三越事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三越事件(みつこしじけん)とは、1982年昭和57年)に発生した、老舗百貨店三越に係わる一連の事件の総称である。

名門百貨店を舞台にした不祥事は、三越の社長解任劇に発展、世間を大いに賑わせた。

不祥事[編集]

1972年(昭和47年)に社長に就任した岡田茂は自身に批判的な幹部を次々と左遷、岡田天皇と呼ばれる独裁体制を確立させる。以降、岡田は不明瞭な経理によって会社を私物化させていった。特に、岡田のライバルと目されていた常務の坂倉芳明を追放、坂倉は堤清二の誘いで西武百貨店の副社長に就任した。(坂倉はのちに社長に就任、更にその後三越に復帰して社長に就任)

岡田はジャーナリスト恩田貢から紹介された竹久みちを愛人として寵愛、竹久は岡田の庇護のもと三越内において発言力を強め、「三越の女帝」と呼ばれるようになる。

1982年(昭和57年)、週刊朝日が4月23日号で「三越・岡田社長と女帝の暗部」という記事を掲載。

同年6月17日、納入業者に対し三越の商品や日本映画燃える秋』の映画前売券等の購入を要請(押し付け販売)、協賛金や社員派遣を要請、種々の催し物への費用負担の要請につき、三越は独占禁止法第19条の不公正な取引方法(優越的地位の濫用)に当たるとした審決を受ける(公正取引委員会昭和57年6月17日同意審決)。なお、大和運輸(現・ヤマトホールディングス)は創業以来三越の専属配送業者だったが、このような要求をされたことから1979年(昭和54年)に絶縁したが、三越伊勢丹ホールディングス発足以降の物流の見直しにより2010年4月1日に取引再開した[1]

同年8月29日、三越日本橋本店で開催された「古代ペルシア秘宝展」の出展物の大半が『贋作』であることが、朝日新聞社の報道により判明した。一部は既に億単位の値がついていたとされる[2]

さらに、竹久の経営する「アクセサリーたけひさ」に不当な利益を与えていたり、自宅の改修費用に会社の資金を流用していたりした問題まで出てきた。

岡田解任[編集]

社外取締役であった三井銀行(現・三井住友銀行)相談役の小山五郎は、古代ペルシア秘宝展問題の引責を辞任理由とすれば、岡田にあまり傷がつかないとして岡田に辞任を勧告したが、岡田は喧嘩腰にこれを拒否した。以降、小山を始めとする三井グループ各社の幹部や三越内部の反岡田派は、岡田の社長追い落としを図り始めた。

同1982年(昭和57年)9月22日取締役会で第5号議案までの審議が終わった後、岡田は腹心の杉田忠義専務に議長を交代した。配布資料で「その他」とのみ書かれていた第6号議案は、事前の打ち合わせでは岡田についての風説は事実に反することの確認とされており、それゆえの議長交代であった。しかし杉田は岡田の社長職と代表権を解くことに賛同する者の起立を求め、それに応じて14人の取締役が起立した。

驚いた岡田は「何だこれは!」と叫んだが、理由を説明する義務はないと突っぱねられた。さらに岡田は「おかしいじゃねえか。議長は俺だ!」と食い下がるが、小山五郎社外取締役の提案により改めて発議された動議は16対0[3]で可決成立し、その場で岡田は非常勤取締役に降格となった[4]

岡田はなおも「違法だ!」と怒鳴ったが、隣室に控えていた顧問弁護士が呼び出され、解任手続きに瑕疵がないとの旨を述べた[5]。この時に岡田が発したとされる言葉「なぜだ!」はこの年の流行語となった。岡田は小山から「岡田君、もう終わったのだよ」と声をかけられても「なぜだ……」と力なく呟き続けていたという。その後、役員陣は記者会見を開き、岡田茂の解任事態を公表した。

後任には、岡田によって左遷された名古屋三越社長の市原晃が就任した。

刑事訴追[編集]

後日、岡田と竹久は19億円の特別背任罪の容疑で、東京地方検察庁特別捜査部(東京地検特捜部)に逮捕され同罪に問われた。岡田には東京高等裁判所で懲役3年の実刑判決が下り、上告中の1995年平成7年)7月20日に死去し公訴棄却。竹久みちは最高裁まで争ったが懲役2年6月、罰金6000万円の実刑判決が確定し、栃木刑務所で1年6ヶ月服役。出所後、2009年(平成21年)7月24日に、病気のため東京都内の病院で死去した。

関連作品[編集]

小説[編集]

高杉良の『王国の崩壊』(新潮文庫)は岡田を、大下英治の『小説三越・十三人のユダ』は、ジャーナリスト恩田貢より得た内部情報を基に、岡田の解任劇までをモデルにした経済小説である。

ドラマ[編集]

テレビ朝日系土曜ワイド劇場家政婦は見た!』第24作「美貌の女帝とデパートの帝王、昼と夜二つの顔の秘密!愛されて…憎まれて、裏切られてなぜだ!?」(2006年3月4日放送)、同系の朝日放送製作『ザ・ハングマンII』の第23話「女帝と社長の色と欲 ニセ秘宝展をあばけ」(1982年11月19日放送)は、この事件をモチーフにしている。

映画[編集]

1983年(昭和58年)に、当時のにっかつにっかつロマンポルノのひとつとして制作・公開した『女帝』(監督・関本郁夫、出演・黛ジュン大木実新藤恵美、ほか)は、登場人物の名前や舞台となる百貨店の名称、劇中に出てくるスキャンダルとして「ギリシャ秘宝展の展示物が偽物」など、この事件をモチーフとして多用している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山田 雄一郎 (2010年3月30日). “ヤマトHDは実に31年ぶり三越と本格取引を再開へ”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2014年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月19日閲覧。
  2. ^ “<あのころ>三越の偽秘宝事件 岡田社長解任に発展”. 佐賀新聞 (佐賀新聞社). (2014年8月24日). オリジナル2015年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150415073805/http://www.saga-s.co.jp/sp/news/national/10212/97096 2017年8月19日閲覧。 
  3. ^ 商法第260条の規定により岡田の進退問題に関する議決のため、岡田自身には議決権がなかった。
  4. ^ 経済事件で見る日本の経営 「三越事件」その2
  5. ^ 経済事件で見る日本の経営 「三越事件」その3