杉浦敏介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉浦 敏介(すぎうら びんすけ、1911年11月13日 - 2006年1月27日)は日本の実業家。元日本長期信用銀行(現新生銀行)頭取。日韓経済協会第三代目会長。

来歴・人物[編集]

東京市下谷区に杉浦倹一・とし夫妻の次男として生まれる。杉浦家は江戸時代幕臣であった。東京高等学校を経て、東京帝国大学法学部卒業後の1935年日本勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)に入行。日本勧業銀行の権力闘争に敗れた濱口巌根とともに[1]1952年に設立された長銀創立に参加[1]。専務、副頭取を経て1971年5月から1978年6月まで頭取。その後は会長、相談役最高顧問などを務めた。

会長時代も含め20年近くも経営トップの座に君臨し、「長銀中興の祖」、「長銀のドン」と呼ばれた。在職中、リース不動産流通といった新興企業へ積極的な貸出姿勢をとったが、これらの企業への貸出はバブル崩壊後ことごとく不良債権化した。特に、杉浦が中心となって進めたイ・アイ・イ・インターナショナルに対する融資3,800億円がこげ付いたことは、長銀の経営破綻の大きな原因となった。その後、道義的責任を問われるが本人はこれを否定し続けた。しかし、周囲の勧めもあり、自宅を売却して退職金(総額9億円)の一部として2億円を返還した[2]

2006年1月27日、急性心筋梗塞のため東京都内の自宅で死去。94歳没[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 佐高信『経済戦犯 日本をダメにした9人の罪状徳間書店、2001年、21-25頁。ISBN 4-19-861385-0
  2. ^ a b “杉浦・元長銀頭取が死去 破たんで退職金返還”. 共同通信社. 47NEWS. (2006年1月28日). http://www.47news.jp/CN/200601/CN2006012801001016.html 2014年10月30日閲覧。 


先代:
宮崎一雄
日本長期信用銀行頭取
1971年 - 1978年
次代:
吉村勘兵衞