号の名で使用。
デルフィンスペシャル 1号
ローリングジャーマン後、さらに後方回転しエビ固めの体勢で固める。最終的な形はマヤ式スープレックスと同型を取る。モンキー・マジック・ワキタ時代にモンキースペシャル1号の名で使用。
デルフィンスペシャル 2号
0号と同じ。2号を0号とした現在では3号を2号の扱いとしている。
デルフィンスペシャル 3号
ローリングジャーマンの二発目をタイガー・スープレックス・ホールドで投げる技。
バックドロップ・ホールド
平成初期の得意技。近年では滅多に見せない。
デルフィン・ラナ1号
ミステリオ・ラナと同型。デルフィンが使うとこの名称となる。
デルフィン・ラナ2号
1号と違い相手頭部を軸に360度回転しつつ、相手の両脇に足を引っかけ一旦停止し、その後右下に捻りを加えて前方に回転しつつ固める変形の前方回転エビ固め。みちのくプロレス時代に使用していたが近年ではほとんど使用される事無く1号を単純にデルフィン・ラナと呼ぶ事が多い。
カバージョ2000(フェイスロック式カバージョ)
腰をおろさず、中腰の状態で相手の鼻骨辺りを手首の骨で圧迫する変形のキャメルクラッチ。大阪プロレス時代に一時期フィニッシュとして頻繁に使用していたが、インパクトに欠けるためかほとんど使用されなくなった。
カバージョ2001
スリーパーホールドに捉えるキャメルクラッチ。こちらも上記同様ほとんど使用されなくなった。
カバージョ2003
対戦相手二人をまとめて同時に捉えるキャメルクラッチ。
ドロップキック
打点の高さ、フォームの美しさから、みちのくプロレス時代には団体で一、二を争う使い手であった。
人工衛星ヘッドシザース
日本ではみちプロ時代から屈指の使い手。
抱きつき
技ではないが、客席がいる場外に投げ飛ばされた際に女性客に紛れて抱きつくのが定番のムーブとなっている。

リングネーム[編集]

これまでデルフィンが名乗ったリングネーム。

  • スペル・デルフィン
  • モンキーマジック・ワキタ
  • モモタロウ

人物像[編集]

趣味[編集]

プロレスラーにはジャンルを問わず趣味人が少なくないが、その中でも特に幅広い趣味を持つ人物として知られる。

その他[編集]

泳ぎが不得意。モンキー・マジック・ワキタを名乗っていた頃、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』に出演した際に海に転落。全く泳ぐことができず、その様子を見た司会者から「モンキー・マジックさんは泳げないので早く助けてあげてください」と声が上がるほどだった。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “条件付きで…デルフィンさんの覆面、議場でOK”. 読売新聞. (2012年9月24日). オリジナル2012年9月27日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/vk2ML 2015年8月4日閲覧。 
  2. ^ 2000年の東京ドームのライガー戦では入場用にライガーとデルフィンを混ぜ合わせたオーバーマスクを着用。こちらもデルイガーと呼ばれている。
  3. ^ a b c めんそ~れ!観光プロレス、はじめました。
  4. ^ 会社概要 沖縄プロレス公式サイト
  5. ^ 平成24年9月9日執行和泉市議会議員一般選挙結果”. 和泉市 選挙管理委員会事務局. 2012年9月24日閲覧。
  6. ^ “覆面レスラー市議誕生 大阪・和泉市”. 朝日新聞. (2012年9月9日). オリジナル2013年4月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/RfgmJ 2015年8月4日閲覧。 
  7. ^ “スペル・デルフィンが新団体「海鮮プロレス」旗揚げ エビルマンら参戦”. 東京スポーツ. (2015年7月22日). http://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/424848/ 2015年7月22日閲覧。 

外部リンク[編集]