パドマ・ブーシャン勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パドマ・ブーシャン勲章
Padma Bhushan India IIe Klasse.jpg
インドの栄典
種別 勲章
Padma Bhushan riband
対象 インド政府の選考
状態 存続
歴史・統計
創立 1954年
人数 1,270人

パドマ・ブーシャン勲章は、インド共和国で3番目に高い民間人であり、バーラト・ラトナ賞パドマ・ヴィブーシャン勲章の次に高く、パドマ・シュリー勲章がそれに続く。1954年1月2日に創設されたこの賞は、「人種、職業、地位、性別を区別せずに、高位の卓越した奉仕」に対して授与される。[1] 受賞基準には、医師科学者を含む「あらゆる分野でのサービス」が含まれるが、公共部門の事業に従事する者は除外される。2020年の時点で、この賞は、死後の受賞24人と市民以外の97人の受賞者を含む1270人に授与されている。

歴史[編集]

規則[編集]

仕様[編集]

拒否と論争[編集]

歴代受賞者[編集]

ノート[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

文献[編集]

  • Bhattacherje, S. B. (2009). Encyclopaedia of Indian Events & Dates. Sterling Publishers Pvt. Ltd. ISBN 978-81-207-4074-7. https://books.google.com/books?id=oGVSvXuCsyUC&pg=PAA248 
  • Edgar, Thorpe (2011). The Pearson General Knowledge Manual 2011. Pearson Education India. ISBN 978-81-317-5640-9. https://books.google.com/books?id=mHaYRoLuKBgC 
  • Hoiberg, Dale; Ramchandani, Indu (2000). Students' Britannica India. 1–5. Popular Prakashan. ISBN 978-81-7156-112-4. https://books.google.com/books?id=ISFBJarYX7YC&pg=PA96 

外部リンク[編集]