ニー・バット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニー・バットKnee Butt)は、プロレス技の一種である。ニー・アタックKnee Attack)、ニー・パッドKnee Pad)とも呼ばれる。

概要[編集]

相手の至近距離で自らの片膝を前方に突き出して、そのまま突進して横方向から片膝を相手の体へぶつける技である。膝蹴りの応用技である。

類似技として狭義での膝蹴りやニー・リフトなどがある。狭義の膝蹴り(ニー・キック)は片足を横から振り回すようにして膝で蹴るものでニー・リフトは片膝を下から上へ突き上げるようにしてぶつける点でニー・バットとの違いがある。その他に膝蹴りの派生技とされる類似のものが多い。

派生技[編集]

ランニング・ニー・バット[編集]

助走をつけて相手に片膝をぶつけるニー・バット。立っている相手のボディを狙うものの他に座っている相手の頭部などの上半身を狙うものがある。

ジャンピング・ニー・バット[編集]

ジャンピング・ニー・アタックJumping Knee Attack)、ハイ・ニーHigh Knee)とも呼ばれる。助走をつけて片膝を突き出した状態でジャンプして相手に片膝をぶつけるニー・バット。日本ではキックボクサーの沢村忠が得意技としていた真空飛び膝蹴りの印象が強い。

プロレスにおける第一人者はキラー・カール・クラップ。その後、坂口征二グレート草津ジャンボ鶴田など、クラップ同様に長身のレスラーが得意技として使い始める。特に鶴田は、この技の使い手として名を馳せた。その後、秋山準が鶴田から直伝されて、この技を使用。

女子レスラーでは西田夏が得意技としており、鶴田と同様に攻撃後に観客と共に「オー」と叫ぶのが特徴。その後、仲村由佳へと伝承されて仲村の引退後は里歩が、この技を引き継いだ。

外国人レスラーではマスクド・スーパースタースタン・ハンセンハルク・ホーガンがつなぎ技として用いていた。トリプルHは若干体を横に流した独特の形によるジャンピング・ニーを使用。

プロレス以外ではプロ野球において、1989年9月23日のロッテオリオンズ西武ライオンズ戦でロッテの平沼定晴から受けた死球に激高した西武の清原和博が、この技を平沼に放って乱闘に発展した事例がある。

低空ジャンピング・ニー・バット[編集]

ジャンピング・ニー・バットの応用技。マット上で片膝を付いていたり、座っていたり、前かがみの状態になっているような低姿勢の相手に片膝を落とすジャンピング・ニー・バット。前述のランニング・ニー・バットと混同されることもある。

駆け上り式ニー・バット[編集]

相手をコーナーへ寄りかからせて助走をつけてポストを駆け上りながら片膝をぶつけるニー・バット。

  • 主な使用者

ダイビング・ニー・アタック[編集]

ダイビング・ニー・バットダイビング・ニー・パッドダイビング・ニーとも呼ばれる。トップロープもしくはセカンドロープから立っている相手に向かってジャンプして片膝を落とすダイビング・ニー・バット。ジャンボ鶴田真壁刀義はトップロープからジャンプして、この技を繰り出すこともあり、特に鶴田のは実況アナウンサーの若林健治が「鶴の一声」と称すほどの説得力を持つ技として昇華。長井満也スワンダイブ式で放つ技をハイパー・ニー・空牙の名称で使用。

類似技[編集]

ニー・リフト
ジャンピング・ニーは横方向から膝をぶつけるのに対してニー・リフトは相手の下方から上方へ向けて膝をかち上げて相手に膝をぶつける。
シャイニング・ウィザード
武藤敬司のオリジナル技。
ブサイクへの膝蹴り
ヒデオ・イタミのオリジナル技。変形飛び膝蹴り

関連項目[編集]