ヤング・バックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤング・バックス
 
左がニック、右がマット
タッグチーム
メンバー マット・ジャクソン
ニック・ジャクソン
名称
  • ヤング・バックス
  • ジェネレーション・ミー
  • ロス・ガリネロス
  • マット&ニック・ジャクソン
合計体重 412 lb (187 kg)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州モンテベロ
デビュー 2004年8月8日 (2004-08-08)
団体
トレーナー ロン・リベラ
マーティ・ジャネッティ

ヤング・バックスThe Young Bucks)は、アメリカ合衆国プロレスラーマット・ジャクソンMatt Jackson)とニック・ジャクソンNick Jackson)の兄弟で結成されるタッグチームカリフォルニア州モンテベロ出身。

来歴[編集]

2004年8月8日に兄弟揃ってデビュー。10月にHRW(High Risk Wrestling)に参戦。

2007年PWGPro Wrestling Guerrilla)、2008年DRAGON GATE2009年からChikaraROHRing of Honor)、DRAGON GATE USATNATotal Nonstop Action Wrestling)と転戦。TNAでは「ジェネレーション・ミーGeneration Me)」のタッグ名でTNA世界タッグ王座を巡り活躍した。

2013年10月25日、新日本プロレスに初参戦。「BULLET CLUB」の一員として、同日に開催されたSUPER Jr. TAG TOURNAMENTにエントリーして出場。一回戦のブライアン・ケンドリック & バレッタ組から勝利を収める。11月6日、二回戦で邪道 & 外道組を下し、決勝戦でフォーエバー・フーリガンズロッキー・ロメロ & アレックス・コズロフ組)と対戦。BULLET CLUBの介入を経てニックがコズロフからピンフォール勝ちを収め、初出場ながら初優勝を果たす[1]。11月9日、PPVであるPOWER STRUGGLEにてTAKAみちのく & タイチ組が保持するIWGPジュニアタッグ王座に挑戦して勝利。初挑戦ながら同タッグ王座を獲得した[2]

2014年1月4日、レッスルキングダム8にて、前王者組のTAKA & タイチ組、フーリガンズ、TIME SPLITTERSKUSHIDA & アレックス・シェリー組)を交えたIWGPジュニアタッグ選手権試合 4WAYマッチに出場。マットがタイチからピンフォール勝ちを収め、同王座初防衛に成功[3]。2月11日、THE NEW BEGINNING in OSAKAで、再び挑戦を表明してきたスプリッターズと対戦し、二度目の防衛に成功を収めた[4]

2016年8月21日、スーパーJカップの最終日有明コロシアム大会でモーターシティ・マシンガンズ相手にIWGPジュニアタッグ王座を防衛に成功、リング上でブリスコ・ブラザーズの持つIWGPタッグ王座に挑戦を表明、9月22日、DESTRUCTION in HIROSHIMAでタイトルマッチが組まれた、最後はマットがドゥームズデイ・デバイスでピンフォール負けを喫した。

2018年2月24日、『HONOR RISING:JAPAN 2018』にて、ヘビー級転向を宣言しゴールデン☆ラヴァーズに対戦要求をした。

得意技[編集]

合体技[編集]

メルッアードライバー
Nick Jackson 450.jpg
Young Bucks Double Leg Drop.jpg
モア・バング・フォー・ユア・バック
現在のフィニッシュ・ホールド。マットがローリング・ファイヤーマンズキャリー・スラムでコーナー付近に叩きつけた後、トップコーナー上で待ち構えていたニックが450°スプラッシュを放ち、続けざまにマットがムーンサルトプレスで相手をプレスする。
新日本参戦初期は「モア・バング・フォー・ヤング・バックス」「モアバング4ユアバック」等の名前でも表記されていた。
インディーテイカー
マットが相手をパイルドライバーに抱え、そこにニックが飛びつき叩きつける。スワンダイブ式450°で決めた場合はメルツァードライバー。
スワンダイブではなく第三者によるアシストを受けて放つと「モア・バング・フォー・ユア・ファック」という名称となる。
アーリー・オンセット・アルツハイマー
二人で連続してスーパーキックをして相手を尻餅を着かせ、尻餅をついたところに同時にスーパーキックを叩き込む、フィニッシャー。
インシンク
走ってきた相手を同時にアームドラッグで投げ捨てた後、後方倒立回転とびで尻餅をついた相手の正面に立ち、低空ドロップキックを放っていく。
ダブル・ロープハングDDT

獲得タイトル歴[編集]

AWS(Alternative Wrestling Show)
  • AWSタッグチーム王座 : 1回
Chikara
  • カンペオナートス・デ・パレッハス : 1回(第12代)
DRAGON GATE USA
EWF(Empire Wrestling Federation)
  • EWFタッグチーム王座 : 1回
FWE(Family Wrestling Entertainment)
  • FWEタッグチーム王座 : 1回
FSW(Future Stars of Wrestling)
  • FSWタッグチーム王座 : 1回
HOG(House Of Glory)
  • HOGタッグチーム王座 : 1回
  • HOGタッグチーム・トーナメント 優勝(2013年)
IWL(Insane Wrestling League)
  • IWLタッグチーム王座 : 2回
PWD(Pro Wrestling Destination)
  • PWDタッグチーム王座 : 1回
PWG(Pro Wrestling Guerrilla)
  • PWG世界タッグチーム王座 : 3回(第22、24、28代)
  • DDT4 優勝(2009年、2011年、2013年)
ROH(Ring Of Honor Wrestling)
新日本プロレス
2CW(Squared Circle Wrestling)
  • 2CWタッグチーム王座 : 1回
SCW(Squared Circle Wrestling)
  • SCWタッグチーム王座 : 1回
DDTプロレスリング

入場テーマ曲[編集]

  • Double Barrel[5]
新日本プロレス参戦後のテーマ曲。2013年11月 - 現在まで使用。
  • Generation Me / デール・オリバー
TNAで「ジェネレーション・ミー」の名義で活動していた時期に使用したテーマ曲。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Road to POWER STRUGGLE 第9試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月6日閲覧。
  2. ^ POWER STRUGGLE 第1試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2013年11月9日閲覧。
  3. ^ バディファイトPresents WRESTLE KINGDOM 8 in 東京ドーム 第1試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年1月4日閲覧。
  4. ^ THE NEW BEGINNING in OSAKA 第1試合”. 新日本プロレス公式サイト. 2014年2月11日閲覧。
  5. ^ ++ rmlabel official website ++ BIOGRAPHY

関連項目[編集]

外部リンク[編集]