柴田佳主也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柴田 佳主也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県明石市
生年月日 (1968-03-16) 1968年3月16日(49歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1990年 ドラフト4位
初出場 1995年6月16日
最終出場 2004年7月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

柴田 佳主也(しばた かずや、1968年3月16日 - )は兵庫県明石市出身の元プロ野球選手投手)。現役時代は130キロ台の速球ながら、スライダーを武器に左のサイドスローとしてワンポイントリリーフで活躍した。「連続登板機会敗戦なし」のプロ野球記録保持者(235試合)。

来歴・人物[編集]

1990年度ドラフト会議にて近鉄バファローズから4位指名を受けて入団。一軍初出場は5年目の1995年とやや遅かったが、1997年には54試合に登板し、左のワンポイントリリーフとしての地位を築いた。5月14日福岡ダイエーホークス戦では1球でプロ初黒星を喫したが、初黒星が1球敗戦となるのはプロ野球史上初であった。なお柴田の一軍での黒星はこの1敗のみで、唯一の黒星が1球敗戦というケースは2015年シーズン終了時点で柴田のみである。

2000年は50試合に登板して防御率1.82と、後続の投手次第で防御率が跳ね上がることも多いワンポイントとしては抜群の安定感を見せ、7月18日日本ハムファイターズ戦ではプロ10年目・168試合目の登板にして初勝利を挙げた。なお、同年に同じ10年目の戎信行が初勝利を挙げ話題となったが、戎の前年までの登板数は27試合であり、柴田はワンポイントではあったが重要な場面での登板も多かったことから、いかに柴田が特殊なケースであるかがうかがえる。

2001年は近鉄の選手会副会長を務めて野球人生初の優勝に貢献したが、小坂誠にプロ入り初の満塁ホームランを献上するなどやや精彩を欠いた。同年の日本シリーズにも4試合登板したが、球団の若返り政策により戦力外通告を受ける。

2002年は初勝利を挙げた相手である日本ハムにテスト入団したが、3試合の登板で防御率16.88に終わり[1]、オフに再び戦力外に。2003年阪神タイガースにテスト入団しそれなりの投球を見せていたが、5月9日に二軍落ちして以降は一軍登板はなく、3年連続で戦力外になった。

2004年はダイエーにテスト入団したが、結果を残せずオフに戦力外となり、このシーズン限りで引退。在籍した4球団全てから、しかも4年連続で自由契約となり(同様のケースには他に巨人 - ダイエー - ヤクルト - 近鉄と在籍した廣田浩章がいるが、廣田はダイエーとヤクルトには複数年在籍した)、さらに3年連続でのテスト入団や初白星・初黒星の経緯など、珍しい記録を多く作った選手であった。現在はマスターズリーグの大阪ロマンズに在籍。また、スポーツDEPO天王寺店でアドバイザーをしている[2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 近鉄 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 56 14.2 13 2 6 0 0 7 0 0 5 5 3.07 1.30
1996 10 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 31 5.1 13 1 2 0 1 4 0 0 5 3 5.06 2.81
1997 54 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 249 56.0 57 2 26 2 3 34 1 0 20 18 2.89 1.48
1998 39 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 88 20.2 21 2 7 0 0 14 0 2 12 10 4.35 1.35
1999 36 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 64 15.2 9 2 9 1 3 7 1 0 7 7 4.02 1.15
2000 50 0 0 0 0 3 0 0 -- 1.000 123 29.2 26 0 11 2 1 16 1 1 7 6 1.82 1.25
2001 42 0 0 0 0 0 0 1 -- ---- 86 20.2 23 5 4 1 0 11 0 0 10 10 4.35 1.31
2002 日本ハム 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 2.2 5 1 1 0 1 3 0 0 5 5 16.88 2.25
2003 阪神 9 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 26 6.0 7 0 0 0 3 4 0 0 1 1 1.50 1.17
2004 ダイエー 9 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 26 5.1 9 0 1 0 0 3 1 0 5 5 8.44 1.88
通算:10年 259 0 0 0 0 4 1 1 -- .800 764 176.2 183 15 67 6 12 103 4 3 77 70 3.57 1.42

記録[編集]

  • 初登板:1995年6月16日、対福岡ダイエーホークス11回戦(福岡ドーム)、4回裏2死に2番手で救援登板、3回1/3無失点
  • 初勝利:2000年7月18日、対日本ハムファイターズ16回戦(東京ドーム)、8回裏1死に6番手で救援登板、2/3回無失点
  • 初セーブ:2001年6月24日、対福岡ダイエーホークス15回戦(大阪ドーム)、9回表2死に6番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 連続登板機会敗戦なし:235試合(1997年5月15日、対福岡ダイエーホークス9回戦(ナゴヤドーム) - 2004年7月16日、対近鉄バファローズ17回戦(大阪ドーム) ※日本プロ野球記録
  • 1球敗戦投手:1997年5月14日、対福岡ダイエーホークス8回戦(ナゴヤドーム)、8回表1死に4番手で救援登板、0回1失点 ※史上14人目


背番号[編集]

  • 48 (1991年 - 1994年)
  • 62 (1995年 - 1998年)
  • 13 (1999年 - 2001年、2004年)
  • 33 (2002年)
  • 52 (2003年)

脚注[編集]

  1. ^ 4月13日の大阪近鉄戦で敗戦処理として登板した時に、2回自責点5の逆サイクルを達成。(ローズ死球、中村紀・押出し四球、次の回にウィルソン安打、藤井・二塁打、高須・三塁打、ローズ・2ラン本塁打)
  2. ^ 週刊ベースボール2012年4月16日号 P14

関連項目[編集]