函館2歳ステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
函館2歳ステークス
Hakodate Nisai Stakes[1]
開催国 日本の旗 日本
主催者 日本中央競馬会
競馬場 函館競馬場
創設 1969年8月17日
2017年の情報
距離 芝1200m[2]
格付け GIII[2]
賞金 1着賞金3100万円[2]
出走条件 サラ系2歳(国際)(特指)
負担重量 馬齢(#競走条件を参照)
テンプレートを表示

函館2歳ステークス(はこだてにさいステークス)は、日本中央競馬会(JRA)が函館競馬場で施行する中央競馬重賞競走GIII)である。

正賞は北海道知事賞[2]

概要[編集]

1969年に函館3歳ステークス(はこだてさんさいステークス)の名称で創設[3]された3歳(現2歳)馬による重賞競走。条件や施行時期の変遷(後述)を経て、現在は函館競馬開催の悼尾を飾る競走として概ね定着している。通常は芝コースの1200mで施行しているが、1994年のみダート1000mで施行された。

1997年に函館競馬場と札幌競馬場の開催順が入れ替わったことにより、中央競馬では最初に行われる2歳馬の重賞となった[3][4]

競走条件[編集]

以下の内容は、2017年現在[2][5]のもの。

出走資格:サラ系2歳

  • JRA所属馬
  • 地方競馬所属馬(後述)
  • 外国調教馬(8頭まで、優先出走)

負担重量:馬齢重量(54kg)

  • ただし、南半球生まれの競走馬は3kgを減量[1]

地方競馬所属馬は栄冠賞ウィナーズチャレンジ(2競走)で1着となった馬に、本競走の優先出走権が与えられる[6]。また、本競走で1着となった地方競馬所属馬は阪神ジュベナイルフィリーズ朝日杯フューチュリティステークスホープフルステークス[7]のいずれかに出走資格が与えられるほか、2着以内の成績を収めた地方競馬所属馬は札幌2歳ステークスにも出走できる[6]

地方競馬所属馬が出走申込を行った場合は、出走申込頭数が4頭以下でも競走の取りやめを行わないことが競馬番組一般事項で規定されている[2]

賞金[編集]

2017年の1着賞金は3100万円で、以下2着1200万円、3着780万円、4着470万円、5着310万円[2]

歴史[編集]

  • 1969年 - 3歳馬による馬齢重量の重賞競走として「函館3歳ステークス」の名称で創設[3]、函館競馬場・芝1200mで施行[4]
  • 1984年
    • グレード制施行によりGIII[注 1]に格付け。
    • 混合競走に指定、外国産馬が出走可能になる[4]
  • 1994年 - 函館競馬場の芝コース改修工事により、ダート1000mで施行[4]
  • 1995年 - 特別指定交流競走に指定され、地方競馬所属馬は札幌3歳ステークスクローバー賞コスモス賞の2着以内馬に限り出走可能となる[4]
  • 1997年 - 地方競馬所属馬の出走資格をラベンダー賞2着以内馬に変更。
  • 2001年
    • 馬齢表示が国際基準へ変更されたことに伴い、出走条件を「2歳」に変更[4]
    • 競走名を「函館2歳ステークス」に変更。
  • 2007年 - 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIIIに変更[3]
  • 2010年
  • 2012年 - 地方競馬所属馬の出走枠が栄冠賞ウィナーズチャレンジ(2競走)の1着馬に変更される。
  • 2013年 - 未出走馬・未勝利馬の出走制限を廃止[3]

歴代優勝馬[編集]

優勝馬の馬齢は、2000年以前も現行表記を用いる。

コース種別の記載がない距離は、芝コースを表す。

競走名は第32回まで「函館3歳ステークス」[3]

回数 施行日 競馬場 距離 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 1969年8月17日 函館 1200m タニノソブリン 牝2 JRA 1:13.5 山本正司 中村好夫 谷水信夫
第2回 1970年9月6日 函館 1200m ロングワン 牡2 JRA 1:13.7 田口光雄 松田由太郎 中井長一
第3回 1971年8月29日 函館 1200m トモエオー 牡2 JRA 1:12.5 郷原洋行 大久保房松 瀬川祐二
第4回 1972年7月2日 函館 1200m タカヨシタイホウ 牡2 JRA 1:15.2 太宰義人 中村好夫 高山義雄
第5回 1973年9月16日 函館 1200m サクライワイ 牝2 JRA 1:21.7 小島太 高木良三 (株)さくらコマース
第6回 1974年9月1日 函館 1200m ホシバージ 牡2 JRA 1:12.8 簗田善則 増本勇 田中寛次
第7回 1975年8月31日 函館 1200m イナリニウドー 牡2 JRA 1:12.7 郷原洋行 鴨田次男 イナリ競走馬(株)
第8回 1976年9月5日 函館 1200m ソーウンムサシ 牡2 JRA 1:11.3 加賀武見 阿部正太郎 (株)デルマークラブ
第9回 1977年9月4日 函館 1200m バンブトンコート 牡2 JRA 1:11.9 伊藤清章 伊藤修司 樋口正蔵
第10回 1978年7月30日 函館 1200m シルクスキー 牝2 JRA 1:11.3 伊藤清章 伊藤修司 中山信一
第11回 1979年9月16日 函館 1200m サクラシンゲキ 牡2 JRA 1:11.8 東信二 境勝太郎 (株)さくらコマース
第12回 1980年9月14日 函館 1200m シンピロー 牡2 JRA 1:13.2 楠孝志 二分久男 林幸雄
第13回 1981年9月20日 函館 1200m ホクトフラッグ 牡2 JRA 1:11.9 柴田政人 中野隆良 森滋
第14回 1982年9月26日 函館 1200m シャダイソフィア 牝2 JRA 1:10.9 猿橋重利 渡辺栄 吉田善哉
第15回 1983年9月25日 函館 1200m サクラトウコウ 牡2 JRA 1:14.7 東信二 境勝太郎 (株)さくらコマース
第16回 1984年9月23日 函館 1200m エルプス 牝2 JRA 1:10.5 木藤隆行 久恒久夫 小畑安雄
第17回 1985年9月22日 函館 1200m ダイナアクトレス 牝2 JRA 1:10.3 東信二 矢野進 (有)社台レースホース
第18回 1986年9月21日 函館 1200m ホクトヘリオス 牡2 JRA 1:14.5 南田美知雄 中野隆良 森滋
第19回 1987年9月27日 函館 1200m ディクターランド 牡2 JRA 1:12.2 村本善之 菅谷禎高 (有)社台レースホース
第20回 1988年9月25日 函館 1200m サザンビーナス 牝2 JRA 1:11.2 松永幹夫 﨑山博樹 南重利
第21回 1989年9月24日 函館 1200m ダイイチオイシ 牡2 JRA 1:12.3 猿橋重利 沖芳夫 辻本春雄
第22回 1990年9月23日 函館 1200m ミルフォードスルー 牝2 JRA 1:12.7 横山典弘 田中耕太郎 則武清司
第23回 1991年9月22日 函館 1200m アトムピット 牝2 JRA 1:13.7 内田浩一 池江泰郎 森本忠治
第24回 1992年9月27日 函館 1200m マザートウショウ 牝2 JRA 1:13.5 横山典弘 奥平真治 トウショウ産業(株)
第25回 1993年9月26日 函館 1200m マリーゴッド 牡2 JRA 1:14.1 横山賀一 奥平真治 鈴木勇太郎
第26回 1994年9月25日 函館 ダート1000m ダンツダンサー 牝2 JRA 1:00.0 藤田伸二 山内研二 山元哲二
第27回 1995年9月24日 函館 1200m プラウドマン 牡2 JRA 1:11.5 清山宏明 中村均 吉田正代
第28回 1996年9月21日 函館 1200m マイネルマックス 牡2 JRA 1:10.7 佐藤哲三 中村均 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第29回 1997年7月27日 函館 1200m アグネスワールド 牡2 JRA 1:09.8 武豊 森秀行 渡辺孝男
第30回 1998年8月2日 函館 1200m リザーブユアハート 牡2 JRA 1:11.1 横山典弘 白井寿昭 前田幸治
第31回 1999年8月1日 函館 1200m エンゼルカロ 牝2 北海道[8] 1:11.3 井上俊彦 林正夫 白井民平
第32回 2000年7月30日 函館 1200m マイネルジャパン 牡2 JRA 1:10.6 四位洋文 佐々木晶三 (株)サラブレッドクラブ・ラフィアン
第33回 2001年7月29日 函館 1200m サダムブルースカイ 牡2 JRA 1:11.1 松永幹夫 中村均 大西定
第34回 2002年8月4日 函館 1200m アタゴタイショウ 牡2 JRA 1:11.5 菊沢隆徳 萩原清 坪野谷和平
第35回 2003年8月10日 函館 1200m フィーユドゥレーヴ 牝2 JRA 1:12.2 藤田伸二 山内研二 (株)ローレルレーシング
第36回 2004年8月8日 函館 1200m アンブロワーズ 牝2 JRA 1:10.4 D.ホワイト 小島太 (有)サンデーレーシング
第37回 2005年8月7日 函館 1200m モエレジーニアス 牡2 北海道[9] 1:10.7 五十嵐冬樹 堂山芳則 中村和夫
第38回 2006年8月6日 函館 1200m ニシノチャーミー 牝2 JRA 1:10.3 四位洋文 浅見秀一 西山茂行
第39回 2007年8月5日 函館 1200m ハートオブクィーン 牝2 北海道[10] 1:13.8 武幸四郎 若松平 滝沢孝純
第40回 2008年8月10日 函館 1200m フィフスペトル 牡2 JRA 1:10.7 三浦皇成 加藤征弘 (有)キャロットファーム
第41回 2009年8月9日 札幌 1200m ステラリード 牝2 JRA 1:09.7 岩田康誠 森秀行 広尾レース(株)
第42回 2010年8月8日 函館 1200m マジカルポケット 牡2 JRA 1:11.2 安藤勝己 領家政蔵 榊原源一郎
第43回 2011年8月7日 函館 1200m ファインチョイス 牝2 JRA 1:10.8 上村洋行 領家政蔵 宮川純造
第44回 2012年7月14日 函館 1200m ストークアンドレイ 牝2 JRA 1:10.4 川島信二 山内研二 本間茂
第45回 2013年7月21日 函館 1200m クリスマス 牝2 JRA 1:09.6 丸山元気 斎藤誠 森田謙一
第46回 2014年7月19日 函館 1200m アクティブミノル 牡2 JRA 1:10.2 藤岡康太 北出成人 吉岡實
第47回 2015年7月26日 函館 1200m ブランボヌール 牝2 JRA 1:10.5 岩田康誠 中竹和也 前田葉子
第48回 2016年7月24日 函館 1200m レヴァンテライオン 牡2 JRA 1:09.2 三浦皇成 矢作芳人 ライオンレースホース
第49回 2017年7月23日 函館 1200m カシアス 牡2 JRA 1:10.0 浜中俊 清水久詞 (株)カナヤマホールディングス

関連項目[編集]

  • 栄冠賞 - 地方競馬で最初に行われる2歳馬の重賞。本競走のステップレースにも位置づけられている

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の格付表記は、JRAの独自グレード。

出典[編集]

  1. ^ a b Hakodate Nisai S.”. IFHA(国際競馬統括機関連盟). 2015年7月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 平成29年第2回函館競馬番組 (PDF)”. 日本中央競馬会. 2017年7月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 今週の注目レース(第47回函館2歳ステークス:歴史・プレイバック)”. 日本中央競馬会. 2017年7月24日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 函館2歳S特集(レースガイド)”. netkeiba.com. 2015年7月21日閲覧。
  5. ^ 重賞競走一覧(レース別・関東) (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 26. 2017年7月24日閲覧。
  6. ^ a b JRA函館・札幌競馬 2歳特指競走日程”. ホッカイドウ競馬. 2015年7月14日閲覧。
  7. ^ □地が出走できるGI競走とそのステップ競走について(平成29年度)日本中央競馬会、2017年7月16日閲覧
  8. ^ 出走履歴(エンゼルカロ) - 地方競馬全国協会、2015年4月12日閲覧
  9. ^ 出走履歴(モエレジーニアス) - 地方競馬全国協会、2015年4月12日閲覧
  10. ^ 出走履歴(ハートオブクィーン) - 地方競馬全国協会、2015年4月12日閲覧

各回競走結果の出典[編集]

外部リンク[編集]