近藤修司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
近藤 修司
近藤 修司の画像
プロフィール
リングネーム 近藤 修司
ドッティ修司
コンドッティ修司
本名 近藤 修司
ニックネーム 最凶キングコング
身長 173cm
体重 103kg
誕生日 (1978-01-21) 1978年1月21日(39歳)
出身地 静岡県富士市
所属 WRESTLE-1
スポーツ歴 ラグビー
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 2001年5月18日
テンプレートを表示

近藤 修司(こんどう しゅうじ、1978年1月21日 - )は、日本プロレスラー

経歴[編集]

闘龍門 - エルドラド[編集]

東海大学付属第一高等学校(現:東海大学付属翔洋高等学校)、国際武道大学時代はラグビーに明け暮れた。高校3年生時の1995年度にはCTBのレギュラーとして花園に出場している。この時、静岡県予選の決勝戦でCTBの対面だったのが後の日本代表WTBである小野澤宏時であった。大学卒業後にプロレス界入りして闘龍門の8期生として入門。

2001年5月18日、対小川内潤戦でデビューを果たす。T2Pメンバーとして日本マット逆上陸。T2P興行でミラノコレクションA.T.から勧誘されイタリアン・コネクションに入る。その際に、苗字の近藤からイタリアにあるコンドッティ通りにかけて、リングネームがイタリア風の「コンドッティ修司」となる。T2Pと闘龍門JAPANの抗争後、日本人宣言を行ったイタリアン・コネクションだったが、ベビーターンするユニットを"brother"YASSHIと共に拒否し、はぐれ軍団として活動する。その後、大鷲透菅原拓也らと悪冠一色を結成し、DRAGON GATEマットで人気を集めるが、2004年に素行不良としてDRAGON GATEを解雇されてしまった。T2P以降の闘龍門卒業生で立ち上げたdragondoorでリング復帰し、プロレスリングElDoradoと名を変えたリングを主戦場とする。さらに、全日本プロレスヒールの集団VOODOO-MURDERS(以下「VM」)のメンバーとして暴れた。

2005年10月22日、TAKAみちのくを破り世界ジュニアヘビー級王座を奪取。以降も防衛を重ねて、2006年8月27日に全日本プロレス・ジュニアヘビー級の実力者・カズ・ハヤシにも勝利し、ジュニア版絶対王者の地位を築き上げた。

また、9月17日には小島聡と対戦し敗北するも互角に渡り合い高い評価を受けた。近藤は一時は渕正信の防衛記録(14回)を抜くかと思われる勢いを見せていたが、2007年2月17日両国国技館における中嶋勝彦との防衛戦に24分25秒、ジャーマン・スープレックス・ホールドで敗れ王座から陥落。2007年7月のジュニア・ヘビー級リーグ戦では決勝でクリス・セイビンに敗れるものの、準優勝となった。

全日本プロレス入団[編集]

2008年9月29日、プロレスリング・エルドラドを退団し全日本プロレスに正式入団を発表、同時にVMと決別した。

経緯については9月28日の全日本横浜大会、世界ジュニア王座戦にて王者である土方隆司が挑戦者の丸藤正道(プロレスリング・ノア)に破れ、ベルトが他団体へと流出した。それまでベルトにはあまり興味を示していなかった近藤だったが、この事態に「全日本所属としてベルトを奪還したい」と宣言し、入団したものである。

10月1日は、全日本プロレス台湾大会のPRのため現地でカズとのデモンストレーションマッチを行った。

11月3日両国大会で、GHCジュニアヘビー級王座、世界ジュニアヘビー級王座ダブルタイトル戦をKENTAを相手として時間切れ引き分け防衛した丸藤に挑戦した。このことは全日移籍後数日で決まっていたことであり、会社が近藤にかける期待はかなり大きいものであった。そして両国大会で満を持して丸藤と対戦したが、結果は惜しくも近藤が敗れてしまった。なおこの試合は2008年のプロレス大賞ベストバウトにも選ばれた。

餃子の王将プレゼンツジュニアヘビー級リーグ2009の決勝でスペル・クレイジーを得意のキングコングラリアットで破り、優勝を果たした。

ディストラクション結成[編集]

また、2008年世界最強タッグ決定リーグ戦には近藤のVM時代から馬が合い相性もよかった諏訪魔とのタッグで出場が決定、3年ぶりに最強タッグのリングを踏みしめる。天コジに対抗してか、「スワコン」とも言われるようになった。

最強タッグ公式戦3日目の後楽園ホール大会では、熱闘の末に小島からキングコングラリアットでのフォールを奪った。ジュニアヘビー級でありながら、ヘビー級選手顔負けの近藤の強さを再確認させられた試合であり、試合終了後は後楽園の観客が大爆発ともとれる歓声を送った。しかし、リーグ戦は9点で決勝進出一番乗りを果たしたものの、テンコジも同点で決勝戦を迎え、ラリアットで後楽園での雪辱を果たされ準優勝に終わった。

2009年からは、諏訪魔とのタッグチームで世界タッグを狙った。そのためにチーム名を「ディストラクション」(英語で「破壊」という意味)とし、精進している。

2009年上半期は全日本プロレスに参戦しているに何度も負け続け、「負け癖が付いている」といつになく弱気であった。 しかしジュニア・ヘビー級リーグ戦決勝戦にて稔を準決勝で破ったスペル・クレイジーに十八番のキングコングラリアットで突破、見事初優勝を果たした。

2011年、GAORA主催のスーパーファイト2011にて、近藤、KAI vs 土井谷嵜が組まれ、7年振りにDRAGON GATE勢と接触した。

ジュニア三強の一角[編集]

世界ジュニアヘビー級王座が稔の手に移った際に、いの一番に挑戦表明。2011年2月11日、カズ・ハヤシとの次期挑戦者決定戦を、元世界ジュニア王者渕より伝授された「逆片エビ固め」で突破。3月21日両国国技館大会にて王座に挑戦したが、惜しくも敗れた。

この頃から、世界ジュニア王者の稔が提唱した『全日ジュニア三強時代』の一角を担う存在として数えられる。

2011年12月25日の沖縄大会試合後にプロレスリング・ノアへの参戦を名言、翌年2012年1月15日のノア後楽園ホール大会に大和ヒロシとのタッグで第一試合に登場した(この日は、全日本プロレスの山梨大会も控えていたため、ダブルヘッダーとなった)。 試合では、丸藤とリッキー・マルビン組が相手で、マルビンをキングコングラリアットで圧倒し試合後にはGHCジュニアヘビー級タッグ王座への挑戦を宣言した。

2012年2月3日の後楽園ホール大会で、世界ジュニアヘビー級王座保持者のケニー・オメガから指名を受け3月20日の両国大会で挑戦するも、最後はケニーの「片翼の天使」の前に敗戦した。

2012年9月29日後楽園ホール大会、金丸義信が保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦しキングコングラリアットで金丸に勝利し第25代王者となった。

2013年1月2日後楽園ホール大会において、大和ヒロシが保持する世界ジュニアヘビー級王座とのダブルタイトルマッチにキングコングラリアットで勝利し第34代世界ジュニアヘビー級王座になると同時に、史上初のGHCジュニア・世界ジュニアの二冠王となる。[1]

2013年6月30日の両国国技館大会を最後に、全日本プロレスを退団した。

2017年3月27日、4月1日よりWRESTLE-1の取締役副社長に就任することを発表[2]

タイトル歴[編集]

WRESTLE-1
全日本プロレス
在位中の週刊プロレスのインタビューではSUWAとの防衛戦を強く希望していた。また渕正信との対戦も執拗に要求していたが、渕には「13回防衛(世界ジュニアにおける最高防衛記録は渕の14回)したら考えてもいい」とその要求を軽くあしらわれ、結果的にどちらも実現しないまま王座を中嶋勝彦に明け渡した。ヘビー級への転向も囁かれているが、近藤は過去に「ジュニア王者のまま三冠も獲得したい」旨の野望をインタビューで語っており、再挑戦のタイミングを狙っている模様。しかし2007年6月に行われたジュニアリーグで決勝戦進出を決めた直後のコメントでは『優勝して、中嶋のベルトには挑戦しない』と言っていた。
当時の王者であった土方が挑戦者の丸藤に敗れ団体外へベルトが流失した際に、近藤は全日本代表としてベルト奪還を決意し全日本入団を決めた。
プロレスリング・ノア
プロレスリングZERO1
闘龍門JAPAN
第27代…コンドッティ修司として
プロレス大賞
  • 最優秀タッグチーム賞:2006年(VOODOO-MURDERSとして)

得意技[編集]

高校、大学時代にラグビーで鍛えた肉体を生かしたパワーファイトが特徴。階級がジュニアであるにもかかわらず、ヘビー級の選手も投げきるほどの力を持つ。大一番では、普段は見せないルチャをやることがある。

キングコングラリアット
ラグビーで鍛えた突進力を生かした強力無比なフィニッシュ技。全身を浴びせ倒すように叩き付ける。
ランサルセ
牛の突進の意味。コーナーからスピアーの要領で相手をキャッチし、スパイン・バスターのように叩きつける技。フットボールタックルそのものであり、軽量の対戦者を中心に失神者が続出した強力な技である。仕掛ける前にはコーナーで足を踏み鳴らして観客をあおる。バリエーションとして、相手の背後から仕掛ける「リバース式」カウンターで相手を掴んで「旋回式」で叩きつけるパターン等がある。
オーバードーズ
カナディアンバックブリーカーから相手を180°回転させてパイルドライバーに移行する新必殺技。
シューティングスタープレス
カズ・ハヤシとの世界ジュニアヘビー級戦で初披露。
ザ☆オリジナル
走ってきた相手を上空へ放り投げておいて自分は反転、そして相手をキャッチしてからオクラホマ・スタンピードの様に叩き付ける技。近藤のジュニアらしからぬパワーを遺憾なく見せ付ける技である。カズ・ハヤシとの世界ジュニアヘビー級タイトルマッチでは断崖式、中嶋勝彦との世界ジュニアヘビー級タイトルマッチでは本来叩きつけるところをファイヤーサンダーで落とした。英語風に言うならば☆オリジナルとなるところではあるが、問題とはなっていない。しかしスポニチなど一部のマスコミでは「ジ・オリジナル」と書かれることがある。
ホエールハント
ブレーンバスターの要領で抱え上げた相手の体勢を反転させ、そのまま前方に自身の身体を浴びせながら叩き付ける。近年では通常のリバース・ブレーンバスターの形をこの名称で呼ぶこともある。
KUBINAGE(クビナゲ)
スタンディングでのフライングメイヤー。背後に回った相手の頭を掴み、無理やり前方に叩き付ける。ヘビー級の小島や太陽ケアも投げきった、やはりジュニア離れのパワーを見せ付ける技である。
ジャックハマー
T2P時代に使用。持ち上げる前に「ジャックハマー!」と宣言していた。
ゴリラクラッチ
腕の差し込み方が前後逆のテキサスクローバーホールドに胴締めを加えた関節技。スタンディングで行う時は「ゴリラ・クラッチ寝るまでもない」になる。スタンディングから相手の足を固めたままジャイアントスイングのように力任せに振り回すパターンもある。T2P時代に開発されたジャベの一種で、現在でも継続的に使用している数少ない技の一つ。
キャッツクレイドル
四の字に交差させた相手の足を自身の首に巻き付けて締め上げる変形のマフラーホールド。
グリフォン
ケブラドーラ・コン・ヒーロの要領で抱え上げた相手の片脚を自身の片膝に引っ掛け片膝をつき、両腕をロックして背骨と片膝を極める変形のバックブリーカー。ハイジャック・バックブリーカーとゴリー・スペシャルの中間のような技。
吊り上げコブラ
相手を両膝の上に乗せたままコブラツイストを極める荒技。
吊り下げスリーパー
コーナーポスト上段に腰掛けた状態でスリーパーホールドを仕掛けて宙吊り状態にする。WWEトリプルHがかつて使用していた技と同型。
スイングスリーパー
スリーパーホールドに捉えた相手を豪快に振り回す技。
逆片エビ固め
2011年2月、対カズ・ハヤシ戦(世界ジュニアヘビー級次期挑戦者決定戦)の決まり手、本人いわく「渕正信直伝」[3]
シャイニング・ウィザード
2008年11月3日、両国大会の丸藤戦(世界ジュニアヘビー級戦)で初使用。その後ほとんど使用していない。
ドラゴンスクリュー
こちらも対丸藤戦で初披露された。脚攻め技としてその後も使用し続けている。
"brother"YASSHIとの合体技
ビッグヘッドトレイン
近藤がYASSHIを肩に担いで、YASSHIの大きな頭をぶつける。モデルは漫画キン肉マンでバッファローマン&モンゴルマン組が見せた「ロングホーン・トレイン」から。
ビッグボーイ
近藤がパワーボムで抱えた相手にYASSHIがコーナーからバッド・ボーイ(ダイビング・ヘッドバット)を仕掛ける。
バビロン
近藤の肩にYASSHIが駆け上がり、アイコノクラズムの要領で相手にYASSHIを叩きつける技。
ペニスカッター
サイドバスターの状態で抱え上げた相手の首目掛けてYASSHIがコーナーからギロチンドロップを仕掛ける。
大鷲との合体技。
龍原砲
龍原砲(天龍源一郎&阿修羅・原組)が得意としていたサンドイッチ式ラリアット→サンドイッチ式延髄斬りの連続連携技。偶然にも大相撲出身(大鷲)、ラグビー出身(近藤)という経歴は龍原砲に共通する。

ファイトスタイル[編集]

  • 闘龍門ではビル・ゴールドバーグを模したギミックでジャックハマーを多用していたが、イタリアン・コネクション以降はあまり使わなくなっている。
  • 闘龍門・DRAGON GATE時代及びVM加入初期の頃はDRAGON GATEのスタイル上、相手の技を徹底的に返すスタイルが特徴で、反則行為や場外戦をよく行っていたが、VM脱退前・全日本プロレス本隊に加入してからは以前とは逆に相手の技を受け、返し技もより豪快な技を繰り出すなど変化している。そのため全日ファンのみでなく他団体のファンからも彼に対するプロレス評価は高い。

リングネーム[編集]

近藤修司
本名。デビュー当初と悪冠一色時代から現在も使用中。
コンドッティ修司
イタリアン・コネクション時代に使用。ローマコンドッティ通りからミラノコレクションA.T.に勝手に命名される。
ドッティ修司
はぐれ軍団(仮)時代に使用。悪冠一色結成後、本名に戻す。

入場テーマ曲[編集]

エピソード[編集]

  • プロレス界に入ってから初めてバーベルの正しい持ち方を知った。それまでは100kgのバーベルを力任せに地面に置いた状態から一気に頭の上まで持ち上げていた。そのナチュラルパワーは2トントラックを引っ張ることが出来るほどのものである。
  • プロテインを飲まず、ひたすら毎日5食、肉を食べることで筋肉を作った。その肉への執着はCIMAが紙のプロレス(現kamipro)のインタビューで、近藤のことに触れて「彼(近藤)はメキシコでは犬の肉を食べていた」(要旨)と証言したほどである。
  • 趣味は大学時代暇つぶしにやり始めたDTM(ただし「譜面はほとんど読めない」と語っている)。他に、お笑いが好きである。
  • コスチュームやファイトスタイルのモデルとなっているのは超合金戦士ことアルティメット・ウォリアーである。
  • 2011年3月11日に発生した東日本大震災当日、全日本プロレスは石巻市で興行を行う予定だった。近藤は移動のため仙石線石巻行き快速電車に乗車していた。近藤が乗車いていた快速電車は野蒜駅手前で緊急停止し、停止直前に脱線したが、津波の被害は免れた。乗客は近藤を含めて全員無事であったが、その後の運転が不可能となったため、近藤は列車内で一夜を明かした。野蒜駅ですれ違う列車が津波に押し流されて脱線したあおば通行きの普通列車だったため、近藤は間一髪のところで難を逃れた[4]。事故の詳細は東日本大震災による鉄道への影響#在来線も参照。

脚注[編集]

  1. ^ 近藤が世界ジュニア&GHCジュニア二冠王に スポーツナビ
  2. ^ カズ新社長が誕生、武藤は会長職に GENスポーツエンターテインメントが新人事を発表ぼくらのプロレス
  3. ^ 週刊プロレス2011年3月2日号
  4. ^ 『想い出のプロレス会場物語』P112 - P113 ベースボール・マガジン社(2016年)

外部リンク[編集]