DDG (プロレス興行)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

DDG (ディーディージー)とは、日本のプロレス団体「DDTプロレスリング」と「DRAGON GATE」の合同興行である。

タイトルはそれぞれ団体の略称である「DDT」と「DG」を合わせたものである。

DDG -Dramatic Dream Gate-[編集]

  • 開催日:2007年4月18日(水)
  • 会場:東京・新宿FACE
  • 観客:824人(超満員札止め)
  • 試合
第1試合 6人タッグマッチ
吉野正人土井成樹堀口元気 (14分19秒 ソル・ナシエンテ) マサ高梨×、柿本大地諸橋晴也
第2試合 タッグマッチ
ゴージャス松野高木三四郎 (17分52秒 市川のジャーマンが崩れダブルフォール) ストーカー市川Z△、ドン・フジイ
第3試合 3WAYタッグマッチ
望月魔蛇晃ポイズン澤田JULIE (9分57秒 真・最強蛇イキック) マッスル坂井×、アントーニオ本多
もう1組は新井健一郎岩佐拓
第4試合 シングルマッチ
飯伏幸太 (12分21秒 フェニックススプラッシュ) B×Bハルク×
セミファイナル スペシャルシングルマッチ
CIMA (9分14秒 シュバイン) 男色ディーノ×
メインイベント 6人タッグマッチ
HARASHIMAMIKAMIKUDO (19分58秒 蒼魔刀) マット・サイダル×、横須賀享斎藤了

DDGリターンズ[編集]

  • 開催日:2008年4月6日(日)
  • 会場:東京・後楽園ホール
  • 観衆:2000人(満員)
  • 試合
ダークマッチ
シーサーBOY超神龍 (8分56秒 ムーンサルト・プレス) 佐々木大輔安部行洋×
第1試合 タッグマッチ
中澤原マイケル松永智充 (8分42秒 ネバー・セイ・マイケル・ネバー・アゲイン) 戸澤アキラ×、菊タロー
第2試合 スペシャルシングルマッチ
×ゴージャス松野 with 高木三四郎 (19分35秒 同時タオル投入、両者TKO) "ハリウッド"ストーカー市川× with CIMA
第3試合 タッグマッチ
○KUDO、ヤス・ウラノ (15分22秒 ジャックナイフ式エビ固め) 横須賀享、アンソニー・W・森×
第4試合 シングルマッチ
×男色ディーノ (5分52秒 ディープキス) 望月成晃
第5試合 トリプルスレッドタッグマッチ
×ポイズン澤田JULIE、斎藤了 (13分2秒 ナイスジャーマン) MIKAMI、ドン・フジイ○
もう一組は、新井健一郎、タノムサク鳥羽
第6試合 6人タッグマッチ
HARASHIMA、飯伏幸太、×アントーニオ本多 (20分37秒 パイナップルボンバー) B×Bハルク、鷹木信悟、サイバー・コング

帰ってきたDDGリターンズ[編集]

  • 日時:2012年6月5日(火)
  • 会場:大阪・東成区民センター
  • 観衆:501人
  • 試合
スペシャルダークマッチ エニウェアフォールマッチ 無制限一本勝負
ドン・マイケル (230分50秒までは確認 おそらく現在も継続中かは不明) "ハリウッド"ストーカー市川
特別レフェリー:ゴージャス松野
オープニングマッチ 30分一本勝負
○高木三四郎、高尾蒼馬 (10分04秒 シットダウンひまわりボム) 望月成晃、琴香×
第2試合 30分一本勝負
マサ高梨大家健 (9分31秒 タカタニック) スペル・シーサー、シーサーBOY×
第3試合 男色ランブル 15分または男色が失格するまで一本勝負
○ドン・フジイ (14分47秒 首固め ※男色ドライバーを切り返す) 男色ディーノ×
出場者:アントーニオ本多、ゴージャス松野、斉藤"ジミー"了リッチ・スワン
第4試合 30分一本勝負
ケニー・オメガ、×石井慧介 (15分23秒 ギャラリア) 鷹木信悟、YAMATO
セミファイナル 60分一本勝負
×飯伏幸太 (16分52秒 ファースト・クラッシュ) B×Bハルク○
メインイベント 60分一本勝負
HARASHIMA、KUDO、入江茂弘、○望月成晃
(3分 レフェリー暴行による反則負け) サイバー・コング、谷崎なおき、Kzy、問題龍×
ボーナストラック 無制限一本勝負
高木三四郎、望月成晃、○HARASHIMA、KUDO、入江茂弘
(12分10秒 蒼魔刀) 戸澤陽、サイバー・コング、谷崎なおき、Kzy×、問題龍

関連項目[編集]

外部リンク[編集]