松本好雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まつもと よしお
松本 好雄
Yoshio-Matsumoto20101010.jpg
2010年10月撮影
生誕 (1938-01-06) 1938年1月6日(84歳)
日本の旗 日本 兵庫県明石市
出身校千葉工業大学
職業技術者実業家馬主
肩書き株式会社きしろ元社長、現会長
日本馬主協会連合会名誉会長[1]

松本 好雄(まつもと よしお、1938年1月6日 - )は、日本実業家馬主

経歴・人物[編集]

世界シェア4割を占める大型船舶用ディーゼルエンジンのクランク軸など、産業機械を手掛ける株式会社きしろ代表取締役会長(2013年現在[2])。愛棋家としても知られ、将棋の腕前はアマ六段。将棋棋士の内藤國雄とは旧知の間柄。その内藤の発案に応える形で、2005年より女流棋戦『きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦』のスポンサーとなっている。2007年には紺綬褒章、2010年には旭日小綬章を受章している[3][4]

馬主活動[編集]

松本の勝負服

1974年、日本中央競馬会に馬主登録する[3]。現在では個人馬主としては少数の部類である一世代50頭近くを所有する大馬主であり、2009年9月からは日本馬主協会連合会会長を務め現在は名誉会長。冠名に用いる「メイショウ」[4]は、本人が明石市生まれであることから「石の本」に由来し[3]、また同じ発音の「名将」ともかけている。勝負服の柄は胴青、桃襷、袖桃[5]であり、地方競馬浦和競馬場所属騎手の吉本隆記が松本の許可を得て同じ柄の勝負服を使用している[5]。所有馬のほとんどは栗東トレーニングセンターに入厩(ほぼすべての厩舎)しているが、一部美浦トレーニングセンター小島太厩舎や中野栄治厩舎に預託している馬もいる。また、妻の和子、息子で[6]きしろの現社長を務める好隆も馬主であり、好隆は2015年クイーンステークスを制したメイショウスザンナを所有している。いずれも冠名は好雄と同じく「メイショウ」を用いる。

大牧場出身の良血馬に席巻されている日本競馬界の中で、松本は中小規模の牧場との交流や繋がりを重視し、持ち馬のほとんどがそれらの牧場出身の良血とは言い難い安価な馬というのが特徴である。松本自身が馬を見て選ぶことはせず、調教師や牧場が薦めた馬を安く買っている。そのため、後に東京優駿天皇賞を制するメイショウサムソンを初めて生で見たのは、デビュー戦となった小倉競馬場のパドックであった。また、現役時代に所有していた馬の産駒も多く、メイショウホムラとその産駒メイショウバトラーは父子二代で重賞勝ち馬となった。中小規模の牧場で働く人々からは尊敬と親しみを込めて「メイショウさん」と呼ばれており、日高地区には「三愛会」という名の松本を囲む会もあるという[7]。所有した牡馬が競走馬として活躍できなくても、誘導馬に転向させることが多い馬主のひとりでもある。

幾多の重賞を制しながらGⅠのタイトルには長らく縁がなく、2001年メイショウドトウ宝塚記念を制するまでに28年を要したが、その後はメイショウボーラーフェブラリーステークス優勝)、メイショウサムソン皐月賞日本ダービー天皇賞・春天皇賞・秋優勝)など、GⅠレースでの活躍も目立つようになった。

リーディング上位の馬主の場合、調教師に対して出走レースや騎手の起用などにまで注文を付けることもあるが、松本は基本的に「自分は全く馬のことは分からないから、(調教師に)お任せをしている。従って口を出すことはない」とすべて一任していた。ただし2007年、メイショウサムソンの凱旋門賞挑戦に際しては、敢えて騎手を石橋守から武豊に替えさせた。松本は石橋と武の2人を呼んで「今回ばかりは私のわがままを聞いて欲しい」と、石橋に武へのスイッチの了解を求めたという(日刊スポーツなどの報道より)。その後2010年代に入り武豊や、武幸四郎を本格的に自身の競走馬の主戦騎手に据えるようになった[8]

座右の銘は「人がいて、馬がいて、そして又、人がいる」。

主な所有馬[編集]

GI級競走優勝馬[編集]

重賞競走優勝馬[編集]

獲得賞金順一覧[編集]

馬名 性別 生年 戦数 勝数 賞金
メイショウサムソン 2003 27 9 10億6594万9000円
メイショウドトウ 1996 27 10 9億2133万4000円
メイショウバトラー 2000 50 14 5億8480万3000円
メイショウボーラー 2001 29 7 4億6672万4000円
メイショウトウコン 2002 41 9 4億2953万円
メイショウマンボ 2010 10 6 3億9806万7000円
メイショウアムール 1991 53 11 3億9329万9000円
メイショウカイドウ 1999 43 11 3億5698万4000円
メイショウオウドウ 1995 27 6 3億3297万7000円
メイショウモトナリ 1994 32 7 2億9579万7000円
メイショウレグナム 1988 59 7 2億7508万9000円
メイショウベルーガ 2005 30 7 2億6749万8000円
メイショウビトリア 1987 39 6 2億5312万1000円
メイショウワカシオ 1994 59 7 2億3733万7000円
メイショウホムラ 1988 25 10 2億3441万5000円
メイショウキオウ 1997 38 7 2億1922万5000円
メイショウユウシ[注 2] 1991 69 9 2億1205万9000円
メイショウスミトモ 2011 70 8 2億1275万円

※獲得賞金が2億円以上の、既に登録が抹消された馬について記載。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 小倉大賞典、北九州記念、小倉記念の3レースを同一年に制覇した初の小倉三冠馬となった。
  2. ^ 主な勝ち鞍はテレビ愛知オープン。地方移籍後に松本から岡村勝喜に名義変更されている。

出典[編集]

  1. ^ 役員・歴代会長紹介 - 日本馬主協会連合会、2022年6月4日閲覧。
  2. ^ 企業理念” (日本語). KISHIRO GROUP. 2013年5月17日閲覧。
  3. ^ a b c ニュースCIT 2013.4.15 活躍する校友 松本好雄氏
  4. ^ a b 松本好雄氏の祝賀会に約1000人出席” (日本語). デイリースポーツ (2011年2月22日). 2011年2月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月17日閲覧。
  5. ^ a b 秋田麻由子 (2012年8月3日). “地方競馬です!!「ミスターピンクの一言で…吉本騎手が再デビュー!」” (日本語). スポーツニッポン. 2013年5月17日閲覧。
  6. ^ 遠征断念、乗り替わり、メイショウサムソンを巡る幾つものエピソード「松本オーナーのためにも…」/第7回 - netkeiba、2022年9月7日閲覧。
  7. ^ 重賞ウイナーレポート「2005年02月20日 フェブラリーS G1 優勝馬:メイショウボーラー」” (日本語). 競走馬のふるさと案内所. 日本軽種馬協会 (2005年). 2013年5月17日閲覧。
  8. ^ 競馬最強の法則 2011年12月号「武豊騎手が貧乏騎手をイジメている!?」記事内