中島翔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島翔子
中島翔子の画像
2016年3月6日
大阪 世界館
プロフィール
リングネーム 中島 翔子
本名 同じ
身長 147cm
誕生日 (1991-07-19) 1991年7月19日(27歳)
出身地 新潟県
所属 東京女子プロレス
デビュー 2013年8月17日
テンプレートを表示

中島 翔子(なかじま しょうこ、女性、1991年7月19日 - )は、日本プロレスラーお笑い芸人東京女子プロレス所属。芸人としてはよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属していた。新潟県出身。

経歴[編集]

東京NSC16期生であり、ばくだんもっちゃんとのコンビ「アーバンレディ」として活動していた。

2013年
  • 6月6日、SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第4弾でKANNAとエキシビション[1]
  • 7月11日、SHIBUYA DESEOで行われた東京女子プロレスプレイベント第5弾における山下実優戦でプレデビュー、サッカーボールキックを決められ敗れる[2]
  • 8月17日、両国国技館で行われた「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」のダーク・マッチとして山下&中島 vs 木場千景&KANNAでリングデビューを果たすが、KANNAの逆エビ固めを決められギブアップ[3]
  • 10月5日、DDT福島体育館大会における提供試合として2度目のリングを両国と同じタッグで対戦するが、山下がKANNAからミドルキックからの片エビ固めでフォールする[4]
2015年
  • 3月15日、DDTプロレス福島大会「ゴージャスナイト」にて、赤井沙希とシングルマッチも敗北。東京女子プロレス提供試合以外では、初の他団体出場となった[5]
  • 8月8日、新木場1stRING大会にて開催された第2回東京プリンセスカップにて、準決勝でKANNA、決勝でミウラアカネを下し優勝。試合後、副賞の大会プロデュース権を放棄、その代わりとして赤井沙希とのシングルマッチを要求。
  • 9月22日、新宿FACE大会にて赤井沙希とのシングルマッチ。丸め込みで3カウントを奪い、東京女子において初めて赤井から直接の勝利。
2016年
2017年
  • 1月4日、後楽園ホール大会のメインに2年連続で出場、優宇の保持するTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦するも優宇の新技ラストライドに敗れる。
  • 8月26日、後楽園ホール大会でソロ・ダーリンと対決。ノーザンライト・スープレックスホールドで勝利[6]
2019年
  • 5月3日、後楽園ホール大会のメインにて山下実優と対決、ロコモーション式ノーザンライトスープレックスホールドで勝利。TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王者となる。

得意技[編集]

ノーザンライトスープレックスホールド
主なフィニッシャー。
ロコモーション式ノーザンライトスープレックスホールド
最上級フィニッシャー。ノーザンの形で相手を抱えて後方に飛び上がり自重をかけて相手を叩きつけたのち、クラッチを切らずもう一度通常のノーザンを放つ。
ダイビング・ボディーアタック
619
ウラカン・ラナ
ライダーキック
タランチュラ
トペ・スイシーダ
ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ
変形STF
ヘッドシザーズ式DDT
羽根折固め
ローリング・ネックブリーカー
ダイビング・セントーン
セカンドロープから飛ぶ事もあるが、トップコーナーからのものはフィニッシャーとして使用される
無人在来線固め
桜庭和志の「ゆりかもめ」と同型。技名は「シン・ゴジラ」より。

入場曲[編集]

ファイヤーボール(オリジナル楽曲)
2017年3月12日練馬大会より使用。
メタナイトの逆襲(「星のカービィ スーパーデラックス」より)
旗揚げ後に使用。
鶴姫! 強さは目にも美しい(佐々木真里、「忍者戦隊カクレンジャー」挿入歌)
プレ旗揚げ時期に使用。

タイトル歴[編集]

東京女子プロレス
DDTプロレスリング

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年6月6日(木) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  2. ^ 2013年7月11日(木) SHIBUYA DESEO”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  3. ^ 2013年8月17日(土) DDT両国国技館”. 株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部. 2013年10月5日閲覧。
  4. ^ 東日本大震災復興イベント~がんばろう福島~『ゴージャスナイト』”. 株式会社DDTプロレスリング. 2013年10月5日閲覧。
  5. ^ のの子に次いで団体2人目。
  6. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号p.107

関連項目[編集]

外部リンク[編集]