明石市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
あかしし
明石市
Akashi montage.JPG
明石市旗 明石市章
明石市旗 明石市章
1911年3月30日制定
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 兵庫県
市町村コード 28203-1
法人番号 9000020282031 ウィキデータを編集
面積 49.42km2
総人口 299,765[編集]
推計人口、2020年10月1日)
人口密度 6,066人/km2
隣接自治体 神戸市加古川市加古郡稲美町播磨町
明石海峡を挟んで)淡路市
市の木 キンモクセイ
市の花 キク
市のキャラクター 時のわらし
明石市役所
市長 泉房穂
所在地 673-8686
兵庫県明石市中崎一丁目5番1号
北緯34度38分35.3秒東経134度59分50秒座標: 北緯34度38分35.3秒 東経134度59分50秒
市庁舎位置

明石市役所
外部リンク 公式ウェブサイト
Akashi in Hyogo Prefecture Ja.svg
特記事項 明石市を通る東経135度の経度が日本標準時子午線とされている
 表示 ウィキプロジェクト
日本標準時」を刻む親時計(明石市立天文科学館)現在の大時計は3代目
明石市中心部周辺の空中写真。1985年撮影の16枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

明石市(あかしし)は、近畿地方の中部、兵庫県南部の明石海峡に面する都市兵庫県東播磨県民局に区分されており、中核市に指定されている。

本項目では市制前の名称である明石郡明石町(あかしちょう)についても述べる。

地理[編集]

  • 日本標準時を決める東経135度線が通る市として知られる。日本標準時は明治初期は京都・伏見を基準地点としたが、1886年(明治19年)より国際的に地球の経度・360度を24分割する15度の倍数の子午線を基準とすることとなり、日本では東経135度が日本標準時子午線と定められたことで、線上に位置する明石市が「子午線のまち」として定着した。子午線上の明石市立天文科学館には、日本標準時を刻む大時計が設置されている[注釈 1][1]

隣接する自治体・行政区[編集]

市境はほとんどの部分が神戸市でわずかに残る西側を播磨町加古川市稲美町で分けている。

神戸市への通勤率は29.6%である(平成22年国勢調査)。

歴史[編集]

行政[編集]

市長[編集]

  • 市長:泉房穂(2019年3月17日就任)
歴代市長
氏名 就任日 退任日 備考
官選明石市長
1 三輪信一郎 1919年(大正8年)11月1日 1920年(大正9年)12月13日
2 相川茂郷 1921年(大正10年)10月12日 1922年(大正11年)7月13日
3 山脇一次 1922年(大正11年)7月15日 1924年(大正13年)10月8日
4 磯野鶴太郎 1925年(大正14年)7月22日 1937年(昭和12年)6月7日
5 青木雷三郎 1937年(昭和12年)6月8日 1946年(昭和21年)11月13日
公選明石市長
6 辻猛 1947年(昭和22年)4月6日 1951年(昭和26年)4月4日
7 田口政五郎 1951年(昭和26年)4月25日 1955年(昭和30年)2月3日
8 丸尾儀兵衛 1955年(昭和30年)3月13日 1967年(昭和42年)4月29日
9 吉川政雄 1967年(昭和42年)4月30日 1971年(昭和46年)4月5日
10 衣笠哲 1971年(昭和46年)4月27日 1983年(昭和58年)6月11日
11 小川剛 1983年(昭和58年)7月24日 1991年(平成3年)7月23日
12 岡田進裕 1991年(平成3年)7月24日 2003年(平成15年)4月30日 明石花火大会歩道橋事故の引責辞職
13 北口寛人 2003年(平成15年)5月1日 2011年(平成23年)4月30日
14 泉房穂 2011年(平成23年)5月1日 2019年(平成31年)2月2日 職員に対する暴言問題により引責辞職
2019年(平成31年)3月17日 現職 出直し選挙で3選、2019年統一地方選で4選

不祥事[編集]

2018年6月、明石市役所は自庁の部長級職員が部下に対して常軌を逸した暴力行為を行っていたと発表した。当該職員は依願退職したが、刑事告訴はされていない[17]

2017年6月14日夕方、泉市長が道路拡幅に伴う用地買収が進まないため担当幹部を市長室に呼び出し、「立ち退きさせてこい。今日、火をつけて捕まってこい。燃やしてまえ」などと暴言を吐いていたことが2019年1月28日に判明した。泉市長は事実関係を認め、「市長としてあるまじき行為で深く反省している」と述べ、この幹部には同日、謝罪した[18]

2018年8月、市内在住の両親が、当時生後2ヵ月の男児について、児童相談所から虐待を疑われて一時保護される事案があった。児童相談所は、この男児を乳児院に長期入所させるよう神戸家庭裁判所明石支部に申し立てたが、2019年8月に同支部は「虐待とは言えない」として申し立てを退け、さらに同年11月に大阪高等裁判所も児童相談所の抗告を棄却した。これを受けて男児は両親の元に戻されたが、両親は約1年3ヵ月間に亘り男児と離れて暮らすことを強いられる形となった。泉房穂市長は2020年9月に両親に会って謝罪し、第三者委員会を設置し問題点を検証するとしている[19]

2019年2月1日、「引き留める声もあるんですが、自分の発言に責任を取りたい」として辞意を表明し[20]、市議会議長宛に辞表を提出。翌2日の市議会臨時会で全会一致で辞職に同意した[21]。泉は3月17日に行われた出直し選挙で、3回目の当選を果たした[22]

その他[編集]

市の出先機関(市民センター・サービスコーナー)

  • 大久保市民センター・魚住市民センター・二見市民センター
  • 明舞サービスコーナー・明石駅市民サービスコーナー・西明石サービスコーナー・高丘サービスコーナー・江井島サービスコーナー

郵便局

警察関連

消防

保健所

  • あかし保健所
  • あかし動物センター

図書館

国の機関

議会[編集]

明石市議会[編集]

  • 定数:30人
  • 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日
  • 議長:大西洋紀(未来明石)
  • 副議長:宮坂祐太(フォーラム明石)
会派名 議席数 議員名(◎は幹事長または団長)
自民党 真誠会 11 ◎三好宏、林健太、灰野修平、井藤圭順、寺井吉広、坂口光男、石井宏法、辰巳浩司、穐原成人、千住啓介、榎本和夫
公明党 6 ◎松井久美子、尾倉あき子、佐々木敏、国出拓志、梅田宏希、飯田伸子
フォーラム明石 4 ◎吉田秀夫、竹内きよ子、林丸美、宮坂祐太
維新の会 3 ◎筒泉寿一、北川貴則、森勝子
未来明石 3 ◎出雲晶三、丸谷聡子、大西洋紀
日本共産党 2 ◎辻本達也、楠本美紀
スマイル会 1 ◎家根谷敦子

2019年5月1日現在。

兵庫県議会[編集]

2019年兵庫県議会議員選挙
  • 選挙区:明石市選挙区
  • 定数:4人
  • 投票日:2019年4月7日
  • 当日有権者数:247,054人
  • 投票率:34.79%
候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数
北口寛人 53 無所属 18,535票
松本隆弘 56 自由民主党 16,381票
伊藤勝正 52 公明党 14,467票
岸口実 54 日本維新の会 13,511票
中西礼皇 39 立憲民主党 10,844票
福原由加利 31 日本共産党 7,863票
横山伸吾 33 無所属 3,258票
2015年兵庫県議会議員選挙
  • 選挙区:明石市選挙区
  • 定数:4人
  • 投票日:2015年4月12日
  • 当日有権者数:236,277人[23]
  • 投票率:41.61%
候補者名 当落 年齢 党派名 新旧別 得票数
北口寛人 49 無所属 22,173票
伊藤勝正 48 公明党 15,635票
松本隆弘 52 自由民主党 15,561票
樽谷彰人 40 維新の党 13,190票
新町美千代 68 日本共産党 12,102票
岸口実 50 民主党 9,453票
荒金美保 55 無所属 9,063票

衆議院[編集]

氏名 会派名 当選回数
西村康稔 自由民主党 6

人口[編集]

平成30年3月1日現在の人口は296,714人(明石市ホームページより)。 近年は人口減少傾向にあったが、平成25年から連続で増加に転じている。

Demography28203.svg
明石市と全国の年齢別人口分布(2005年) 明石市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 明石市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

明石市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


気候[編集]

  • 1年を通じて温暖である。[24]
明石の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 9.0
(48.2)
9.5
(49.1)
12.3
(54.1)
17.4
(63.3)
22.1
(71.8)
25.5
(77.9)
29.4
(84.9)
31.4
(88.5)
28.4
(83.1)
22.9
(73.2)
17.1
(62.8)
11.8
(53.2)
19.8
(67.6)
平均最低気温 °C (°F) 1.5
(34.7)
1.6
(34.9)
4.2
(39.6)
9.3
(48.7)
14.4
(57.9)
18.9
(66)
23.2
(73.8)
24.7
(76.5)
20.8
(69.4)
14.5
(58.1)
8.5
(47.3)
3.7
(38.7)
12.1
(53.8)
降水量 mm (inch) 35.0
(1.378)
52.0
(2.047)
82.8
(3.26)
87.4
(3.441)
121.6
(4.787)
136.5
(5.374)
136.2
(5.362)
83.8
(3.299)
126.3
(4.972)
105.2
(4.142)
61.9
(2.437)
41.9
(1.65)
1,073
(42.244)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 5.4 6.6 9.2 9.1 9.4 10.8 10.1 6.4 8.9 7.7 6.1 5.6 95.4
平均月間日照時間 148.4 149.2 178.2 189.6 191.9 149.6 185.9 233.6 172.5 176.0 154.6 154.1 2,075.5
出典: 気象庁

地域[編集]

明石市の中心部あたり(山陽電鉄山陽明石駅、明石天文台より俯瞰)

町丁・大字[編集]

本庁地区[編集]

旧・明石町と林崎村の区域である

本庁地区にある住宅地
北朝霧丘2丁目で撮影
郵便番号 大字名
673-0001 明南町
673-0002 旭が丘
673-0003 鳥羽
673-0004 鳥羽弁財天
673-0005 小久保
673-0006 二本松
673-0007 鳥羽西鳥羽
673-0008 沢野
673-0009 西明石東町
673-0011 西明石町
673-0012 和坂
673-0013 和坂稲荷町
673-0014 川崎町
673-0015 花園町
673-0016 松の内
673-0017 野々上
673-0018 西明石北町
673-0021 北王子町
673-0022 王子
673-0023 西新町
673-0024 南王子町
673-0025 田町
673-0026 船上町
673-0027 新明町
673-0028 硯町
673-0029 大道町
673-0031 宮の上
673-0032 立石
673-0033 林崎町
673-0034
673-0035 南貴崎町
673-0036 松江
673-0037 貴崎
673-0038 別所町
673-0041 西明石南町
673-0042 東藤江
673-0044 藤江
(小字川添は673-0043
小字若林は673-0045
小字中谷町は673-0047
中谷山のみ673-0048)
673-0046 藤が丘
673-0049 西明石西町
673-0841 天王町
673-0842 荷山町
673-0843 太寺大野町
673-0844 東野町
673-0845 太寺
673-0846 上ノ丸
673-0847 明石公園
673-0848 鷹匠町
673-0849 茶園場町
673-0851 朝霧北町
673-0852 朝霧台
673-0853 朝霧山手町
673-0854 東朝霧丘
673-0855 中朝霧丘
673-0856 西朝霧丘
673-0857 北朝霧丘
673-0860 朝霧東町
673-0861 松が丘北町
673-0862 松が丘
673-0866 朝霧町
673-0867 大蔵谷奥
673-0868 東山町
673-0870 朝霧南町
673-0871 大蔵八幡町
673-0872 大蔵町
673-0873 大蔵中町
673-0874 大蔵本町
673-0875 大蔵天神町
673-0876 東人丸町
673-0877 人丸町
673-0878 山下町
673-0879 大蔵海岸通
673-0881 天文町
673-0882 相生町
673-0883 中崎
673-0884 鍛治屋町
673-0885 桜町
673-0886 東仲ノ町
673-0891 大明石町
673-0892 本町
673-0893 材木町
673-0894 港町
673-0895 岬町
673-0896 日富美町
673-0897 大観町
673-0898 樽屋町

大久保地区[編集]

明石市に編入される前の旧・大久保町の範囲である。

大久保地区にある住宅地
大久保町高丘6丁目で撮影
郵便番号 大字名
674-0050 大久保町松陰山手
674-0051 大久保町大窪
674-0052 大久保町松陰新田
674-0053 大久保町松陰
674-0054 大久保町西脇
674-0055 大久保町緑が丘
674-0056 大久保町山手台
674-0057 大久保町高丘
674-0058 大久保町駅前
674-0059 大久保町茜
674-0061 大久保町森田
674-0062 大久保町谷八木
674-0063 大久保町八木
674-0064 大久保町江井島
674-0065 大久保町西島
674-0066 大久保町福田
674-0067 大久保町大久保町
674-0068 大久保町ゆりのき通
674-0069 大久保町わかば

魚住地区[編集]

明石市に編入される前の旧・魚住村の範囲である。

魚住地区の街並み
魚住町清水で撮影
郵便番号 大字名
674-0071 魚住町金ケ崎
674-0072 魚住町長坂寺
674-0073 魚住町鴨池
674-0074 魚住町清水
674-0081 魚住町錦が丘
674-0082 魚住町中尾
674-0083 魚住町住吉
674-0084 魚住町西岡

二見地区[編集]

二見地区の街並み
二見町西二見で撮影
郵便番号 大字名
674-0091 二見町福里
674-0092 二見町東二見
674-0093 二見町南二見
674-0094 二見町西二見
674-0095 二見町西二見駅前

姉妹都市、友好都市・交流都市[編集]

姉妹都市[編集]

1968年12月9日に姉妹都市連携を締結する。

友好都市[編集]

1981年8月29日に友好都市を連携する[10]

交流都市[編集]

「うみのまち 明石」、「やまのまち 養父」として交流協定を結び、毎年、両市で市民交流が行われており、2005年5月15日に交流協定を締結した。

津名郡東浦町淡路町北淡町と「明石・北淡路海峡交流懇話会」を1998年10月21日に設立し、2005年4月1日に津名郡が五色町を除く全域が合併し、淡路市になったことから「明石市、淡路市海峡交流懇話会」に改称する。

市旗・市章[編集]

市旗[編集]

  • 市旗は制定されていないが、地色は白色で、紋章が赤色に指定されている[26]

市章[編集]

明石市章

司法[編集]

裁判所

同市に本社を置く企業[編集]

産業[編集]

明石は戦前から飛行機産業が盛んで、現在も飛行機製造メーカーや電子部品メーカーがある。阪神工業地帯播磨臨海工業地帯の1つである。企業誘致に成功し、二見町南二見(通称:人工島)にある二見臨海工業団地には多くの企業が立地し、外国人労働者も多い。

明石の酒造り[編集]

播磨南東部では、良質な米と水に恵まれ江戸時代初期より酒造りが行われている。明石は、神戸の「灘」に対し、「西灘」と呼ばれ、300年以上の歴史がある酒どころで、2019年現在、明石市内に酒造業を営む蔵元が6事業所存在する。

金融[編集]

指定金融機関:三井住友銀行(旧・太陽神戸銀行さくら銀行、西暦の偶数年7月~翌年6月)・三菱UFJ銀行(旧・三和銀行UFJ銀行、西暦の奇数年7月~翌年6月)2行による輪番制を長く続けてきたが、2019年7月より三井住友銀行単独となった[29]

病院[編集]

教育[編集]

大学[編集]

専門学校[編集]

高等専門学校[編集]

高等学校[編集]


中学校[編集]


小学校[編集]

国立[編集]

公立[編集]


特別支援学校[編集]

廃止された学校[編集]

交通[編集]

明石駅北口

鉄道[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
山陽電気鉄道

計画中の鉄道[編集]

バス[編集]

かつては明石市交通部(明石市営バス)が市内を運行していたが、2012年3月17日に廃止され、路線は神姫バス・山陽バスにそれぞれ譲渡された。

道路[編集]

港湾[編集]

海上交通[編集]

  • 明石淡路フェリー(たこフェリー):明石港(兵庫県明石市)~岩屋港(兵庫県淡路市)(2010年10月休止、2012年6月に正式に廃止)
  • 淡路ジェノバライン:明石港(兵庫県明石市)~岩屋港(兵庫県淡路市)・明石港(兵庫県明石市)~富島港(兵庫県淡路市)富島航路は休止中

マスメディア[編集]

名所・旧跡[編集]

住吉神社-魚住
魚の棚商店街
明石江井島酒館

神社[編集]

寺院[編集]

博物館[編集]

城跡[編集]

公園[編集]

その他[編集]

かつてあった施設[編集]

伝統行事・伝統芸能など[編集]

  • 左義長(1月 明石浦漁協・伊弉冊神社)
  • おしゃたか船(7月 岩屋神社)
  • おくわはん(6月 清水神社の農耕神事、明石市無形文化財)
  • 囃口流し(市無形民俗文化財)獅子舞(県無形民俗文化財)(10月上旬 稲爪神社)

文化施設[編集]

名産品[編集]

玉子焼(明石焼)
  • 玉子焼(明石焼) 明石焼と表記している店は観光客相手の所が多い

2016年12月に東京で開催されたB-1グランプリスペシャルに明石市として出展。「あかし玉子焼ひろめ隊」を中心としたPRによりゴールドグランプリを獲得し、明石市が「行きたいまち 住みたいまち 応援したいまち」ナンバーワンに選ばれた。

目前の播磨灘は、古来から好漁場として知られ、特に明石タコいかなごは、全国的な名品として著名。市街地の中心にある魚の棚商店街(通称「うおんたな」)などでは、様々な海産物を購入できる。

観光資源[編集]

明石海峡大橋は、神戸市垂水区から架かっている。ちなみに明石大橋国道2号明石川を渡る橋である。

阪神・淡路大震災[編集]

  • 1995年1月17日午前5時46分に発生し、明石市立天文科学館など市内の東側を中心に被害が出た。市内では死者5名を出し、6軒の民家で火災が発生した。当市では同日午前6時半に「明石市災害対策本部」を立ち上げた。2日後の1月19日現在では死者4名、家屋の全壊と半壊で4,839戸、水道は市の半分近くが断水、ガスは明石川より東側は停止、電気と電話はライフラインが回復し、バスと電車は市内を中心に回復した。2週間後の1月31日現在では水道は市内の全域で復旧した[11][32]

市外局番[編集]

前述の通り明石市の大部分が神戸市と隣接し、なおかつ神戸市との合併の話もあったことから市外局番は全域が078(神戸MA)がである。全域が市外局番が078は明石市のみである[注釈 2]。また、兵庫県下においては尼崎市(全域が06(大阪MA))、伊丹市川西市川辺郡猪名川町(3市町とも全域が072(池田MA))とともに市外局番が079または079Xを採用していない。

明石に関連する有名人[編集]

出身人物[編集]

明石ゆかりの人物[編集]

明石市を舞台とした作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 明石市はあくまで日本標準子午線上の自治体の一つであるが、1910年、日本最初の子午線標識が建立されている
  2. ^ 市外局番が078はほかに加古川市平岡町土山神戸市北区生野高原住宅を除く)、西宮市北六甲台、すみれ台及び山口町に限る。)、加古郡播磨町(上野添、北野添、古宮、西野添、野添、野添城、東野添、東新島及び二子に限る。)で神戸市も全域が078ではない。

出典[編集]

  1. ^ 市のあらまし”. 明石市. 2020年1月14日閲覧。
  2. ^ a b 図典 日本の市町村章 p158
  3. ^ a b 市章・市の木・市の花・市歌”. 明石市. 2019年10月10日閲覧。
  4. ^ a b 明石市徽章”. 明石市例規集. 2019年10月17日閲覧。
  5. ^ 市制施行”. 明石市例規集. 2019年10月17日閲覧。
  6. ^ 明石市歌”. 明石市例規集. 2019年10月17日閲覧。
  7. ^ 昭和17年市ノ境界変更”. 明石市例規集. 2019年10月12日閲覧。
  8. ^ 昭和25年市ノ境界変更”. 明石市例規集. 2019年10月17日閲覧。
  9. ^ ごあいさつ”. 明石市. 2019年10月17日閲覧。
  10. ^ a b 交流のあゆみ”. 明石市. 2019年10月17日閲覧。
  11. ^ a b 広報あかし 1995年1月19日 地震関連情報(2012-9-12アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project.2020年1月14日閲覧。
  12. ^ a b 明石市・淡路市海峡交流懇話会の概要(2013-3-6アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project.2020年1月14日閲覧。
  13. ^ 市政だより あかし(2001年8月1日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project.2020年8月8日閲覧。
  14. ^ 特例市 明石市(2012年3月16日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project.2020年8月8日閲覧。
  15. ^ a b 養父市との交流”. 明石市. 2019年10月12日閲覧。
  16. ^ 明石市は、中核市に移行しました”. 明石市 (2018年4月1日). 2020年8月8日閲覧。
  17. ^ パワハラ元部長、暴力やセクハラも 停職6カ月 明石 - ウェイバックマシン(2018年6月28日アーカイブ分)- 神戸新聞NEXT
  18. ^ 「火をつけて捕まってこい」 明石市長が部下に暴言 用地買収巡り”. 毎日新聞. 毎日新聞 (2019年1月28日). 2019年1月29日閲覧。
  19. ^ 虐待疑われ1年超親子別離 兵庫・明石市長が両親に謝罪 第三者委で問題点検証へ 毎日新聞 2020年10月15日
  20. ^ 明石市長が辞意 市職員への暴言問題で”. 神戸新聞NEXT. 神戸新聞 (2019年2月1日). 2019年2月1日閲覧。
  21. ^ 明石市長選前倒し 3月末までに実施へ - 神戸新聞NEXT 2019年2月2日
  22. ^ “明石市長選、泉氏が3選 「暴言」批判かわす”. 神戸新聞. (2019年3月17日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201903/0012155699.shtml 2019年3月19日閲覧。 
  23. ^ 平成27年執行兵庫県議会議員選挙の記録 5 投票 (PDF)”. 兵庫県庁. 2019年4月14日閲覧。
  24. ^ 市のあらまし”. 明石市. 2019年10月9日閲覧。
  25. ^ 学校紹介”. 明石市立二見中学校. 2019年10月9日閲覧。
  26. ^ 都市の紋章 : 一名・自治体の徽章 p47
  27. ^ 都市の紋章 : 一名・自治体の徽章
  28. ^ 日本の市章 (西日本)p33
  29. ^ 指定金融機関等の今後の体制について明石市議会
  30. ^ 市民ガイド/環境・防災・交通/JR新駅構想明石市ホーム.2019年10月11日閲覧。
  31. ^ 第6回人間サイズのまちづくり賞兵庫県.2019年10月11日閲覧。
  32. ^ 広報あかし 1995年2月号 地震関連情報(2013年9月6日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project.2020年10月29日閲覧

参考文献[編集]

  • 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、小学館、2007年1月10日、初版第1刷。ISBN 4095263113
  • 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。NDLJP:955061
  • 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。
  • 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]