テキサスクローバーホールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テキサス・クローバー・ホールド

テキサス・クローバー・ホールドTexas Clover Hold)は、プロレス技の一種である。日本名は四つ葉固め(よつばがため)。テキサス・クローバー・リーフTexas Clover Leaf)、テキサス式四つ葉固め(テキサスしきよつばがため)とも呼ばれる。

概要[編集]

テリー・ファンクのオリジナル技。仰向けに寝ている相手の左足を右のわきの下に抱え込み、相手の右足のすね部分を膝裏にあてる形にして自分の両手をその下からくぐらせて相手左足の太腿の上で両手をクラッチする(足4の字固めの曲げたほうの足が下にきている状態)。そのままステップオーバーして逆エビ固めをも極める。両手をクラッチせずに右腕で足首を極めた状態のままにする場合もある。

ディーン・マレンコも使用しており、マレンコの親友だったエディ・ゲレロもキャリア晩年に使用していた。また、シェイマスデイビー・リチャーズ天龍源一郎越中詩郎小橋建太棚橋弘至が使用。

派生技[編集]

トライアングル・スコーピオン
三角式サソリ固めサソリ式地獄固めとも呼ばれる。木村健悟のオリジナル技。相手の足のロックはそのままに、クロスした足を自分の股でロックする。デスロックの状態が深く極まる。
ゴリラ・クラッチ
近藤修司のオリジナル技。仰向けにダウンした相手の両足をテキサス・クローバー・ホールドのように組み、うつ伏せにひっくり返して極めて腕を差し込む位置が前後逆になる。