カイル・オライリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カイル・オライリー
カイル・オライリーの画像
プロフィール
リングネーム カイル・オライリー
本名 カイル・グリーンウッド
ニックネーム ザ・マーシャル・アーティスト
身長 180cm[1]
体重 94kg[1]
誕生日 (1987-03-01) 1987年3月1日(32歳)[1]
出身地 カナダの旗 カナダ[1]
ブリティッシュコロンビア州の旗ブリティッシュコロンビア州デルタ
所属 WWENXT
スポーツ歴 ホッケー[2]
ラグビー[2]
フットボール[2]
レスリング[2]
柔術[2]
トレーナー アーロン・アイドル
スコッティ・マック
デイビー・リチャーズ
トニー・コジーナ
デビュー 2005年[1]
テンプレートを表示

カイル・オライリーKyle O'Reilly)のリングネームで知られるカイル・グリーンウッドKyle Greenwood1987年3月1日 - )は、カナダプロレスラーブリティッシュコロンビア州デルタ出身[3]

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

2005年にECCW(エクストリーム・カナディアン・チャンピオンシップ・レスリング)のリングでプロレスデビュー。

2007年6月16日、同団体が主催するトーナメント、パシフィック・カップに出場。決勝戦でスコッティ・マックトニー・コジーナトリプルスレットマッチで対戦。この試合に勝利を収め、同大会を優勝する。7月21日、アイスが保持するNWAカナディアンジュニアヘビー級王座に挑戦し、奪取。第26代王者に輝き、自身初のベルト戴冠となった。

ROH[編集]

2009年11月28日、DRAGON GATE USAに初参戦。ダークマッチアダム・コールと対戦し、勝利を収めた。また、同年よりROHに初参戦し、2010年9月13日より同団体の所属選手となる。所属後はコールとタッグを結成し、タッグ戦線に参入。2011年1月、ROHが主催するトーナメント、トップ・プロスペクト・トーナメントに出場。決勝までコマを進めるも、マイケル・ベネットに敗れ、準優勝に終わる。8月13日、コールとのタッグチーム名を「フューチャー・ショックFuture Shock)」と命名。

2012年1月7日、フューチャー・ショックを解消。デイビー・リチャーズをパートナーとした新チーム「チーム・アンビションTeam Ambition)」を結成。また、NWAスモーキーマウンテンに参戦した際には、同チームにトニー・コジーナを含めたトリオとして活動している。3月4日、ROH創立10周年記念興行、Young Wolves Risingのメインイベントに出場。チーム・アンビションとして、前タッグパートナーだったアダム・コール&エディ・エドワーズ組と対戦。39分以上に及ぶ激闘の末、敗北を喫した。6月24日、Best In The World 2012 Hostage Crisisにて、コールとハイブリッド・ファイティング・ルールで対戦したが、足4の字固めでギブアップ負けを喫する。その後、リチャーズはエドワーズとのタッグ、アメリカン・ウルブズを復活させ、アンビションとしての活動を終息する。12月16日、ROH年内最終興行、Final Battle 2012にて、ボビー・フィッシュとのタッグでウルブズと対戦したが、敗北を喫した。

2013年2月2日、フィッシュとのタッグチームを「レッドラゴンreDRagon)」と命名し活動。3月2日、ブリスコ・ブラザーズジェイ・ブリスコ&マーク・ブリスコ組)が保持するROH世界タッグ王座に挑戦。この試合に勝利を収め、第36代王者組に輝く。以降、7度の防衛に成功するが、7月27日、フォーエバー・フーリガンズロッキー・ロメロ&アレックス・コズロフ組)に敗れ、王座から陥落。8月17日、フーリガンズから勝利を収め、新たにタッグ王者となったウルブズの初防衛戦の相手として対戦。これに勝利を収め、第39代王者組に返り咲いた。8月30日、プロレスリング・ゲリラが主催するトーナメント、バトル・オブ・ロサンゼルスに出場。トレントACHドレイク・ヤンガーマイケル・エルガンを下し、優勝を収めた。

2014年3月8日、ヤング・バックスマット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組)に敗北を喫し、ROHタッグ王座を手放す。5月17日、ROHと新日本プロレスの合同興行、WAR OF THE WORLDSにて、ヤング・バックスが保持するROHタッグ王座に挑戦。腕ひしぎ逆十字固めでマットからギブアップ勝ちを収め、同王座に返り咲いた[4]。8月10日、新日本プロレスが主催する西武ドーム大会にレッドラゴンとして参戦。TIME SPLITTERSKUSHIDA&アレックス・シェリー組)が保持するIWGPジュニアタッグ王座に初挑戦したが、敗北を喫し奪取には至らなかった。11月8日、新日本プロレスの大阪大会でTIME SPLITTERSに再度挑戦し、勝利を収めて第39代IWGPジュニアタッグ王座を奪取した。

2015年1月4日、東京ドーム大会で、フォーエバー・フーリガンズ、ヤング・バックス、TIME SPLITTERSとの4WAYマッチを制し、IWGPジュニアタッグ王座の初防衛に成功した。2月11日、大阪大会にてヤング・バックス、TIME SPLITTERSとの3WAYマッチによる2度目の防衛戦に挑んだが、ヤング・バックスがTIME SPLITTERSからフォールを奪い、王座から陥落した。5月3日、福岡大会で、ヤング・バックス、ROPPONGI VICEとの3WAYマッチで王座奪還に挑んだが、ヤング・バックスがROPPONGI VICEからフォール勝ちし、王座奪取とはならなかった。

WWE[編集]

NXT[編集]

2017年8月2日、WWEの傘下団体であるNXTに登場。アリスター・ブラックと対戦。試合を通して両者が得意とする蹴り技の応酬になり、終盤にはジャンピングニーからアックスキックを決めるが、ブラックからすかさずブラックマスを決められ敗戦した[5][6]。11月18日、Takeover: War Gamesにてアダム・コール & ボビー・フィッシュと組んでオーサーズ・オブ・ペイン(アカム & レーザー) & ロデリック・ストロング、サニティー(アレクサンダー・ウルフ & エリック・ヤング & キリアン・デイン)とWCWで行われた金網に囲まれたリング2面で5分事にメンバーが追加される特殊ルールのウォー・ゲームで対戦。各レスラーが暴れまわる中、サニティー追加後には竹刀、スティールチェアー、スティールカンを投入してさらに混沌と化す。終盤にヤングがストロングにショーストッパーを仕掛けた隙を突いてコールが竹刀でヤングを殴打。そして最後にスティールチェアーを持ったヤングにシャイニング・ウィザードを決めて勝利した[7]。同月29日、NXTの収録にてNXTタッグ王座を保持するサニティーにフィッシュと組んで挑戦。セコンドに就いていたコールの助力を仰いで勝負を制し、王座を戴冠した[8]

2018年7月11日、NXTタッグ王座を保持するマウスタッシュ・マウンテン(トレント・セブン & タイラー・ベイト)にストロングと組んで挑戦。終盤にセブンと関節技の応酬となり、最後はダブル・ニーバーを極めるとコーナーよりベイトがタオルを投入してレフェリーストップで勝利。ベルトを奪取した[9][10]

得意技[編集]

クロスアームバー
ギロチンチョーク
アンクルロック
アルマゲドン
足取り式腕十字。主なフィニッシャー。
垂直落下式ブレーンバスター
ギロチンチョーク
三角絞め
オライリーファクター
相手の背後から左腕を相手の首に回し右腕を相手の股下から右脚を抱えつつクラッチする形のバックドロップ。フィニッシャーとして使用される。
ダブルアーム・スープレックス
相手をマットに叩きつけた後、そのままクラッチを離さずに三連発で放っていく。三発目はフェイスバスターに近い形で前に落とす。
ナイジェル
ナイジェル・マッギネスが使用するジョー・ブレイカー・ラリアットと同型。
アックス・アンド・スマッシュ
前屈みとなった相手の後頭部を足裏で蹴り、上半身を起こした相手の首元にすかさずエルボー・バットを放っていくコンボ技。
この一連の動作から、さらにバックドロップで繋ぐことも多い。
アームバー
ジャンピング・ハイ・ニー

合体技[編集]

チェイシング・ザ・ドラゴン
ボビー・フィッシュとの合体技でreDRagonの主なフィニッシャー。
オライリーがブレーンバスターの要領で相手を垂直に抱え上げ、その隙にフィッシュが逆さま状態になっている相手の後頭部にミドルキックを放ち、すかさずオライリーが垂直落下に相手を脳天からマットに突き刺していく。
フィッシュが相手を抱え上げる場合は、落とし方がフィッシュアローになる。

獲得タイトル[編集]

ROH世界タッグ王座を腰に巻くオライリー
NXT
w / ボビー・フィッシュ & アダム・コール & ロデリック・ストロング
w / ロデリック・ストロング
w / ボビー・フィッシュ
w / アダム・コール
新日本プロレス
w / ボビー・フィッシュ
w / ボビー・フィッシュ
ECCW(Extreme Canadian Championship Wrestling)
  • ECCW王座 : 1回
  • NWAカナディアンジュニアヘビー級王座 : 3回(第26、28、30代)
  • パシフィック・カップ 優勝(2007年)
HRW (High Risk Wrestling)
  • HRWタッグ王座
w / ボビー・フィッシュ
PWP(Pro Wrestling Prestige)
  • PWPタッグ王座
w / デイビー・リチャーズ
ROH
w/ ボビー・フィッシュ
PWG
  • PWG世界王座(第22代)
  • バトル・オブ・ロサンゼルス 優勝(2013年)

入場テーマ曲[編集]

  • Undisputed - 現在使用中
  • Lightning and Thunder
  • Prelude
  • Dance Away[2]
  • I'm Shipping Up to Boston / Dropkick Murphys

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 選手名鑑”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年11月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『週刊プロレス』2015年12月7日号増刊、プロレスラー写真名鑑号 2016、頁7。
  3. ^ Kyle O’Reilly”. Online World of Wrestling. 2017年6月14日閲覧。
  4. ^ ROH&新日本プロレス「WAR OF THE WORLDS」”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年11月1日閲覧。
  5. ^ WWE NXT Results – 8/2/17 (Kyle O’Reilly debuts, Gargano returns)”. Wrestleview.com. 2017年8月2日閲覧。
  6. ^ Kyle O'Reilly On His WWE NXT Arrival (Video), News For Next Week's NXT Episode, Sonya Deville Promo”. Wrestlinginc.com. 2017年8月2日閲覧。
  7. ^ NXT TakeOver WarGames Results – 11/18/17 (NXT Title, WarGames)”. Wrestleview.com. 2017年11月18日閲覧。
  8. ^ WrestlingInc.com (2017年11月29日). “** SPOILERS ** WWE NXT Tapings For December”. Marc Middleton. 2017年11月30日閲覧。
  9. ^ WWE NXT Results – 7/11/18 (Moustache Mountain vs. The Undisputed ERA headlines)”. Wrestleview.com. 2018年7月11日閲覧。
  10. ^ WWE NXT Results (7/11): Moustache Mountain Defends Against Undisputed Era, Kairi Sane In Action”. Wrestleview.com. 2018年7月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]