さくら銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 さくら銀行
The Sakura Bank, Limited
ロゴ
Aozora-bank-kudanshita.jpg
さくら銀行本店(現あおぞら銀行本店)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8314
1949年5月16日 - 2001年3月27日
大証1部(廃止) 8314
1949年5月16日 - 2001年3月27日
札証 8314
1950年4月1日 - 2001年3月27日
京証 8314
1949年12月 - 2001年3月1日
略称 さくら
本社所在地 日本の旗 日本
102-0074
東京都千代田区九段南一丁目3番1号
設立 1948年昭和23年)9月23日
(株式会社帝国銀行)
業種 銀行業
金融機関コード 0002
SWIFTコード MITKJPJT
事業内容 普通銀行業務
代表者 岡田明重
(最後の代表取締役頭取
資本金 1兆427億2,600万円
売上高 単体:1兆9,299億7,100万円
連結:2兆1,474億9,500万円
(経常収益、2000年3月期)
営業利益 単体:1,599億3,200万円
連結:1,364億9,700万円
経常利益、同期)
純利益 単体:571億1,700万円
連結:625億8,100万円
(同期)
純資産 単体:2兆2,522億8,900万円
連結:2兆2,085億5,400万円
(同期末)
総資産 単体:46兆5,594億8,500万円
連結:48兆4,956億0,800万円
(同)
従業員数 14,930人(単体、同)
支店舗数 545店
決算期 3月31日
主要子会社 さくら銀行業績の概要 (PDF) の96ページに一覧表示 - 後身の三井住友フィナンシャルグループのディスクロージャー誌より。
特記事項:いずれも2000年3月期決算[1]
テンプレートを表示
さくら銀行のデータ
統一金融機関コード 0002
SWIFTコード MITKJPJT
店舗数 国内:420
海外:26
(※出張所・代理店・駐在員事務所を含む)
貸出金残高 319,3995,200万円
預金残高 333,4265,500万円
(※譲渡性預金を含む)
特記事項:
いずれも2000年3月期決算[2]
テンプレートを表示

株式会社さくら銀行The Sakura Bank, Limited)は、かつて存在した都市銀行太陽神戸銀行三井銀行が合併し、1990年4月1日に発足した太陽神戸三井銀行(たいようこうべみついぎんこう)を経て、1992年4月1日にさくら銀行に改称。

2001年4月1日に住友銀行と合併し、三井住友銀行となった。

概要[編集]

1990年4月1日、三井銀行と太陽神戸銀行が合併し、「株式会社太陽神戸三井銀行」(The Mitsui Taiyo-Kobe Bank,Limited)として誕生。存続会社は三井銀で、統一金融機関コード0002は同行のものを継承した。SWIFTコードMITKJPJT(MItsui, Taiyo, Kobeの頭文字に由来)は、さくら銀に行名変更してからも使用された。また、「あなたに近く、世界に近い」をブランドスローガンとして掲げた。

本店は旧太陽神戸銀の東京営業部(東京都千代田区九段南一丁目)に置き[3][注釈 1]、会長には松下康雄(太陽神戸銀頭取、元大蔵事務次官)が頭取には末松謙一(三井銀社長)がそれぞれ就任した。合併時における総貸出残高は当時の都銀12行中最大、総預金は2位、店舗数は国内外533店となり、これも最大であった[4]

改称前は「太神三井(たいしんみつい)」という略称も用意されていて地図の表記等に使われていた。1992年、行名が定着したことにより合併時に商標登録してあった「さくら銀行」に改称[注釈 2]。行章であるは引続き使用された[注釈 3]

旧太陽神戸銀時代から、兵庫県および神戸市指定金融機関を受託し、それがさくら銀発足後にも継承され、今日の三井住友銀でも引き継がれている。

沿革[編集]

  • 1876年7月 - わが国最初の私立銀行として、私盟会社 三井銀行 が創立する。
  • 1893年6月 - 合名会社三井銀行に改組する。
  • 1909年11月 - 株式会社三井銀行に改組。
  • 1936年12月 - 兵庫県下主要7行が合併。株式会社 神戸銀行 が設立される。
  • 1940年12月 - 大日本無尽 株式会社 が設立される。
  • 1943年3月 - 三井銀行と第一銀行が合併。(旧)帝国銀行が設立される。
  • 1944年8月 - (旧)帝国銀と十五銀行が合併する。
  • 1945年7月 - 神戸銀行が信託業務の兼営を開始する。
  • 1948年
    • 4月 - 大日本無尽株式会社が日本無尽株式会社に商号変更する。
    • 10月 - 帝国銀行と第一銀行を分離。(新)帝国銀行 が発足する。
  • 1949年
    • 5月 - 帝国銀行が東京証券取引所および大阪証券取引所に株式を上場する。
    • 12月 - 帝国銀行が京都証券取引所に株式を上場する。
  • 1950年4月 - 札幌証券取引所 に株式を上場する。
  • 1951年10月 - 日本無尽銀行が相互銀行に転換。株式会社日本相互銀行に商号変更する。
  • 1954年1月 - (新) 帝国銀行は株式会社三井銀行に行名を戻す。
  • 1960年4月 - 神戸銀行が信託部門を東洋信託銀行株式会社に譲渡する。
  • 1968年
    • 4月 - 三井銀行と東都銀行が合併する。
    • 12月 - 日本相互銀行が普通銀行に転換。株式会社太陽銀行に商号を変更する。
  • 1973年10月 - 神戸銀行と太陽銀行が対等合併。株式会社太陽神戸銀行が発足する。
  • 1974年3月 - 三井銀行がフランクフルト証券取引所に株式を上場する。
  • 1989年9月 - 三井銀行と太陽神戸銀行が合併契約書に調印する。
  • 1990年
    • 2月 - 三井銀行がジュネーブ・チューリッヒ・バーゼル・パリ各証券取引所 に株式を上場する。
    • 4月1日 - 三井銀行と太陽神戸銀行 が対等合併。株式会社太陽神戸三井銀行が発足する。その際さくら銀行の商標を登録する。ロゴマークはさくらをモチーフにしたものとなり、のちのさくら銀行に引き継がれた。
  • 1992年4月 - 株式会社太陽神戸三井銀行から株式会社さくら銀行へ商号を変更。
  • 1994年3月 - 第一回優先株式1,000億円を一般募集する。
  • 1996年10月 - 第二回優先株式1,500億円を発行する。
  • 2000年7月 - みなと銀行連結子会社化。
  • 2001年4月1日 - 住友銀行と合併。三井住友銀行となる。

合併前の期待[編集]

戦後すぐの帝国銀行分割新発足によって規模が縮小した旧三井銀は、高度成長期において個人客へのサービス進出(預金獲得)に出遅れたことから、旧三井財閥系銀行でありながら三井グループ各社はじめ取引先主要産業の資金需要に十分応え得る規模的拡大を果たせず、中位行ながら店舗数の多い太陽神戸銀と合併し最終的な業容拡大への回答とした。これにより太陽神戸三井銀行が誕生、規模の面ではかつて存在した 富士銀行三和銀行などの都銀上位行に匹敵するものとなり、財閥系都銀としての実力を発揮することが期待された。

危機の中の経営と新たな合併[編集]

しかし、誕生直後にバブル崩壊に見舞われ、旧太陽神戸銀の取引先が膨大な不良債権を生み、旧三井銀の保有していた株式を売却し処理資金を捻出していたことに旧三井銀から不満が噴出していたほか、さくら銀が主力行を担っていた独立系ノンバンク会社アポロリース[注釈 4]の再建策を他行に明示できなかったことから、当事者能力を疑われる事態にも陥っていた[6]。また旧太陽神戸銀内における太陽銀・神戸銀出身者の対立に加え、旧三井銀出身者との対立[注釈 5]も加わり役員人事等では「たすきがけ人事」が取られていたものの、新たな確執も生まれていた。これらに加えて支店の統廃合も進捗せず、規模こそ拡大したが、当初期待された合併効果はさほど発現しなかった。また経営不安説も流れ、株価も低迷した。

こうしたことから行内における軋轢が頂点に達し1997年6月1日付で、末松謙一会長(前頭取。旧三井銀出身)が自身も相談役に退くことと引き換えに橋本俊作頭取(旧太陽神戸銀出身)を更迭。後任には役員序列12位の岡田明重専務(旧三井銀出身)を抜擢。会長には旧太陽神戸銀出身の高崎正弘専務が就任。さらに2人の副頭取も旧三井銀出身者が占める新執行体制に移行した[6] 。これを機に旧三井銀主導の経営が鮮明となった。

以後岡田頭取のもとで、1000億円の公的資金注入を受けたほか、三井グループ各社やトヨタ自動車などへ3000億円の第三者割当増資の引受を要請した[7]。トヨタへの引受要請は、ドッジラインからの影響で労働争議まで発展し、戦後最大の経営危機に陥ったトヨタが、日本銀行の斡旋によって旧帝銀(および旧東海銀行)の取りまとめた協調融資や割賦販売支援によって、危機を脱した恩義を引くものだが[注釈 6]、三井グループでは外様であるトヨタが銀行支援に動くというのは異例の事態であった[9]。このほかリテール戦略の新機軸も軌道に乗せ、今日では一般化したコンビニATMのさきがけとしてコンビニバンキング(後の「アットバンク」)をam/pm内に設置したほか[10]、日本初のインターネット専業銀行「JNB・ジャパンネット銀行」も設立した[11]

2001年合併により誕生した新銀行の行名は「三井住友銀行」(SMBC)となった。また、この当時ドイツ銀行による買収も検討されていたこともあった[12]

グループ会社の現状[編集]

現在「さくら」の名称は、 旧神戸銀行系のソフトウェア会社であるさくらケーシーエス、同じく 旧太陽銀行及び三井銀行系のソフトウェア会社であるさくら情報システムなどで使用されるのみとなっている。なおウェブサイトは、'www.sakura.co.jp'がさくらグループのポータルサイトとして機能し、さくら銀行は'www.sakura.co.jp/bank/'であった。

ブラウザバンキングサービスからSMBCダイレクトへ[編集]

三井住友銀行の個人向けリモートバンキング「One's ダイレクト」は、旧住友銀行が「ワンズダイレクト」として2000年に開始したものだが、さくら銀行でも、合併2か月前を切った2001年2月5日から、これに準ずる「《新》さくらのブラウザバンキングサービス」を開始していた[13]。「さくらのブラウザバンキングサービス(通称:旧ブラウザ)」は、三井住友銀発足後に「One's ダイレクト」への移行期間を経て廃止されたが、「《新》さくらのブラウザバンキングサービス(通称:新ブラウザ)」は、三井住友銀行発足時にそのまま「One's ダイレクト」となり、2008年に「SMBCダイレクト」に改称した。

キャラクター[編集]

イメージキャラクター[編集]

1991年1月1日から銀行のテレビCMが解禁される状況を踏まえ、前年秋、マルチタレントとして活躍しているジュリー・ドレフュスイメージキャラクターに起用。1992年4月の行名変更の際には、同年3月末から4月上旬にかけ、ドレフュスの出演する行名変更を告知するTVCMが関東・関西の民放で集中的に放映された[14]

1998年2月から2001年(住友銀行と合併前まで)にかけて当時人気絶頂であった広末涼子をイメージキャラクターに起用し(当時の都銀でアイドルを起用したのは唯一のケース)、1999年前半のCMタイアップソングとして「明日へ」のシングルが発売された他、当時出演していたNTT移動通信網iモード端末を利用したモバイルバンキングのCMも制作された。後述の『ドラえもん』との共演も果たしている。

マスコットキャラクター[編集]

合併当初におけるキャラクター通帳等のマスコットキャラクターは、旧太陽神戸銀のサンリオによるエディ&エミィ、旧三井銀のくまのパディントンがそのまま併用された。行名変更に合わせマスコットキャラクターも一新。「パラサ&ディンキーダイノス」という恐竜のオリジナルキャラクターを採用。通帳、キャッシュカード、貯金箱等に使用された[15]。1999年2月からは新たに小学館プロダクション藤子プロとの契約によりドラえもんをキャラクターとして採用。通帳やキャッシュカードのデザインにも登場したことは話題となった[注釈 7]

主な融資系列[編集]

旧 三井銀行系

旧 太陽神戸銀行系


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日比谷三井ビルディングに所在した三井銀本店は東京営業部とした。
  2. ^ 元々「太陽神戸三井」の行名は、ブランドが定着するまでの間の期限付使用が決められていた。
  3. ^ ちなみに旧帝国銀行の行章は八重桜であった。一部個人の顧客からは「たこさん銀行(太陽の「た」、神戸の「こ」、三井の「さん」)」とも呼ばれ、中華人民共和国では「櫻花銀行」と呼ばれていた。
  4. ^ 当初は本社を仙台市に置き、後に東京に移転。リース会社として出発したが、主力行であった徳陽相互銀行の乱脈融資の発覚のため、太陽神戸が主力行を引き継いだ。同行に主力行が変わって以降、ローン部門に進出。1999年3月、負債総額4900億円を抱え特別清算を申請。倒産[5]
  5. ^ 詳しくは三井銀行の項目も参照。
  6. ^ ドッジラインによるデフレ政策の影響で深刻な不況に陥り、倒産の危機に瀕したトヨタが、最悪の事態を回避するため、千人の首切りを発表。これに対抗し組合側が無期限のストに突入し、労使間対立が先鋭化。創業者の豊田喜一郎がこの責任を取り退陣を表明。組合側も断腸の思いで首切りを受け入れた[8]
  7. ^ ドラえもんをマスコットキャラクターとして旧太陽神戸銀が小学館発行の『小学一年生』裏表紙に広告を出稿していた。三井住友銀発足当初のキャラクターにも継承されたが粗品に使われる程度にとどまり、約1年で終了した。住友銀は独自のキャラクター「くまのバンクー」を使用していたにもかかわらず、合併時に「くまのバンクー」を完全破棄。かつて住友銀のイメージキャラクターとしても使われていた『ドラえもん』を再び採用した。

出典[編集]

  1. ^ 数値はさくら銀行の後身である「三井住友フィナンシャルグループ」のウェブサイトに掲載されているさくら銀行平成12年(2000年)3月期版ディスクロージャー誌によった。
  2. ^ 数値は、後身である「三井住友フィナンシャルグループ」のディスクロージャー誌(データファイル (PDF)
  3. ^ 『三井住友銀行十年史』P 28
  4. ^ 『三井住友銀行十年史』P 31
  5. ^ 『銀行の墓碑銘』P 289 - 292
  6. ^ a b 「ニュースX線 さくら銀頭取交代の裏に三井VS, 太陽神戸の確執」『朝日新聞』 1997年4月26日
  7. ^ 「さくら銀行 3000億円増資 三井グループが引き受け」『朝日新聞夕刊』 1998年8月31日
  8. ^ 『自動車 合従連衡の世界』P 117 - 118
  9. ^ 「トヨタさくら銀誕生か 増資要請の波紋」『AERA』 1998年9月14日号
  10. ^ 『三井住友銀行十年史』P 104
  11. ^ 『三井住友銀行十年史』P 107 - 108
  12. ^ 日本市場を狙うドイツ銀行のM&A戦略、次はさくら銀行か国際証券?(1998年11月24日 日経BP)
  13. ^ さくら銀行のニュースリリース(1998年 01.12~2001.03.30)
  14. ^ 「銀行CMにも自由化の波 転居多い4月に照準」『日本経済新聞夕刊』1992年3月18日
  15. ^ 「さくら銀、あす "開花" 今晩一斉に表示変更 重要帳票、管理を徹底」『日経金融新聞』1992年3月31日

参考文献[編集]

  • 佐藤正明『自動車 合従連衡の世界』 文春新書、2000年。ISBN 4166601253
  • 有森隆 『銀行の墓碑銘』 講談社、2009年。ISBN 4062152703
  • 三井住友銀行総務部行史編纂室編 『三井住友銀行十年史』 三井住友銀行、2013年。

外部リンク[編集]