小山五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こやま ごろう
小山 五郎
生誕 (1909-03-25) 1909年3月25日
群馬県太田市
死没 (2006-03-02) 2006年3月2日(96歳没)
東京都新宿区
死因 心不全
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 銀行家
活動期間 1932年 - 2006年
受賞 別記参照

小山 五郎(こやま ごろう、1909年3月25日 - 2006年3月2日)は、日本銀行家三井銀行(現:三井住友銀行)の社長、会長を歴任した。

来歴・人物[編集]

群馬県太田市出身。1932年東京帝国大学経済学部卒業後、三井銀行入行。

三井グループの命取りになりかねなかったイラン・ジャパン石油化学(IJPC)の後始末で尽力したが、この件では旧制静岡高校の同窓だった中曽根康弘元首相の協力を取りつけたとも言われている。

三越、鐘淵化学工業(現:カネカ)の再建では黒幕的調整役として手腕を発揮、江戸英雄と共に三井グループの長老として崇敬されたが頑固な性格から、ケンカ五郎と呼ばれ、また、人斬り五郎三井の首領(ドン)などともいわれた。

2006年3月2日、心不全のため東京都内の病院で死去[1]。96歳没。日本経済新聞はその訃報で、「火中の栗を拾う『剛腕』 - 戦後の三井をリード」と評し、また、旧日本興業銀行中山素平・旧日本長期信用銀行杉浦敏介らに続く死により、戦後金融界のドンはほぼ鬼籍に入ったと伝えた。

無類のプロレスファンとして知られ、どんなに多忙であってもテレビのプロレス中継を欠かさず観ていた。また、絵画を趣味としており、少年時代は画家を目指していたほどであった。三井銀行入行後も多忙を極める中、キャンパスに向かってコツコツと絵画制作をしていたという逸話が残る。没後に作品の展覧会がカメイ美術館(宮城県仙台市)にて開催されている[2]

日本を守る国民会議顧問も務めた。

略歴[編集]

三越岡田社長解任事件[編集]

三越1982年公正取引委員会からの審決・「古代ペルシャ秘宝展」の偽物騒ぎ・愛人への不当な利益供与などスキャンダルが続出した際(三越事件)、三越の社外取締役として岡田茂社長に辞職を勧めるが、岡田は語気を強めて五郎の提案を拒否。これを機に経営陣への根回しを行い、9月の岡田社長解任につなげる重要な役割を果たした。これについては高杉良が『王国の崩壊』(光文社、1984年、 徳間文庫、2000年)として上梓している。

家族・親族[編集]

妻は小山完吾の娘で、福澤諭吉の曾孫[3]。五郎は結婚により小山家の婿養子となった[3]。長男は東芝[3]、次男は東レに勤務していた[3]

賞詞[編集]

日本国[編集]

外国[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 早川隆『日本の上流社会と閨閥』角川書店、1983年9月。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小山五郎氏死去 元三井銀行社長 共同通信47News 2006年3月3日閲覧
  2. ^ 小山五郎展 (PDF) カメイ美術館
  3. ^ a b c d 『日本の上流社会と閨閥』、250-251頁。