大島堅造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大島 堅造(おおしま けんぞう、1887年1月11日 - 1971年11月24日)は、日本の実業家。住友銀行取締役、経済評論家。

来歴・人物[編集]

群馬県太田市出身。東京府立一中を経て、明治42年(1909年東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。住友銀行入行、外国為替畑を歩いてニューヨーク支店次席、本店外国課長、本店支配人常務、専務を経て、昭和18年(1943年)から昭和22年(1947年)まで本社監事。昭和19年(1944年)まで取締役、昭和20年(1945年)まで監査役を務めた。戦後は甲南大学教授、為替審議会委員など歴任。また国際経済評論家としても活躍した。

財閥解体[編集]

大島堅造は、昭和20年(1945年)の敗戦による財閥解体において、大内兵衛田村幸策とともにGHQの非公式顧問として、住友財閥解体を見届ける。

著書[編集]

  • 外国為替講和
  • 最近の為替と国際金融
  • 日本金融市場論
  • 戦後の為替と国際金融
  • 一銀行家の回想

などがある。