メイショウドトウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メイショウドトウ
Meisho Doto 20020113.jpg
2002年1月13日 京都競馬場
欧字表記 Meisho Doto[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 1996年3月25日(25歳)[1]
Bigstone[1]
プリンセスリーマ[1]
母の父 Affirmed[1]
生国 アイルランドの旗 アイルランド[1]
生産 P. ハーディー[1]
馬主 松本好雄[1]
調教師 安田伊佐夫栗東[1]
競走成績
生涯成績 27戦10勝[1]
獲得賞金 9億2133万4000円[1]
 
勝ち鞍
GI 宝塚記念 2001年
GII 金鯱賞 2000年
GII オールカマー 2000年
GII 日経賞 2001年
GIII 中京記念 2000年
テンプレートを表示

メイショウドトウ[1]は、日本競走馬種牡馬。主な勝ち鞍に2001年宝塚記念など。

競走馬時代[編集]

  • 特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ[2]

1999年1月6日、京都競馬場の新馬戦でデビューし2着、2戦目で勝ちあがる[3]。4月中京競馬場の500万下条件戦かいどう賞で2勝目を挙げ、秋に入って嵯峨野特別、ドンカスターステークスと連勝しオープンクラスに昇級。オープン初戦の六甲ステークスは11頭立ての最下位に終わったが、年明けの日経新春杯で8番人気ながらマーベラスタイマーの2着に入り、続く中京記念でブリリアントロード以下をおさえて重賞初制覇とした[4]日経賞3着、メトロポリタンステークス1着を経て金鯱賞で重賞2勝目を挙げ、宝塚記念でもテイエムオペラオーの2着とした。秋は初戦のオールカマーを制して重賞3勝目としたが、天皇賞(秋)ジャパンカップ、そして有馬記念の3戦すべてでテイエムオペラオーの2着に甘んじた[4]2001年を迎えて初戦の日経賞を制したが、天皇賞(春)ではテイエムオペラオーに五度目の先着を許して2着に終わったものの、続く宝塚記念では3コーナーから早めに押し切ってテイエムオペラオーの追撃を振り切り、6度目の対戦でついにテイエムオペラオーを下してG1競走初制覇を成し遂げた[4]。秋は天皇賞(秋)、ジャパンカップ、有馬記念の3戦とも未勝利に終わり、有馬記念4着が最後のレースとなった。

2002年を迎えて間もなく、テイエムオペラオーと2頭そろっての合同引退式が挙行された[3][5]

競走成績[編集]

以下の内容は、JBISサーチ[2]およびnetkeiba.com[6]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
1999. 1. 6 京都 4歳新馬 9 7 7 2.3(1人) 2着 安田康彦 55 ダ1800m(良) 1.56.6 (36.5) 0.2 タイソーサ
1. 16 京都 4歳新馬 9 3 3 1.3(1人) 1着 安田康彦 55 ダ1800m(良) 1.55.7 (37.8) -0.3 (ミラクルギフト)
3. 20 阪神 4歳500万下 9 3 3 2.8(1人) 4着 安田康彦 55 ダ1800m(不) 1.52.7 (37.2) 1.0 タイロバリー
4. 18 中京 かいどう賞 500 16 4 7 2.9(1人) 1着 安田康彦 55 ダ1700m(稍) 1.46.9 (38.1) -0.1 ダイナミックウイン
5. 23 中京 香港ジョッキークラブT OP 16 1 1 9.3(6人) 8着 安田康彦 55 ダ1700m(良) 1.46.9 (38.4) 1.0 マイシーズン
9. 5 札幌 ポプラS 900 11 5 5 37.1(8人) 8着 安田康彦 55 芝1500m(良) 1.30.7 (36.3) 0.9 プリンセスカーラ
9. 18 札幌 大倉山特別 900 10 1 1 6.0(3人) 4着 安田康彦 55 芝1800m(良) 1.51.4 (36.6) 1.0 チアズビューティ
9. 25 札幌 道新スポーツ賞 900 14 4 6 16.5(8人) 2着 安田康彦 55 芝2000m(重) 2.05.7 (38.2) 0.8 エリモピュア
10. 16 京都 嵯峨野特別 900 13 5 6 16.5(4人) 1着 安田康彦 53 芝2000m(良) 2.02.2 (34.7) -0.4 (バイオレットパール)
11. 14 京都 ドンカスターS 1600 11 6 6 12.3(4人) 1着 安田康彦 55 芝1800m(良) 1.46.9 (34.6) -0.1 (ロードサクセサー)
12. 26 阪神 六甲S OP 11 4 4 2.2(1人) 11着 安田康彦 54 芝2000m(良) 2.04.3 (37.2) 2.0 トゥナンテ
2000. 1. 16 京都 日経新春杯 GII 14 3 4 19.2(8人) 2着 武幸四郎 53 芝2400m(良) 2.24.4 (36.0) 0.1 マーベラスタイマー
3. 5 中京 中京記念 GIII 14 8 13 7.7(3人) 1着 安田康彦 54 芝2000m(良) R1.59.1 (35.9) -0.5 (ブリリアントロード)
3. 26 中山 日経賞 GII 10 4 4 9.3(4人) 3着 安田康彦 56 芝2500m(良) 2.35.8 (35.8) 0.4 レオリュウホウ
4. 29 東京 メトロポリタンS OP 9 7 7 1.5(1人) 1着 安田康彦 57 芝2300m(良) 2.18.5 (35.5) -0.2 (クラフトマンシップ)
5. 27 中京 金鯱賞 GII 11 4 4 8.2(3人) 1着 安田康彦 57 芝2000m(稍) 1.58.5 (34.2) -0.2 ジョービッグバン
6. 25 阪神 宝塚記念 GI 11 4 4 23.0(6人) 2着 河内洋 58 芝2200m(良) 2.13.8 (35.9) 0.0 テイエムオペラオー
9. 24 中山 オールカマー GII 9 2 2 1.9(1人) 1着 的場均 58 芝2200m(重) 2.15.8 (35.6) -0.3 (サクラナミキオー)
10. 29 東京 天皇賞(秋) GI 16 8 15 4.4(2人) 2着 的場均 58 芝2000m(重) 2.00.3 (35.9) 0.4 テイエムオペラオー
11. 26 東京 ジャパンC GI 16 7 13 16.1(5人) 2着 安田康彦 57 芝2400m(良) 2.26.1 (35.4) 0.0 テイエムオペラオー
12. 24 中山 有馬記念 GI 16 7 13 6.8(2人) 2着 安田康彦 57 芝2500m(良) 2.34.1 (36.5) 0.0 テイエムオペラオー
2001. 3. 24 中山 日経賞 GII 10 1 1 1.1(1人) 1着 安田康彦 58 芝2500m(良) 2.33.7 (34.6) -0.1 マチカネキンノホシ
4. 29 京都 天皇賞(春) GI 12 5 5 6.5(3人) 2着 安田康彦 58 芝3200m(良) 3.16.3 (35.3) 0.1 テイエムオペラオー
6. 24 阪神 宝塚記念 GI 12 3 3 3.4(2人) 1着 安田康彦 58 芝2200m(良) 2.11.7 (35.1) -0.2 (テイエムオペラオー)
10. 28 東京 天皇賞(秋) GI 13 2 2 3.4(2人) 3着 安田康彦 58 芝2000m(重) 2.02.6 (36.5) 0.6 アグネスデジタル
11. 25 東京 ジャパンC GI 15 1 1 4.9(3人) 5着 安田康彦 57 芝2400m(良) 2.24.6 (35.8) 0.8 ジャングルポケット
12. 23 中山 有馬記念 GI 13 8 13 5.5(2人) 4着 安田康彦 57 芝2500m(良) 2.33.3 (34.6) 0.2 マンハッタンカフェ

引退後[編集]

引退後はテイエムオペラオーとともにイーストスタッド種牡馬となり[3][5]、10年間の供用で血統登録頭数270頭、出走頭数はそのうちの241頭を数えた[7]。その後、加齢していき種付頭数が減少する中でオーナーの松本好雄はあくまで一生涯面倒を見る予定であったが、認定NPO法人引退馬協会から協会の「顔」として松本に譲渡を要請し、松本がこれを受託したことから2017年から引退馬協会のフォスターホースとして余生を過ごすこととなった[5][8]2018年引退名馬繋養展示事業の助成対象馬となり、11月29日にイーストスタッドからヴェルサイユファームへ移動[8]。以降は広報部長的ポジションのナイスネイチャや相前後してフォスターホースとなったタイキシャトルとともに、引退馬協会の啓蒙活動の役割を担っている[5]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

メイショウドトウ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

Bigstone
1990 鹿毛
父の父
*ラストタイクーン
Last Tycoon
1983 鹿毛
*トライマイベスト
Try My Best
Northern Dancer
Sex Appeal
Mill Princess Mill Reef
Irish Lass
父の母
Batave
1982 栗毛
*ポッセ
Posse
Forli
In Hot Pursuit
Bon Appetit Major Portion
Sweet Solera

*プリンセスリーマ
Princess Reema
1984 栗毛
Affirmed
1975 栗毛
Exclusive Native Raise a Native
Exclusive
Won't Tell You Crafty Admiral
Scarlet Ribbon
母の母
First Fling
1977 黒鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Fast Approach First Landing
Pinny Gray
母系(F-No.) プリンセスリーマ(USA)系(FN:4-p) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer 4×4=12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ [13]
  2. ^ [14]
  3. ^ [13][14]
  4. ^ [13][14]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o メイショウドトウ(IRE)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  2. ^ a b メイショウドトウ 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  3. ^ a b c メイショウドトウを訪ねて~イーストスタッド”. 競走馬のふるさと案内所 馬産地コラム. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  4. ^ a b c “[https://jra-van.jp/fun/tokusyu/g1/takaraduka/winners/takaraduka2001.html 積極策が生んだ6度目の逆転劇 2001年 メイショウドトウ]”. 宝塚記念 歴代優勝馬ピックアップ. JRA-VAN. 2020年4月25日閲覧。
  5. ^ a b c d メイショウドトウ”. フォスターホース紹介 メイショウドトウ. 認定NPO法人引退馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  6. ^ メイショウドトウの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月25日閲覧。
  7. ^ メイショウドトウ(IRE) 種牡馬情報:世代・年次別(サラ系総合)”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  8. ^ a b c d メイショウドトウがヴェルサイユファームへ移動”. 競走馬のふるさと案内所 馬産地ニュース. 公益社団法人日本軽種馬協会 (2018年12月3日). 2020年4月25日閲覧。
  9. ^ ライジングウェーブ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  10. ^ フーガ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  11. ^ シャイン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  12. ^ シゲルケンシン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  13. ^ a b c メイショウドトウ(IRE) 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2020年4月25日閲覧。
  14. ^ a b c メイショウドトウの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2020年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]