竹下幸之介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
竹下 幸之介
Konosuke Takeshita
竹下 幸之介 Konosuke Takeshitaの画像
プロフィール
リングネーム 竹下 幸之介
本名 竹下 幸之介
ニックネーム ザ・フューチャー
2億万年に1人の逸材
身長 187cm
体重 95kg
誕生日 (1995-05-29) 1995年5月29日(23歳)
出身地 大阪府大阪市
所属 DDTプロレスリング
スポーツ歴 陸上
デビュー 2012年8月18日
テンプレートを表示

竹下 幸之介(たけした こうのすけ、1995年5月29日 - )は、DDTプロレスリング所属の男性プロレスラー日本体育大学在学中、大阪府大阪市出身。身長187cm、体重99kg。血液型O型 芸能マネージメント事務所はオスカープロモーション[1]。DDTの未来を担う若き逸材である[2]

経歴[編集]

デビュー前[編集]

焼鳥屋の父親はアントニオ猪木のファンで、竹下が2歳のころから父とプロレスのビデオを見ていた[2]。当時はFMWハヤブサのファンで、初めて生で見たのは幼稚園の時の大阪プロレスだった[2]レンタルビデオを何本も借りてくるので、竹下の両親はサムライTVに加入し、家に引きこもってプロレスを見続ける[2]。2004年2月6日、小学2年生の時、WWE大阪城ホール大会のメインイベント、クリス・ベノワvsトリプルH世界ヘビー級選手権試合を見て、いつかベノワと戦いたいとプロレスラーになることを決意する[2]

大阪プロレスでプロレス教室をしていることを知り、子どもの部だけではなく、大人の部にも参加した[2]。大人の部でも勝つことがあるほど強かったことから、当時先生だったタイガースマスクに日本一のアマチュアレスリングクラブである吹田市民レスリング教室を紹介され、そちらにも参加した[2]

小学生の時、プロレスラーになりたいと各団体に履歴書を送る。唯一DDTの高木三四郎大社長のみがモバゲーで返事をし、中学卒業後の再応募を促した[2]

公立の中高一貫校に合格し、レスリング部がなかったことから陸上部に入ってのめりこむ[2]。この頃はプロレスを全然見なかったが、中3の時の全国予選大会で四種競技にエントリーした竹下は初日終了後、久しぶりにテレビで見たベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの決勝戦(2010年6月13日)、プリンス・デヴィットvs飯伏幸太を見て衝撃を受ける[2]。6月19日、2日目の大会で全国大会出場を決めた足で大阪府立体育会館DOMINIONを観戦してプロレスへの情熱が再燃[2]。かつて唯一返事が来たDDTへ翌日履歴書を送付し、8月15日、名古屋大会(今池ガスホール)でテストを受け合格[2]。竹下は中学卒業後、すぐに東京へ行くつもりだったが、高木は両親と相談し、高校への進学を勧めた[2]。竹下は陸上全国大会の四種競技の優勝候補だったが、最終種目で反則を犯して3位に終わったことを後悔し、高校進学を決意[2]

高校に入ってからは、DDTの大阪大会や夏休みに練習に参加。2012年4月1日、DDT後楽園ホール大会のリング上で8月18日の日本武道館大会でデビューすることが発表された[2]。7月8日、DDT淀川区民センター大会で石井慧介と公開スパーリング。その直後、対戦相手がエル・ジェネリコである事を鶴見亜門GMより告げられた。

8月4日、DDT新木場1stRING大会で福田洋と公開スパーリング。当時アイアンマンヘビーメタル級王者であった福田にウォール・オブ・タケシタで勝利し、デビュー前にして第952代アイアンマンヘビーメタル級王座を奪取したが、すぐに奪回された。

デビュー後[編集]

2012年8月18日、DDT日本武道館大会にてエル・ジェネリコを相手にデビュー。現役高校生プロレスラーとして活動を始める。11月25日、DDT後楽園大会にてポイズン澤田JULIEの引退試合の相手を務め、澤田からプロ初勝利を挙げた。

2013年7月29日、「闘うビアガーデン2013」ダークマッチにて福田洋との60分アイアンマンマッチ。2-2のドローに終わるもフルタイム完走した。

2013年度プロレス大賞新人賞に選出される[3]

2014年4月、日本体育大学への入学[4][5]を機に上京。 7月13日、DDT大阪市立東成区民センター大会でアントーニオ本多遠藤哲哉と組み、KUDO&坂口征夫&マサ高梨を破ってKO-D6人タッグ王座を奪取。1週間後の7月20日、DDT後楽園ホール大会で奪回された。

8月17日、DDT両国国技館大会で棚橋弘至とシングルマッチを戦い、15分9秒、ハイフライフローからの片エビ固めで敗れた[6]

9月28日、DDT後楽園ホール大会で遠藤哲哉とコンビを組んでゴールデン☆ラヴァーズ(飯伏幸太& ケニー・オメガ)を破り、CMLL認定KO-Dタッグ王座を獲得した[7]

2015年11月27日、マッスル坂井との一騎討ちを行いジャーマンスープレックスを決めて勝利。試合後に2030年復活予定のマッスル11東京ドーム大会のメインに出場できるキャリーケースが譲渡される。

2016年5月22日、「十二年越しの夢。スペシャルシングルマッチ」としてZEROと対戦し勝利。試合後にはZEROから新調されたZEROのマスクをもらった。

5月29日、佐々木大輔の持つKO-D無差別級王座に挑戦し勝利。同王座を21歳の若さで奪取し最年少戴冠記録を樹立。入場時にはZEROのマスクを携え登場。

2017年3月20日、DDTさいたまスーパーアリーナ メインアリーナ大会にてHARASHIMAの持つKO-D無差別級王座に挑戦し勝利。

4月29日、DDT後楽園ホール大会にて遠藤哲哉とKO-D無差別級王座防衛戦を行い60分フルタイムドロー[8]

8月20日、DDT両国国技館大会では遠藤哲哉と再度KO-D無差別級王座防衛戦を行い、クロスアーム式ジャーマン・スープレックス・ホールドで勝利。竹下は「実力は拮抗していた。肉体面、フィジカル面もそうだし、精神面に対してもお互い負けられない部分もあったと思う。僕の中ではエッサッサが大きかった」と直後に対戦を回顧している[9]

10月22日、DDT後楽園ホール大会にて2018年DDTドラマティック総選挙1位を獲得した男色ディーノとKO-D無差別級王座防衛戦を行い勝利、入江茂弘の持つ連続防衛記録を更新する9度目の防衛に成功。

2018年3月25日、DDT両国国技館大会にて石川修司とのKO-D無差別級王座防衛戦に勝利し11度目の防衛に成功。

4月29日、DDT後楽園ホール大会にて入江茂弘に敗れ1年間保持していたKO-D無差別級王座から陥落。

タイトル歴[編集]

DDTプロレスリング
その他
  • 年忘れ!三団体シャッフル・タッグトーナメント優勝(2015年、パートナーは関本大介[10]

得意技[編集]

ジャーマンスープレックス
長身を活かしたハイアングルのジャーマン。現在の竹下の主なフィニッシャー。2017年8月20日の両国国技館大会で遠藤哲哉に放ったそれは、専門メディアに「精度はアップしていた」と評されるものであった[8]。また、日本体育大学の卒業論文でも研究テーマにジャーマンを選び、その成果を試合で実践している。
クロスアームジャーマンスープレックス
大一番の奥の手。初公開となった2014年9月28日の後楽園大会にてこの技でケニー・オメガを沈め、KO-Dタッグ王座を初戴冠。
タッチダウン
RKOと同型。以前のフィニッシャー。
サプライズローズ
変形フィッシャーマンスープレックス。クラッチの際に相手の首に回した左手で相手の左腕、相手の股下から右手で相手の右腕という風にクロスアームに掴む。2017年4月の彰人とのKO-D無差別級王座防衛戦で初披露、以降フィニッシャーの一つとして使用している。
やまも泣かし
アルゼンチンバックブリーカーの体勢から横に倒れこんで頭から落とす。技名は、竹下が小学生の頃クラスメイトの山本君にかけて泣かせてしまったことから[11]
やまも泣かし2
アルゼンチンバックブリーカーの体勢から、シットダウンで相手を正面に落とすフェイスバスター
アライズロック
決める腕が左右逆のコジMAXホールド
ジャベリンキック
ウォール・オブ・タケシタ
ビッグブーツ
ドロップキック
ゼロ戦キック
ユルゲンラリアット
円盤投げの要領で放つ1回転半ラリアット[12]
スイングネックブリーカー
リバースインプラント
垂直落下式ブレーンバスター

人物・エピソード[編集]

入場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日体大入学の竹下が早大陸上同好会入り - 2014年6月11日デイリースポーツ
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「レスラーヒューマンストーリー第205回 竹下幸之介」、『週刊プロレス』No.1750、ベースボール・マガジン社、平成26年8月13日号(7月30日発行)、79-82頁、2014年。
  3. ^ 「 <2013年度プロレス大賞>授賞式 新人賞 DDT 竹下 なにわの現役高校生 レスリングで狙う東京五輪」、デイリースポーツ、2014年1月10日、22頁。
  4. ^ 【祝・入学リポート】竹下幸之介が日体大の入学式に参加。「新しく何かを始めて東京五輪を真剣に目指したい」”. リポート&コラム. DDTプロレスリング. 2014年4月17日閲覧。
  5. ^ “竹下ウエートリフティングで五輪目指す/ファイト”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年3月22日). http://www.daily.co.jp/ring/2014/03/22/0006797766.shtml 2014年4月17日閲覧。 
  6. ^ 「試合リポート DDT8・17両国国技館 棚橋vs竹下」、『週刊プロレス』No.1753、ベースボール・マガジン社、平成26年9月3日号(8月20日発行)、9-11頁、2014年。
  7. ^ 「試合リポート DDT9・28後楽園ホール 遠藤・竹下vs飯伏・オメガ」、『週刊プロレス』No.1760、ベースボール・マガジン社、平成26年10月15日号(10月1日発行)、107-110頁、2014年。
  8. ^ a b DDTプロレスが近未来を託した男と女。学生竹下幸之介と筋肉アイドル才木玲佳。 Number Web 2017/09/02 07:00(2017年9月2日閲覧)
  9. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号pp.82.
  10. ^ 年越しプロレス12.31後楽園大会 大日本、DDT、K-DOJOから16チーム参加の年忘れ!三団体シャッフル・タッグトーナメント”. バトルニュース (2016年1月1日). 2016年1月6日閲覧。
  11. ^ Takesoupのツイート(415018125650690048)
  12. ^ Takesoupのツイート(477812858797821952)
  13. ^ 東京スポーツ 2014年6月11日

外部リンク[編集]