小山完吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山完吾
こやま かんご
Koyama Kango.jpg
生年月日 (1875-05-18) 1875年5月18日
出生地 長野県佐久郡小諸
没年月日 (1955-07-22) 1955年7月22日(80歳没)
出身校 慶應義塾大学部
所属政党 立憲政友会
交友倶楽部
テンプレートを表示

小山 完吾(こやま かんご、明治8年(1875年5月18日[1] - 昭和30年(1955年7月23日)は、日本ジャーナリスト政治家貴族院勅選議員衆議院議員時事新報社長。交友倶楽部所属。

経歴[編集]

長野県佐久郡小諸(現小諸市)出身。明治34年(1901年)、慶應義塾大学部(法令上は旧制専門学校)法律科卒業後、明治38年(1905年)、時事新報記者。明治40年(1907年)、ロンドン大学留学。文部省通俗教育調査委員となり、明治44年(1911年)衆議院議員。衆議院議員時代は立憲政友会に所属。その後、明治生命保険取締役、時事新報社長、慶應義塾評議員、鎌倉高等女学校理事、封鎖預金等審査会、産業復興営団設立委員等となる。昭和21年(1946年)3月に貴族院議員に勅選され交友倶楽部に所属し、昭和22年(1947年)5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

家族・親族[編集]

妻は福澤諭吉の孫娘[3]三井銀行の社長・会長を歴任した小山五郎は婿養子[3]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』122頁。
  3. ^ a b 『日本の上流社会と閨閥』、250-251頁。

参考文献[編集]

  • 早川隆『日本の上流社会と閨閥』角川書店、1983年9月。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』、1990年。