サマーチャンピオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サマーチャンピオン
Vancle Tateyama 20080815R1.jpg
第8回サマーチャンピオン
開催国 日本の旗 日本
主催者 佐賀県競馬組合
競馬場 佐賀競馬場
創設 2001年8月14日
2019年の情報
距離 ダート1400m
格付け JpnIII
賞金 1着賞金2100万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上オープン(指定交流)
出走資格も参照
負担重量 ハンデキャップ
出典 [1]
テンプレートを表示

サマーチャンピオンは、佐賀県競馬組合佐賀競馬場ダート1400mで施行するダートグレード競走(JpnIII)である。農林水産省が賞を提供しているため、正式名称は「農林水産大臣賞典 サマーチャンピオン」と表記される。

副賞は、農林水産大臣賞、日本中央競馬会理事長賞、地方競馬全国協会理事長賞、日本馬主協会連合会会長奨励賞、(一社)日本地方競馬馬主振興協会会長賞、全国公営競馬主催者協議会会長賞、佐賀県馬主会会長賞、佐賀県知事賞(2019年)[2]

概要[編集]

ダートグレード競走として2001年に創設され、格付けはGIII2007年にJpnIIIに変更となった。2003年から農林水産大臣賞典として行われている。2007年からハンデキャップ競走に変更された。

条件・賞金(2019年)[編集]

出走条件
出走条件サラブレッド系3歳以上。中央競馬所属馬の出走枠は5頭と定められている。
吉野ヶ里記念で上位2着までに入った馬に優先出走権がある。
負担重量
ハンデキャップ[1]
賞金額
1着2100万円、2着630万円、3着210万円、4着126万円、5着84万円[2]

歴史[編集]

歴代優勝馬[編集]

回数 施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主
第1回 2001年8月14日 トシザミカ 牝6 JRA R1:25.8 河内洋 音無秀孝 上村叶
第2回 2002年8月14日 フジノコンドル 牡4 笠松 1:27.2 安藤勝己 後藤保 国本勇
第3回 2003年8月18日 ロングカイソウ 牝6 JRA 1:26.8 小池隆生 大根田裕之 中井敏雄
第4回 2004年8月16日 ニホンピロサート 牡6 JRA 1:26.9 小牧太 目野哲也 小林百太郎
第5回 2005年8月16日 アグネスジェダイ 牡3 JRA 1:28.3 小牧太 森秀行 渡辺孝男
第6回 2006年8月15日 メイショウバトラー 牝6 JRA 1:26.1 佐藤哲三 高橋成忠 松本好雄
第7回 2007年8月14日 キングスゾーン 牡5 愛知 1:27.4 安部幸夫 原口次夫 杉本富士也
第8回 2008年8月15日 ヴァンクルタテヤマ 牡6 JRA R1:25.4 倉富隆一郎 安田伊佐夫 辻幸雄
第9回 2009年8月17日 ヴァンクルタテヤマ 牡7 JRA R1:25.2 幸英明 武田博 辻幸雄
第10回 2010年8月18日 セレスハント 牡5 JRA 1:26.4 福永祐一 松永幹夫 岡浩二
第11回 2011年8月16日 スーニ 牡5 JRA R1:23.8 川田将雅 吉田直弘 吉田和美
第12回 2012年8月15日 テイクアベット 牡4 JRA 1:25.0 幸英明 湯窪幸雄 加藤守
第13回 2013年8月13日 エーシンウェズン 牡6 JRA 1:27.0 川田将雅 野中賢二 (株)栄進堂
第14回 2014年8月19日 エーシンビートロン 牡8 JRA 1:26.1 武幸四郎 西園正都 (株)栄進堂
第15回 2015年8月18日 タガノトネール 5 JRA 1:26.2 川田将雅 鮫島一歩 八木良司
第16回 2016年8月18日 グレイスフルリープ 牡6 JRA 1:25.7 小牧太 橋口慎介 前田晋二
第17回 2017年8月16日 ラインシュナイダー 牡5 JRA 1:26.1 武豊 沖芳夫 大澤繁昌
第18回 2018年8月14日 エイシンバランサー 牡6 兵庫 1:25.7 下原理 新子雅司 平井克彦
第19回 2019年8月14日 グランドボヌール 牡5 JRA 1:26.6 和田竜二 鈴木孝志 田畑利彦
  • Rは、コースレコードを示す。

各回競走結果の出典[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 農林水産大臣賞典 第19回サマーチャンピオン出走予定馬のお知らせ(8/8現在)”. さがけいば (2019年8月9日). 2019年8月12日閲覧。
  2. ^ a b 佐賀競馬出走馬一覧表令和1年度第10回佐賀競馬第3日8月14日(火) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年8月12日閲覧。
  3. ^ “地方競馬の交流重賞で中央馬の出走枠が拡大”. サンケイスポーツ. (2015年12月6日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20151206/etc15120609270001-n1.html 2016年8月16日閲覧。