プロレス技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロレス技(プロレスわざ)とは、プロレスの試合で使用される技のことである。また相手を攻撃するための技だけでなく、試合を行う上での技術(#試合技術参照)も含める場合もある。

概要[編集]

プロレス技はプロレス独自のものが主流だが、使用される技の自由度は高く、様々な格闘技の要素を吸収して成長したジャンルでもあるため、現在のプロレスでは多種多様な技が見られる。

プロレスの世界では、技を受けて見せることで観客を盛り上げるエンターテインメント性も要求されるため、多くの格闘技とは異なり相手に与えるダメージよりも見栄えを優先した技が多数存在する。それ故、プロレス技の全てが実際の格闘術として有効であるわけではない。このことは「プロレスは格闘技ではない」と言われる理由の1つとなっている。

プロレスは、その起源として古代ローマのパンクラチオンから古代レスリングを経て現在に至っているため、それらから連綿と引き継がれてきた技術が多数存在する。そういった技術はフリースタイルやグレコローマンの近代レスリングとして確立される際に、あるものは洗練され、あるものは捨てられていった。プロレス技はそうして残ったキャッチレスリング技術をベースとし、伝承の過程で日本の大相撲柔道空手、タイのムエタイ、ロシアのサンボ、日本を起源としブラジルに渡って普及した柔術などの異種格闘技から投げ技スープレックス)、打撃関節技などが流用されて現在に至っている。またそれらの技を源泉としたり、ヒントを得たプロレスオリジナルの技も数多く存在する。 プロレスの性質上、攻撃として意味のない見せ掛けだけの技や、対戦相手の協力があって初めて成立する技、危険であるため手加減して繰り出される技も非常に多い。

プロレス技は、主に以下の8つの基本カテゴリーに分類できる。

  1. 打撃技
  2. 投げ技
  3. 関節技
  4. 絞め技
  5. 飛び技
  6. 浴びせ技
  7. 押さえ込み(フォール)技
  8. 以上に当て嵌まらない特殊な技

当初はそれぞれの技を個別に仕掛け最後にフォール、もしくはギブアップを狙う攻防が主だったが、近代プロレスは、投げ技と固め技、投げと関節技、飛び技と打撃技、飛び技と固め技など、それぞれの特徴を融合したプロレス技が多数存在している。またこれらに加え、

  1. 雪崩式 - コーナーに相手を上らせてから見舞う
  2. 串刺し式 - コーナーにもたれている相手に仕掛ける
  3. 断崖(奈落)式 - エプロンから場外に向かって技を掛ける
  4. ツープラトン(合体)式 - タッグマッチにおいてパートナーと協力し技を仕掛ける

等、自分や相手の状況により仕掛ける技も次々に開発されている。

関節技や絞め技のようなギブアップを狙う技は「サブミッション・ホールド(極技)」総称される。さらに、そのレスラーの必殺技、得意技のことを「フィニッシュ・ホールド」、または「フィニッシャー」、「フィニッシュ・ムーブ」という。

技の名前が違うが他の選手が使う技と形が同じということがある。かつて他人の持ち技を他の選手が使用してはいけないという暗黙の了解が存在していて、使う場合は“掟破りの技”というように呼ばれていた。そのため、持ち方を変えたり技に入る前に独自に動作を入れたり、技の名前を叫ぶといったことをすることで別の技ということを主張して堂々と使用している。最近は暗黙の了解と言うものが自然と消滅して、堂々と使用する選手が増えて(もともと使ってはいけないという決まりではなく、罰則も存在しない)いるが、持ち方を工夫する・技の前に動作を入れるということで選手たちは自己アピールを行っている。

打撃技[編集]

打撃技には以下の3種類が存在する。

  1. キックやパンチ、チョップ等、主に自分の体の一部を使って打撃を加える
  2. 相手を抱え上げてから膝などの自分の体の一部に叩きつけてダメージを与える
  3. 相手の体の一部を掴み、自分の体を投げ出した勢いで相手をリングに叩き付ける(捨て身技)

体の一部を使っての打撃[編集]

頭による代表的な打撃技
手・腕・肘による代表的な打撃技
プロレスでは通常、拳を握って相手を殴ることは反則であるが、5カウントまでは反則は取られないのでしばしば試合中に使用される。一方でムエタイと同じく、肘を使った打撃技が認められている数少ない格闘技である。


足による代表的な打撃技
プロレスにおけるキックは足の甲、足裏、脛、膝、腿などで行う。特に片膝を立てて屈んだ状態の相手にその膝を踏み台にして仕掛ける打撃技を、技の元祖である武藤敬司シャイニング・ウィザードの名前から「シャイニング-」と呼ぶ。


肩による代表的な打撃技
尻による代表的な打撃技
  • ヒップアタック
  • スティンクフェイス

打ち付け技[編集]

一度持ち上げた相手を、自分の体の一部に打ち付ける。もしくは相手の体の一部を自分の体に固定し、自分が体を地面に着くことによって衝撃を与える。

代表的な技
  • ショルダー・アームブリーカー(腕折り)
  • アトミック・ドロップ(尻砕き)
  • ネックブリーカー(首砕き)
  • チンクラッシャー(顎砕き)
  • ココナッツ・クラッシュ(椰子の実割り)
  • スタナー


捨て身技[編集]

倒れ込み技ともいう。後述の投げ技にも分類される。相手の体の一部を掴み、自分の体を投げ出した勢いで相手をリングに叩き付ける。

代表的な技

投げ技[編集]

投げ技にはいくつかの種類があり、それぞれ投げられる時の状況で付けられる名称がある。

  1. 身体を抱えて投げる(-スラム)
  2. 後方から組み付いて背後へ反り投げる(-スープレックス
  3. 前方から組み付いて背後に反り投げる(-サルト、-スープレックス)
  4. 持ち上げて頭頂部から落とす(-ドライバー、-バスター)
  5. 持ち上げて前方向に後頭部から背中を落とす(-ボム)
  6. 身体の一部を掴んで放り投げる(-ホイップ)
  7. 特殊な投げ(足を使って投げる、特殊な状況下を利用して投げる)

ただしこれらはあくまで目安であって、厳密に分けられているわけではない。また技によって固有名を与えられているものもある。

代表的な技は以下の通り。

身体を抱えて投げる[編集]

主に相手を抱えて背中方向から投げ落とす技。

代表的な技

後方から組み付いて背後へ反り投げる[編集]

主にレスリングの後ろ反り投げ(スープレックス)から派生する技。

代表的な技

前方から組み付いて背後に反り投げる[編集]

主にアマチュアレスリングの反り投げから派生する技。

代表的な技

頭頂部・顔面から落とす[編集]

主に相手を頭頂部や顔面から垂直に叩き付ける投げ技。総じて威力が大きいのでフィニッシュに結びつく場合が多い。

代表的な技

前方向に後頭部から落とす[編集]

スタンプ・ホールドと呼ばれる系統の投げ技。主にパワーファイターがフィニッシュ技として使用する場合が多い。

代表的な技

相手の身体の一部を掴んで放り投げる[編集]

身体の一部を腕で取って投げる技。主に試合序盤の攻防に使われることが多い。

代表的な技

特殊な投げ[編集]

足を使って投げたり、相手が特殊な状況下にある時を利用して投げる技。

代表的な技
  • ウラカン・ラナ
  • フランケンシュタイナー
  • コルバタ(人工衛星ヘッドシザース・ホイップ)
  • アストロシザース
  • ヘッドシザース・ホイップ
  • モンキーフリップ
  • ショルダースルー
  • リバース・スープレックス

関節技[編集]

テコの原理を応用し、相手の逆関節を極め、ギブアップを狙う。仕掛ける体の部位によって様々な技が存在する。

  1. 肩・腕関節技
  2. 足関節技
  3. 首関節技
  4. 腰関節技

そしてこれらを複数合わせた複合関節技が存在する。

肩・腕関節技[編集]

代表的な技

足関節技[編集]

代表的な技

首関節技[編集]

代表的な技

腰関節技[編集]

代表的な技

複合関節技[編集]

代表的な技

締め技[編集]

腕や足の力を利用し、相手を締め上げて、ギブアップを狙う。仕掛ける体の部位によって様々な技が存在する。一見関節技と似ているが、体の特定部位を締め上げることによる血流の遮断や靭帯へのダメージを目的としている。なお、首を固めて、頸動脈気管(プロレスでは反則)を圧迫する技は「め技」と呼ぶ。

頭部への締め技[編集]

代表的な技

首・肩への絞め技・締め技[編集]

代表的な技

足への締め技[編集]

代表的な技

胴への締め技[編集]

代表的な技

複合締め技[編集]

代表的な技

飛び技[編集]

飛び技は、主に以下の3種類に分けられる。

  1. フライング式
  2. ダイビング式
  3. スワンダイブ式

フライング式[編集]

ロープワーク、もしくはその場飛びで仕掛ける飛び技。

代表的な技

ダイビング式[編集]

主にコーナートップからリング上または場外の相手に向かって仕掛ける飛び技。場外への飛び技は、主にメキシコで独自に発達したプロレスである「ルチャリブレ」において(もしくはメキシコでプロレスを学んだレスラーによって)開発された技である。

代表的な技
代表的な場外への技

スワンダイブ式[編集]

エプロンサイドからトップロープに飛び乗り、ロープの反動をつけてリング内の相手に向かって仕掛ける飛び技。白鳥が湖面から飛び立つ様に似ていることからこう呼ばれる。当時ワールドプロレスリングで実況を務めていた辻よしなり大谷晋二郎のスワンダイブ式ミサイルキックをそう呼んだことに起因する。英語圏ではスプリングボード式と呼ぶ。

代表的な技

浴びせ技[編集]

自分の体重を浴びせて相手にダメージを与える技。主に重量級レスラーが得意とする。コーナーを使い落差を高めたダイビング式に派生できる技が多い。

代表的な技


押さえ込み技[編集]

ピンフォールを狙いに行く技。

代表的な技
  • 体固め
  • エビ固め
  • 片エビ固め
  • バックスライド(逆さ押さえ込み)
  • スクールボーイ(横入り式エビ固め)
  • スモールパッケージホールド(小包固め、首固め)
  • ジャックナイフ式エビ固め
  • ローリングクラッチ・ホールド(回転エビ固め)
  • ローリング・クレイドル(揺り椅子固め)
  • ウラカン・ラナ・インベルティダ(高角度後方回転エビ固め)

特殊な技[編集]

プロレスならではの特殊な技がある。

相手を掴んで回し、三半規管のマヒを狙う
相手からテイクダウンを奪う
相手の視界を奪う
  • 毒霧
  • ビッグファイヤー(火炎攻撃)
挑発技、恥辱技

雪崩式[編集]

相手をコーナートップに座らせた、あるいはコーナートップで立った相手に対して仕掛ける技。より高角度から見舞うことから雪崩式と名付けられた。雪崩式以外のバリエーションが存在しない技、オリジナルのネーミングがある技の頭に「雪崩式」が付くことはない。英語圏では雪崩式のスープレックス系の技を総称して「スーパープレックス」(Superplex)と呼ぶ。またほとんどの技が自分も同体でリングに落下するのだが、自らの両足をロープに引っ掛けて、自らは落下のダメージを負わないようにする派生技は「スパイダー式」と呼ばれる。また自らはリングに居る状態で仕掛ける技も存在する。

代表的な技

断崖式[編集]

奈落式とも呼ぶ。コーナートップやエプロンサイド、花道にいる相手を場外に落とす技。1990年代の全日本プロレスで行われていたいわゆる四天王プロレスにおける試合の攻防の最中に生み出された。コーナートップから落とすタイプのみを断崖式とし、エプロンサイド、花道から落とすタイプを奈落式と区別することもある。着地の際の衝撃を吸収出来ないために、仕掛けられた相手は大きなダメージを追う。詳しくは断崖式を参照のこと。

代表的な技

串刺し式[編集]

コーナーにもたれた相手に対して走りこみながら仕掛ける技。ほとんどが打撃技。

代表的な技
「走りこみ」を伴わない技
  • 顔面ウォッシュ(走りこんで仕掛けることもある)
  • カーフ・ブランディング(子牛の焼印押し)

ツープラトン[編集]

主にタッグマッチで二人がかりで仕掛ける合体技のこと。

代表的な技

試合技術[編集]

ロープ・ワーク[編集]

リングの四方に張られたロープに向かって走り、背中からロープに当たり、そのバウンドを利用して走ること。試合前にロープ間を数往復するパフォーマンスを行う選手もいる(ウォーミングアップも兼ねている)。

プロレスにおける基本技術の一つで、プロレス団体入団後、何度もトレーニングをさせられる技術の一つ。ロープの内部は鋼鉄製であるため、体を鍛えていない者が行うと、皮膚が裂けたり骨折するなど、危険である。

受け身[編集]

投げられたり押し倒されたりして、マットへ倒れたときにダメージを軽減したり、頭部などの体の一部を守るための技術。プロレスにおいては技の見映えをよくするための技術も要求される。ロープ・ワーク同様、団体入団後に何度もトレーニングを行い習得させられる、プロレスに必須の基本技術。バンプとも呼ばれる。

ピンフォール[編集]

相手の両肩をマットへ押しつけた状態で、レフェリーが3カウントを数えること。もしくはそれを目的に相手の両肩をマットへ押しつける行為。プロレスの決着方法の代表的なもの。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]