広島三越

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三越 > 広島三越
広島三越
Hiroshima Mitsukoshi
Hiroshima mitsukoshi 201109.JPG
三越広島店
店舗概要
所在地 730-0021
広島市中区胡町5-11
座標 北緯34度23分35.1秒 東経132度27分51.53秒 / 北緯34.393083度 東経132.4643139度 / 34.393083; 132.4643139座標: 北緯34度23分35.1秒 東経132度27分51.53秒 / 北緯34.393083度 東経132.4643139度 / 34.393083; 132.4643139
開業日 1973年(昭和48年)4月8日
建物名称 中国新聞文化事業社ビル
施設所有者 株式会社中国新聞文化事業社
施設管理者 株式会社中国新聞文化事業社
設計者 鹿島建設[1]
施工者 鹿島建設[1]
敷地面積 3,075.6[1]
延床面積 29,189.282[1]
商業施設面積 15,851 m²
前身 中国新聞社の本社
最寄駅 胡町停留場
最寄IC
外部リンク 広島三越オフィシャルHP
MITSUKOSHI
テンプレートを表示
『大規模小売店舗を設置する者』の看板

株式会社 広島三越(ひろしまみつこし)は、広島県広島市中区百貨店

三越(現三越伊勢丹)の地方子会社の1つで、現在は三越伊勢丹ホールディングスの完全子会社である。

概要[編集]

1973年昭和48年)4月8日に三越広島店として開店した。これにより三越は、広島市中心部に進出した初の全国区の百貨店となった。

この場所には、1969年(昭和44年)まで中国新聞社の本社が置かれていた。その経緯により、現在でも建物は、中国新聞社の関連会社の『中国新聞文化事業社』が所有し[2]、管理している[3]。また、建物の名称は『中国新聞文化事業社ビル』である[4]

売場面積は 15,851m2、地上8階・地下1階建てである。開店当初の売場面積は約8,700m2だったが、1975年(昭和50年)6月1日には約12,000m2に増床が行われた。三越の進出で、広島地区は百貨店激戦区になり、三越開店の先月には天満屋広島店(現・天満屋八丁堀ビル)の大改装、翌年1974年(昭和49年)10月10日には広島そごう(現・そごう広島店)が出店した。また、広島三越の1974年の2回目になる増床時には、広島そごう・福屋八丁堀本店・天満屋八丁堀店も同時に増床を行っている。

立地環境としては、隣地に天満屋八丁堀ビルが、中央通りを挟んで福屋八丁堀本店が立地し、すべてえびす通り商店街に面している。天満屋八丁堀ビルとは、非常時用の避難通路が屋上でつながっている。

三越(現・三越伊勢丹)の親会社である三越伊勢丹ホールディングスの地方店舗分社化に伴い、2010年平成22年)4月1日をもって株式会社広島三越として分社化された(法人設立は2009年10月1日)。

店舗縮小報道[編集]

2016年11月8日の三越伊勢丹ホールディングスの記者会見にて、伊勢丹松戸店伊勢丹府中店松山三越と共に売り場面積縮小や他社との提携、業態転換などを検討されていることが明らかになった[5]。。前述の通り近隣の百貨店と長らく競合関係にあったが、売上高ではそごう広島店や福屋八丁堀本店、福屋広島駅前店の後塵を拝していた。2012年3月には天満屋八丁堀店が閉店[6]しており、当店も建物全体を「完全閉鎖」する訳ではなく、売場面積の縮小、専門店ビルへの転換、他企業への譲渡などを検討するとしている。

館内[編集]

  • 屋上 - 屋上 
  • 8階 - 催物会場・レストラン
  • 7階 - 画廊・ソーシャルサロン・メガネサロン
  • 6階 - ホームファッション・呉服
  • 5階 - メンズファッション・ゴルフサロン
  • 4階 - レディスプレタポルテ・フォーマル・ジュエリー・ウォッチ・ジュエリーリフォーム
  • 3階 - レディスカジュアル・ランジェリー・婦人靴
  • 2階 - デザイナーズワールド・ライフスタイリング・レディスシューズ
  • 1階 - ワールドブティック・アクセサリー・ビジュウ・コスメティック・ファッションパーツ
  • B1階 - フードホール

アクセス[編集]

参考書籍[編集]

  • 建築画報(建築画報社) 1973年6月号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 建築画報 1973年6月号 109ページ
  2. ^ 広島市報 平成24年1月4日
    『大規模小売店舗を設置する者』は建物所有者と同義である
  3. ^ 中国新聞社の関連企業・事業
  4. ^ 広島大学学校教育学部紀要
  5. ^ “三越伊勢丹、松山、広島など地方4店の売り場縮小も 採算悪化で”. 産経新聞社. (2016年11月8日). http://www.sankei.com/west/news/161108/wst1611080062-n1.html 2017年1月25日閲覧。 
  6. ^ 天満屋の直営部分は全て退去し、建物名と入居するアトリエの名称にその名を残すに留まっている。直営部分にはウィズワンダーランド跡地からヤマダ電機が移転、ユニクロが入居した他、従来より出店していた丸善やレストラン・クリニックが残り現在に至る。

外部リンク[編集]