大蔵海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大蔵海岸(おおくらかいがん)は兵庫県明石市東部の大蔵海岸通1丁目、2丁目にある海浜公園。広さは320,000m2

家族連れでにぎわうの大蔵海岸。沖に淡路島が見える。

概要[ソースを編集]

JR山陽本線朝霧駅から明石市役所付近に続く大蔵海岸は、古来から白砂青松の海岸として有名で海水浴など観光客で賑わう。

海浜公園としての人工の砂浜のほか、バーベキュー施設、レジャー用品の大型店舗、入浴施設(スーパー銭湯)、24時間営業のスーパーマーケットなどもある。また、1999年堀江謙一が太平洋横断をした「モルツマーメイドII号」が恒久展示されている(バーベキュー「La mer cafe Okura」は2007年閉鎖)。

しかし、海岸線に国道28号が建設された際に、護岸が堤防消波ブロックで固められ、海に近づくのは釣り客程度という状態になった。 その後、明石海峡大橋を眺望する絶好の場所であることから「海浜公園」として再生させることとなり、1993年から埋立が1998年に供用が開始された。

その他[ソースを編集]

1999年12月31日には見通しがよい事ということから「AKASHI千年祭」の花火大会の開催場所に選ばれた。2000年12月31日には、インパク明石海峡世紀越え行事「ジャパンカウントダウン2001」の会場ともなっている。

2001年12月の砂浜陥没事故(後述)以来、砂浜部分は閉鎖されて花火大会も行われていない。2005年6月頃に再びオープンの予定であったが、コアジサシの巣があることが確認されたため、オープンは巣立ち後の時期に延期された。

アクセス[ソースを編集]

東端はJR朝霧駅が隣接する。山陽電車からは大蔵谷駅人丸前駅が最寄り駅となる。 2009年からはちょいのりバスが停車する。国道28号沿いにある。

事故[ソースを編集]

  • 2001年7月21日 - 第32回市民夏祭りの際、花火見物の客が近くのJR朝霧駅に押し寄せた為、駅と海岸を結ぶ歩道橋が非常に混雑し、死傷者が発生した(明石花火大会歩道橋事故)。
  • 2001年12月30日 - 砂浜の陥没事故により女児が生き埋めになる(翌年5月26日に死亡)[1][2]

ギャラリー[ソースを編集]

大蔵海岸南側
朝霧駅歩道橋から明石海峡大橋を遠望。
中央に明石海峡大橋と「モルツマーメイドII号」、その右手には淡路島が見える。橋を挟んだ反対側が舞子(神戸市垂水区)である。下部の砂浜は大蔵海岸で、撮影場所の朝霧駅歩道橋(写真左隅に、明石花火大会歩道橋事故の慰霊碑)は明石海峡大橋を眺望する絶好のスポットとなっている。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “明石砂浜陥没事故:国交省など元職員4人の有罪判決確定へ”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年7月24日). http://mainichi.jp/select/news/20140725k0000m040067000c.html 2014年7月24日閲覧。 
  2. ^ 参議院会議録情報 第154回国会 国土交通委員会 第25号”. 国会会議録検索システム. 国立国会図書館 (2002年7月23日). 2014年7月24日閲覧。

外部リンク[ソースを編集]

座標: 北緯34度38分33秒 東経135度00分30秒 / 北緯34.64250度 東経135.00833度 / 34.64250; 135.00833