カリフォルニアクローム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カリフォルニアクローム
California Chrome Preakness finish.jpg
プリークネスステークス(2014年5月17日)
欧字表記 California Chrome
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2011年2月18日
Lucky Pulpit
Love the Chase
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州
生産 Perry Martin & Steve Coburn
馬主 California Chrome LLC
調教師 Art Sherman(アメリカ
競走成績
生涯成績 27戦16勝
獲得賞金 13,432,650USドル(英語版より)
テンプレートを表示

カリフォルニアクロームCalifornia Chrome2011年2月18日 - )はアメリカ合衆国競走馬。2014年、2016年のエクリプス賞全米年度代表馬、全米3歳チャンピオン。おもな勝ち鞍は2014年ケンタッキーダービープリークネスステークスサンタアニタダービーハリウッドダービー2016年ドバイワールドカップパシフィッククラシックステークスオーサムアゲインステークス

経歴[編集]

2011年2月に、カリフォルニア州で生まれる。ペリー・マーティン氏とスティーヴ・コバーン氏の共同生産馬。なお、コバーン氏は所持していた同馬の所有権30%を2015年後半にテイラーメイドファームに売却したため、馬主名はCalifornia Chrome, LLC名義に変更になった。アメリカのアート・シャーマン厩舎に所属、またクルーミーと呼ばれる熱狂的なファンがいる。

2013年4月にデビュー。当初は勝ったり負けたりが続いたが6戦目で出遅れて敗退したところで猛烈なゲート訓練を実施。ゲート難を克服し、ジョッキーもベテランのエスピノーザに乗り替わったところ圧倒的な内容で4連勝し、大本命として迎えたケンタッキーダービーを快勝した。カリフォルニア産馬としては、1962年のDecidedly 以来のケンタッキーダービー制覇であった[1]。 その後プリークネスステークスも制してカリフォルニア産馬史上初の2冠を達成したが、3冠制覇を目指したベルモントステークスでは4着に終わった。ゲートが開いた直後外枠の馬に蹄の付け根を蹴られて負傷したのも敗因の1つとしてあげられている。蹄の回復後2戦目のBCクラシックは勝馬からクビ差の3着に敗退。しかし11月のハリウッドダービーでは見事勝ちきった。2014年にダートと芝のG1を勝ったのは同馬だけであり、ケンタッキーダービー勝ち馬が同年に芝のG1を勝ったのはあのセクレタリアト以来で史上2頭目になる。これにより後半はやや失速したものの見事エクリプス賞で全米年度代表馬と全米3歳牡馬チャンピオンを獲得する。

2015年は復帰戦のG2を2着した後ドバイワールドカップに遠征して2着。その後ロイヤルアスコット開催のプリンスオブウェールズステークスを目指すがレース前日に蹄から熱が出たため回避、6月に帰国後アーリントンミリオンステークスを目指すもX線検査で砲骨に損傷が見られたため結局この年は全休になってしまった。その為、鞍上が同じエスピノーザである同年の米国三冠馬アメリカンファラオとは、同馬が年内で引退した事もあり対戦する機会はなかった。

2016年にドバイワールドカップを再度遠征して優勝し、帰国後は連戦連勝を続けていたが、ブリーダーズカップ・クラシックでは、3番手以下を10馬身近く引き離したデットヒートの末、アロゲートに半馬身差敗れた。その後12月のウィンターチャレンジステークスに出走。中団の外を追走すると3〜4コーナーで捲って、直線でも持ったままで後続を突き放して12馬身差の楽勝となった。

年が明け、引退レースとなった2017年1月28日のペガサスワールドカップに出走するも9着に敗れた[2]。引退後はテイラーメイドファームで種牡馬入りし[3]、アメリカでの種付けシーズン終了後には、チリでシャトル供用されることも発表された[4]

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 頭数 人気 着順 騎手 距離 タイム 着差 1着(2着)馬
2013.04.26 ハリウッドパーク 未勝利 9 5人 2着 A.デルガド AW4 1/2f - 1馬身 Time for a Hug
0000.05.17 ハリウッドパーク 未勝利 9 1人 1着 A.デルガド AW4 1/2f 52.42 2 3/4馬身 (Charisma Code)
0000.06.15 ハリウッドパーク ウィラードLプロクター記念S 9 2人 5着 L.サエズ AW5 1/2f - 7 1/4馬身 Kobe's Back
0000.07.31 デルマー グラデュエーションS 7 5人 1着 C.ナカタニ AW5 1/2f 1:03.48 2 3/4馬身 (Moving Desert)
0000.09.4 デルマー デルマーフューチュリティS G1 11 3人 6着 A.デルガド AW7f - 2馬身 Tamarando
0000.011.1 サンタアニタ ゴールデンステートジュヴェナイルS 9 3人 6着 A.デルガド ダート8f - 3馬身 Better Bet
0000.012.22 ハリウッドパーク キンググローリアスS 10 1人 1着 V.エスピノーザ AW7f 1:22.12 6 1/4馬身 (Life Is a Joy)
2014.01.25 サンタアニタ カリフォルニアCダービー 10 2人 1着 V.エスピノーザ ダート8 1/2f 1:43.22 5 1/2馬身 (Tamarando)
0000.03.8 サンタアニタ サンフェリペS G2 7 1人 1着 V.エスピノーザ ダート8 1/2f 1:40.59 7 1/4馬身 (Midnight Hawk)
0000.04.5 サンタアニタ サンタアニタダービー G1 8 1人 1着 V.エスピノーザ ダート9f 1:47.52 5 1/4馬身 (Hoppertunity)
0000.05.3 チャーチルダウンズ ケンタッキーダービー G1 19 1人 1着 V.エスピノーザ ダート10f 2:03.66 1 3/4馬身 (Commanding Curve)
0000.05.17 ピムリコ プリークネスS G1 10 1人 1着 V.エスピノーザ ダート9 1/2f 1:54.84 1 1/2馬身 (Ride On Curlin)
0000.06.07 ベルモントパーク ベルモントS G1 11 1人 4着 V.エスピノーザ ダート12f - - Tonalist
0000.09.20 パークス ペンシルベニアダービー G2 8 1人 6着 V.エスピノーザ ダート9f - - Bayern
0000.011.1 サンタアニタ BCクラシック G1 14 2人 3着 V.エスピノーザ ダート10f 1:59.88 - Bayern
0000.011.29 デルマー ハリウッドダービー G1 6 1人 1着 V.エスピノーザ 芝9f 1:47.88 2馬身 (Lexie Lou)
2015.02.7 サンタアニタ サンアントニオS G2 8 2人 2着 V.エスピノーザ ダート9f - 1 1/2馬身 Shared Belief
0000.03.28 メイダン ドバイワールドC G1 9 1人 2着 V.エスピノーザ 2000m(ドバイ式表記) 2.03.24 2 3/4馬身 Prince Bishop
2016.01.9 サンタアニタ サンパスカルS G2 7 1人 1着 V.エスピノーザ ダート8 1/2f 1.43.39 1 1/4馬身 (Imperative)
0000.02.25 メイダン Trans Gulf Electromechanical Trophy Handicap 8 1人 1着 V.エスピノーザ 2000m(ドバイ式表記) 2.04.24 2馬身 (Storm Belt)
0000.03.26 メイダン ドバイワールドC G1 12 1人 1着 V.エスピノーザ 2000m(ドバイ式表記) 2.01.83 3 3/4馬身 (Mubtaahiji)
0000.07.23 デルマー サンディエゴH G2 5 1人 1着 V.エスピノーザ ダート8 1/2f 1.40.84 1/2馬身 (Dortmund)
0000.08.20 デルマー パシフィッククラシックS G1 9 1人 1着 V.エスピノーザ ダート10f 2.00.13 5馬身 (Beholder)
0000.010.1 サンタアニタ オーサムアゲインS G1 5 1人 1着 V.エスピノーザ ダート9f 1:48.07 2 1/2馬身 (Dortmund)
0000.011.6 サンタアニタ BCクラシック G1 9 1人 2着 V.エスピノーザ ダート10f - 1/2馬身 Arrogate
0000.012.17 ロスアラミトス ウィンターチャレンジS 10 1人 1着 V.エスピノーザ ダート8 1/2f 1.40.03 12馬身 (Point Piper)
2017.01.28 ガルフストリームパーク ペガサスワールドC G1 12 2人 9着 V.エスピノーザ ダート9f - 29 1/2馬身 Arrogate

血統表[編集]

カリフォルニアクローム血統シアトルスルー系/ Mr Prospector 4×3=18.75%、 Numbered Account 4×4=12.5%) (血統表の出典)
父系

Lucky Pulpit
2001
父の父
Pulpit
1994
A.P. Indy Seattle Slew
Weekend Surprise
Preach Mr Prospector
Narrate
父の母
Lucky Soph
1992
Cozzene Caro
Ride The Trails
Lucky Spell Lucky Mel
Incantation

Love The Chase
2006
Not For Love
1993
Mr. Prospector Raise A Native
Gold Digger
Dance Number Northern Dancer
Numbered Account
母の母
Chase It Down
1992
Polish Numbers Danzig
Numbered Account
Chase The Dream Sir Ivor
La Belle Fleur F-No.21
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

血統背景[編集]

父ラッキープルピットは現役時代22戦3勝。重賞勝ちは無しでサンタカタリナS(米G2)での二着が最高。G1はサンタアニタダービーで7着に入ったのが唯一の出走。カリフォルニアクローム以外にはこれといった活躍馬はいないが、カリフォルニアクロームの活躍でカリフォルニア州のリーディングサイアーに3度なっている[5]

母Love the Chaseは現役時代6戦1勝。牝系の近親に特に活躍馬は無し。母父Not For Loveは全兄にリズムがおり、現役時代29戦6勝。重賞勝ちは無し。種牡馬として数頭の重賞勝ち馬を出しているがG1勝ち馬は無し。母父としてはカリフォルニアクローム以外に2013年のプリンセスルーニーハンデキャップ(当時G1、現在はG2)を制したStarship Truffles(父ゴーストザッパー)を出している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Local horse California Chrome a favorite to win Santa Anita Derby before Run for the Roses” (英語). Sacramento Bee (2014年4月4日). 2014年6月6日閲覧。
  2. ^ 【ペガサスWC】アロゲートV 世界最高賞金8億円獲得、Cクローム9着スポーツニッポン、2017年1月29日閲覧
  3. ^ カリフォルニアクロームの初年度種付料は4万ドル(アメリカ)ジャパンスタッドブックインターナショナル、2017年1月29日閲覧
  4. ^ カリフォルニアクロームのシャトル種牡馬としての繋養先が決定netkeiba.com、2017年3月27日閲覧
  5. ^ カリフォルニアクロームの父ラッキープルピット、心臓発作で死亡(アメリカ)[生産]”. ジャパン・スタッドブック・インターナショナル (2017年2月23日). 2017年5月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • California Chrome” (英語). Pedigree Online Thoroughbred Database. 2014年6月6日閲覧。

外部リンク[編集]