デイビー・リチャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デイビー・リチャーズ
デイビー・リチャーズの画像
プロフィール
リングネーム デイビー・リチャーズ
本名 ウェスリー・デビッド・リチャーズ
ニックネーム フルメタル・ブルドッグ
新世紀の爆弾小僧
アメリカン・ウルフ
身長 173cm
体重 92kg
誕生日 (1983-03-01) 1983年3月1日(34歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州
所属 TNA
トレーナー トニー・コジーナ
デビュー 2004年
テンプレートを表示

デイビー・リチャーズWesley David "Davey" Richards1983年3月1日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーTNA所属。

来歴[編集]

トニー・コジーナのコーチを受け、2004年6月にプロレスデビュー。主に西海岸の独立系団体を渡り歩き、PWGでは2005年10月に、スーパー・ドラゴンとのコンビでPWGタッグ王座を獲得した。

2006年4月8日、アメリカの独立系団体で活動する若手の登竜門とされるECWAスーパー8トーナメントに出場。チャーリー・ハースら強豪を次々と破って優勝し、一躍スターダムにのし上がる。

2006年5月にPWGタッグ王座を失うものの、同年9月3日にPWGで開催されたバトル・オブ・ロサンゼルス2006トーナメントでCIMAを破って初優勝。日本でもその名前が知られるところとなる。

2006年6月3日、ジミー・レイヴ戦でROHに初出場。以後、レギュラーとして継続参戦を果たした。同年8月5日には待望のKENTA戦が実現し、敗れたものの高い評価を得た。

2007年初頭、ロドリック・ストロング率いるユニットノー・リモーズ・コープスへの加入に伴いヒール・ターン。以後、主にロッキー・ロメロとのタッグで活躍し、2008年にはROH世界タッグ王座を獲得した。

2007年7月、プロレスリング・ノアに参戦。ブライアン・ダニエルソンとのコンビで日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に参加した。2008年も同ジュニアヘビー級タッグリーグ戦にダニエルソンと出場した。

2009年にはエディ・エドワーズアメリカン・ウルブズなるタッグチームを結成してROH世界タッグ王座を奪取。

2010年新日本プロレスベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに参戦し以降、新日に継続出場していた。

2011年10月10日、ロッキー・ロメロとのタッグチーム「ノー・リモーズ・コープス」でApollo55プリンス・デヴィット田口隆祐組)からIWGPジュニアタッグ王座を奪取。

2012年1月4日、東京ドーム大会のIWGPジュニアタッグ戦でApollo55のリマッチに敗北。同王座から陥落するも、リマッチ権を行使。2月12日の大阪大会でApollo55に勝利しIWGPジュニアタッグ王座を奪還する。

3月10日名古屋大会、プリンス・デヴィットが保持するIWGPジュニアヘビー級王座に一昨年12月、昨年11月と通算3度目の挑戦、同じ相手だったがブラディサンデーで敗れた。5月、アメリカに帰国中、交通事故に巻き込まれ負傷、同月3日の福岡大会で予定されていたIWGPジュニアタッグ戦が中止となり、同王座を返還(返還式ではパートナーのロメロが菅林社長に返還する)。また、同月5日と6日に予定されていた試合も欠場、出場予定だったBEST OF THE SUPER Jr.ⅩⅨの全戦欠場となってしまう事となった。

2014年1月、エディ・エドワーズと共にTNAと契約して入団。ジ・ウルブスThe Wolves)のタッグ名で活動を開始。TNAと提携するWRESTLE-1にも参戦。

得意技[編集]

14:59
現在の主なフィニッシュ・ホールド。通常のキーロックに加え、相手の首に脚を引っ掛けて締め上げる。
D.R.ドライバー
ダブルアーム式パイルドライバー。トップロープから雪崩式に放つこともある。近年はあまり使用されていない。
D.R.ドライバーII
垂直落下式ダブルアーム・ブレーンバスター。現在のフィニッシュ・ホールドのひとつであるが、三沢光晴の使用するタイガードライバー'91と形が似ているためか、ノア参戦時には使用を控えている。
シューティングスタープレス
シャープ・シューター
Go 2 Sleep 2.0/アラーム・クロック
ミリタリー・プレスの要領で相手をリフトアップし、落下してきた相手の顔面や胸元に蹴りを放つ。ROHにおけるKENTA戦後、繋ぎ技として使用し始めた。
ダイビング・ヘッドバット
かつてのダイナマイト・キッドを彷彿させる技。
ホース・カラー(マフラーホールド)
ダメージ・リフレックス
ロープを逆立ちするようにバウンドし、その反動を利用して相手に延髄斬りを放つ。
ツームストーン・パイルドライバー
ランニング・エルボースマッシュ
トペ・スイシーダ
各種スープレックス
テキサスクローバーホールド

合体技[編集]

コントラクト・キラーズ
ロッキー・ロメロとの合体技で、大一番で行う。リチャーズがアルゼンチンバックブリーカーで相手を固定し、ロメロがリチャーズの固定している相手の首又は顔面目掛けてトップロープからのスワンダイビング式ニードロップを食らわせる。

獲得タイトル[編集]

ROH
w / ロッキー・ロメロ : 1回
w / エディ・エドワーズ : 2回
新日本プロレス
w / ロッキー・ロメロ

他、アメリカのインディー団体を中心に多数のタイトルを獲得。

外部リンク[編集]