ゴーストザッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴーストザッパー
欧字表記 Ghostzapper
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2000年4月6日
オーサムアゲイン
ベイビーシップ
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 アデナスプリングズ
馬主 ストロナック・ステーブル
調教師 ロバート・フランケル(アメリカ)
競走成績
生涯成績 11戦9勝
獲得賞金 3,446,120ドル
テンプレートを表示

ゴーストザッパー (Ghostzapper) は、アメリカ合衆国競走馬である。2004年ブリーダーズカップ・クラシックを1分59秒02のレコードタイムで優勝した。2004年エクリプス賞年度代表馬、最優秀古馬に選出された。

競走馬時代[編集]

2002年11月16日ハリウッドパーク競馬場ダート6.5ハロン戦でデビューし、2着に9馬身差をつけて勝利。2戦目は敗れるものの、2003年になって3戦目、4戦目の一般戦を連勝して4戦3勝とする。なお、3戦目から鞍上はハビエル・カステラーノに替わっている。5戦目はキングズビショップステークスと初めて重賞に出走するが、勝ち馬から1/2馬身差の3着に敗れる。続いてヴォスバーグステークスに出走し、2着馬に6.1/2馬身差をつけて初G1制覇を果たした。

年が明けて2004年は同馬にとって飛躍の年となった。緒戦7ハロンのG2トムフールハンデキャップを4馬身1/4差で勝利した後、ここまで7ハロンまでの短距離を使われてきた同馬の次走として9ハロンのG3フィリップ・H. アイズリンブリーダーズカップハンデキャップが選ばれた。レースでは2番手追走から早めに先頭に立つと後続を一気に突き放し10馬身3/4という大差で圧勝した。なお、このレースの同馬に与えられたベイヤー指数は128であり、これは全米歴代3位の値である(1位は134、2位は131でともにグルーヴィが記録している)。

こうして距離延長を問題にしなかった同馬は短距離路線から中距離路線へとシフトし、ブリーダーズカップ・クラシックへのステップとしてG1ウッドワードステークスに出走した。このレースでは後に2005年エクリプス賞年度代表馬となるセイントリアムとレース中盤から激しいマッチレースを繰り広げた。両馬は1マイル通過が1分33秒35というハイペースで後続を引き離していき、最後の直線になっても馬体を合わせたまま競り合ったが、ゴール寸前でゴーストザッパーがセイントリアムをクビ差競り落として勝利を収めた。

大一番のブリーダーズカップ・クラシックは初の10ハロン戦となった。プレザントリーパーフェクトアゼリバードストーンファニーサイドといった強豪を相手にスタートから先頭に立つと一度も先頭を譲ることのないまま最後の直線を迎え、そこから更に後続を突き放し2着のロージズインメイに3馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムの1分59秒02はコースレコードおよびブリーダーズカップ・クラシックのレコードタイムであった。この年を4戦4勝の成績で終え、エクリプス賞の年度代表馬、最優秀古牡馬に選出された。

翌2005年も現役を続行。春の復帰予定が鼻腔の感染症で延期となりメトロポリタンハンデキャップで復帰することとなった。スタートから3番手でレースを進め、向こう正面で逃げる2頭を捉えると直線で後続との差を広げ6馬身1/4差で優勝した。しかし、レース後に左前脚に腫れが見つかり精密検査が行われた結果、左前脚の種子骨に骨折が見つかったため引退し、種牡馬入りすることとなった。

6.5ハロンのヴォスバーグステークス、10ハロンのブリーダーズカップ・クラシックと距離の全く異なるG1をそれぞれ圧勝しており、スプリント戦に対応できるスピードと、10ハロンを逃げ切れるスタミナを併せ持っていると言える。その圧倒的な勝ちっぷりと距離の融通性から、21世紀の北米最強馬の1頭にあげられる。

2012年にはアメリカ競馬名誉の殿堂博物館の栄誉の殿堂に選出された。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2002.11.16 ハリウッドパーク 未勝利 D6.5f 1着 J.ヴァルディヴィアJr. 9馬身 (Binnys Trick)
12.26 サンタアニタパーク 一般戦 D6f 4着 J.ヴァルディヴィアJr. 7 1/2馬身 Scrimshaw
2003.06.20 ベルモントパーク 一般戦 D6f 1着 J.カステリャーノ 3 1/4馬身 (As Wicked)
07.26 サラトガ 一般戦 D7f 1着 J.カステリャーノ 1/2馬身 (Clock Stopper)
08.23 サラトガ キングスビショップS G1 D7f 3着 J.カステリャーノ 1/2馬身 Valid Video
09.27 ベルモントパーク ヴォスバーグS G1 D6.5f 1着 J.カステリャーノ 6 1/2馬身 (Aggadan)
2004.07.04 ベルモントパーク トムフールH G2 D7f 1着 J.カステリャーノ 4 1/4馬身 (Aggadan)
08.21 モンマスパーク フィリップHアイズリンブリーダーズCH G3 D9f 1着 J.カステリャーノ 10 3/4馬身 (Presidentialaffair)
09.11 ベルモントパーク ウッドワードS G1 D9f 1着 J.カステリャーノ クビ (Saint Liam)
10.30 ローンスターパーク ブリーダーズCクラシック G1 D10f 1着 J.カステリャーノ 3馬身 (Roses in May)
2005.05.30 ベルモントパーク メトロポリタンH G1 D8f 1着 J.カステリャーノ 6 1/4馬身 (Silver Wagon)

※Hはハンデキャップ、Sはステークスの略。

種牡馬時代[編集]

2006年より、父のオーサムアゲインも繋養されているアデナスタリオンで種牡馬として繋養されている。2009年に初年度産駒がデビューしたが、当初は期待されたほどの成績を挙げられず、種付料は種牡馬入り時の20万ドルから一時は2万ドルにまで減額された。その後G1馬を複数輩出し、2014年度の種付け料は5万ドルに増額されるなど、評価を回復している。

主な産駒[編集]

2007年産
2009年産
2010年産

血統表[編集]

ゴーストザッパー血統(デピュティミニスター系(ヴァイスリージェント系) / アウトブリード (血統表の出典)
父系

Awesome Again
1994 鹿毛
父の父
Deputy Minister
1979 黒鹿毛
Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
父の母
Primal Force
1987 鹿毛
Blushing Groom Red God
Runaway Bride
Prime Prospect Mr.Prospector
Square Generation

Baby Zip
1991 鹿毛
Relaunch
1976 芦毛
In Reality Intentionally
My Dear Girl
Foggy Note The Axe
Silver Song
母の母
Thirty Zip
1983 黒鹿毛
Tri Jet Jester
Haze
Saliaway Hawaii
Quick Wit F-No.23-b
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]