エレクトロキューショニスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレクトロキューショニスト
Owner The Honorable Earle I Mack.svg
アール・I・マック殿下の勝負服
(インターナショナルステークス優勝時)
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2001年2月24日
死没 2006年9月9日
Red Ransom
Elbaaha
母の父 Arazi
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Compagnia Generale Srl.
馬主 Earle I.Mack
Godolphin
調教師 Valfredo Valiani(イタリア
Saeed bin Suroor (UAE)
競走成績
生涯成績 12戦8勝
獲得賞金 3,160,432ポンド
テンプレートを表示

エレクトロキューショニストElectrocutionist2001年 - 2006年)は、イタリアUAEイギリスなどで走った競走馬。馬名の意味は電気死刑執行人。

戦績[編集]

3歳・4歳時代[編集]

2004年4月7日サンシーロ競馬場でのアンジェロガルデンニ賞に、鞍上にエドモンド・ボッティを迎えデビュー、6馬身差で快勝する。続く準重賞のイタリア大賞、ジュゼッペファサッティ賞とデビューから3連勝を飾り、初のG1ジョッキークラブ大賞に出走。9頭立ての6番人気ながら、ハナ差の2着にはいる健闘を見せる。ちなみにこのときの優勝馬はシロッコであった。7ヶ月の休養をはさみ、G2のカルロダレッシオ賞を勝ち重賞初勝利を飾ると、続くG1、ミラノ大賞典を勝ち、ついにG1制覇を成し遂げる。この勢いに乗って初の国外遠征となるインターナショナルステークスマイケル・キネーンとの初コンビで出走、日本から遠征した武豊騎乗のゼンノロブロイをクビ差抑えてG1連勝を果たす。最後の直線で5頭が並ぶ激しい叩き合いであった。続くカナディアンインターナショナルステークスでは1番人気に推されたが、雨により悪化した馬場状態や、最後の直線で隣を走っていたグレイスワローの騎手の鞭が当たるというアクシデントも影響してか、人気に応えられず3着(グレイスワローの降着処分により4位入線から繰り上がり)に敗れる。

このレースの後にUAEのゴドルフィンへとトレードされ、2005年を終えた。

5歳時代[編集]

2006年初戦は、ドバイワールドカップを見据え、その前哨戦・マクトゥームチャレンジラウンド3に出走。このレースから、ゴドルフィンの専属騎手である世界的名手ランフランコ・デットーリが鞍上を務める。レースでは初のダート戦ながら7馬身差をつけて圧勝。カネヒキリも出走したドバイワールドカップでも危なげなく勝利し、G1・3勝目を飾る。次走のプリンスオブウェールズステークスではウィジャボードに半馬身差及ばず2着に終わる。

そして欧州最高峰レースのひとつ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスに出走。ゴドルフィンは2頭出しで、エレクトロキューショニストのラビット(ペースメーカー)にチェリーミックスを起用した。レースはニジンスキーが勝った1970年以来の6頭立てという小頭数で行われ、人気もハリケーンランハーツクライと人気を3分し、3強といわれた。予想通りチェリーミックスが逃げ、ついでハリケーンラン、ハーツクライと続き、エレクトロキューショニストはその後ろに控え、先に抜け出したハーツクライ1頭に照準を合わせ馬体を寄せていったが、それによってできたラチとの間をハリケーンランに突かれ、半馬身差及ばずの2着と惜敗した。

2006年9月9日に心臓発作で死亡したと馬主のゴドルフィンがウェブサイトで声明を出した[1]10月14日チャンピオンステークスを目指している最中だった。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名 着順 騎手 1着(2着)馬
2004.04.07 サンシーロ アンジェロガルデンニ賞 1着 E.ボッティ (Herakles)
2004.06.27 サンシーロ イタリア大賞 準重 1着 E.ボッティ (Kaypen)
2004.09.19 サンシーロ ジュゼッペファサッティ賞 1着 E.ボッティ (Distant Way)
2004.10.17 サンシーロ ジョッキークラブ大賞 G1 2着 E.ボッティ Shirocco
2005.05.22 カパネッレ カルロダレッシオ賞 G2 1着 E.ボッティ (Fielding)
2005.06.19 サンシーロ ミラノ大賞 G1 1着 E.ボッティ (Vol de Nuit)
2005.08.16 ヨーク インターナショナルS G1 1着 M.キネーン (Zenno Rob Roy)
2005.10.23 ウッドバイン カナディアン国際S G1 3着 M.キネーン Relaxed Gesture
2006.03.02 ナドアルシバ マクトゥームチャレンジIII G2 1着 L.デットーリ (Chiquitin)
2006.03.25 ナドアルシバ ドバイワールドC G1 1着 L.デットーリ (Wilko)
2006.06.21 アスコット プリンスオブウェールズS G1 2着 L.デットーリ Ouija Board
2006.07.29 アスコット KGVI&QEDS G1 2着 L.デットーリ Hurricane Run

血統表[編集]

エレクトロキューショニスト血統ロベルト系 / Nearctic 4×5=9.38%、Nasrullah 5×5=6.25%) (血統表の出典)

Red Ransom
1987 鹿毛
父の父
Roberto
1969 鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Bramalea Nashua
Rarelea
父の母
Arabia
1977 鹿毛
Damascus Sword Dancer
Kerala
Christmas Wind Nearctic
Baly Free

Elbaaha
1994 栗毛
*Arazi
1989 栗毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
*ダンスールファビュルー
Danseur Fabuleux
Northern Dancer
Fabuleux Jane
母の母
Gesedeh
1983 栗毛
Ela-Mana-Mou *Pitcairn
Rose Bertin
Le Melody Levmoss
Arctic Melody F-No.23

近親[編集]

山本英俊によって、半弟アムールマルルー(父モンジュー)が購入され、2008年9月21日に日本の中央競馬でデビューした。

外部リンク[編集]