江見絹子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江見 絹子(えみ きぬこ、1923年6月7日[1]- 2015年1月13日)は日本の画家。本名は荻野絹子。夫はアメリカ人で、作家の荻野アンナは長女。

来歴[編集]

兵庫県明石市生まれ。兵庫県立加古川高等女学校(現兵庫県立加古川西高等学校)卒業。1949年、第4回行動展に初入選、翌年、第5回展で奨励賞を受賞、1952年、第7回展で最高賞である行動美術賞を受賞、1953年に会員となる。1975年以降は火、水、風、土の四大元素をモチーフとした抽象画を展開した。

2015年1月13日心不全で死亡した[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]