MIKAMI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MIKAMI
MIKAMIの画像
プロフィール
リングネーム MIKAMI
本名 三上 恭平
ニックネーム スーサイド・ボーイ
身長 163cm
体重 72kg
誕生日 (1973-12-28) 1973年12月28日(43歳)
出身地 島根県浜田市
所属 フリーランス
スポーツ歴 レスリング
デビュー 1996年10月17日
テンプレートを表示

MIKAMI(ミカミ、本名:三上 恭平(みかみ きょうへい)、1973年12月28日 - )は、日本プロレスラー島根県浜田市出身。フリーランス。入場時に持ち込む脚立(ラダー)がトレードマーク。

略歴[編集]

中学時代は器械体操部に所属し、高校時代はアマレス(グレコローマンスタイル58kg級)で国体に出場している。

1993年ユニバーサル・プロレスリング入門。同期は星川尚浩。同年みちのくプロレスに練習生として所属するもデビューは果たせず、みちプロ退団後、PWCに入門する。1996年10月17日、北沢タウンホールにて対野沢一茂(現・NOSAWA論外)戦でデビューしたが、その日がPWCの最後の興行となった。

1997年、PWCの縁で高木三四郎に誘われDDTプロレスリング旗揚げに参加する。2000年、IWAプエルトリコに遠征。IWAライトヘビー級王者ミステル・アギラの初防衛戦の相手に急遽選ばれ、スクールボーイで勝利する。その後5回の防衛に成功する。

4月に凱旋帰国を果たしたとき、ふてぶてしく天狗になったキャラクターへとギミックを変更。高木三四郎からピンフォールを奪う。天狗になった鼻高々のムーブと「世界を獲ったMIKAMI様の必殺のスク〜ルボ〜イ!」の発言でキャラを確立する。 同時期に、タノムサク鳥羽とのタッグチーム「Suicideboyz(スーサイドボーイズ)」を結成。佐々木貴西野湧喜の「DDT生徒会」との抗争を繰り広げた。Suicideboyzは現在も存続しており、息の長いタッグチームとなっている。

2005年6月、DDT内の別ブランドとして軽量級選手中心のCruiser's Gameを立ち上げる。

DDTが運営するスポーツバー「ドロップキック」の初代店長である。

かなりの競馬好きで自身のブログでも予想を展開している。

2014年より自分と同じ苗字で横浜DeNAベイスターズ三上朋也のユニフォームを着て登場することがある。

2015年6月16日、DDT退団を発表。所属選手としての最終試合は7月19日の後楽園ホール大会で、以降はフリーとして活動する。8月のDDT両国国技館大会にはフリーで参戦。フリー転向後はプロレスリングFREEDOMSアパッチプロレス軍美月凛音主催の歌舞伎町プロレス、暗黒プロレス組織666プロレスリング華☆激などのさまざまな団体に参戦中。

9月23日、プロレスリング華☆激さざんぴあ博多大会に参戦、コスモ☆ソルジャーから博多ライトヘビー級王座を奪取。

2016年1月31日、美月凛音とWEWタッグ王座を戴冠。

2月25日、KAIENTAI DOJO後楽園ホール大会でTAKAみちのくに呼びこまれTAKA率いるTEAM 69 ROLLに加入。

得意技[編集]

プロレスラーとしてはかなり小柄だが、思い切りの良さと身体を張ったファイトを得意とする。

スワントーンボム
前方回転してのセントーン。MIKAMIのスワントーンは空中で綺麗に反る姿勢が美しい。特にリング上に設置したラダー最上段から放つものはヴォルカニックボムと呼ばれる。
ミッキーブーメラン
トップロープとセカンドロープを掴み回転して反転。相手の顔面にドロップキックを放つ。初代タイガーマスクがフェイント技として使用していたフィンタ・デ・レギレテを改良した技である。
レイ・ミステリオ619に似ているがこちらが原型となっている。ミステリオと親交のあるリッキー・マルビンがDDTの大会でMIKAMIのミッキーブーメランを目撃。伝え聞いたミステリオが改良して619を誕生させた。
別名180°ブーメラン
450°スプラッシュ
ファイアーバードスプラッシュと同型。
スーサイドボム
後方450°回転セントーン。
ディープ"M"インパクト
前方630°回転スプラッシュ。ジャック・エバンスの630と同じ。日本人選手では唯一MIKAMIのみが使用。
スク〜ルボ〜イ
技名の由来どおり簡単な技なのだが、MIKAMIはこれを磨き上げ必殺技として使っている。さらに雪崩式、垂直落下式、ジャックナイフ式、起き上がりこぼし式、スワンダイブ式、スライディング式、イグチボム式等々、様々なバリエーションを開発している。
デュランダル
両膝式のチンクラッシャー。技名の元は競走馬として活躍したデュランダル
スティンガー
変型の鎌固め。技名の元は競走馬として活躍したスティンガー
オルフェーヴル
ラ・マヒストラルのような形からかける変型の腕固め。
技名の元は競走馬のオルフェーヴルで、初披露した2011年10月23日は同馬の三冠制覇をかけた菊花賞が行われており、オルフェーヴルが負けた場合は封印するつもりだったという。
フロム・コーナー・トゥ・コーナー・ウィズ・ラダー
コーナー付近で座り込んだ相手に脚立をひっかけるように抱えさせ、反対側コーナーポストからジャンプし脚立にドロップキックを放つ。
マテリアル
ムーンサルトで飛んで空中で半回転してエルボー・ドロップを落とす。
エレクトロキューショニスト
450°で飛んでエルボー・ドロップを落とす。技名の元は競走馬として活躍したエレクトロキューショニスト
ミカトバラッシュ1号
タノムサク鳥羽との合体技。MIKAMIがミッキーブーメランを、鳥羽が後頭部への低空ドロップキックを同時に行う。
サッカーブーメラン
スーパー宇宙パワーとの合体技。宇宙パワーのサッカーボールキックとMIKAMIのミッキーブーメランを合わせて打ち込む。

タイトル履歴[編集]

脚立(ラダー)[編集]

MIKAMIが使用する作業用の梯子である。MIKAMI本人は試合中のラダーの使用は奥の手との位置づけている。ラダーは団体の備品ではなく私物のため、管理はMIKAMI個人がしている。2代目の脚立はアイアンマンヘビーメタル級王者となったこともあり、破損による引退の際には、華やかに引退セレモニーが行われた。現在のラダーは4代目。2代目の脚立は86代と100代のアイアンマンヘビーメタル級王者となっている。1度目は85代王者坂井良宏が防衛戦を行った後、バックステージにて脚立と接触、脚立の下敷きとなって失神し3カウントが入り、脚立が新王者となった。2度目は、自身の引退セレモニー後、バックステージで倒れていた99代目王者高木三四郎の上に倒れかかり王座を奪取した。さらに2007年3月11日の10周年記念興行で久々に登場(MIKAMIのラダーかどうかは不明)、バックステージでモルツを飲んで熟睡したエキサイティング吉田の上に倒れ、693代王者になった(なお、MIKAMI自身は9度アイアンマン王者となっている)。

外部リンク[編集]