バーラト・ラトナ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
インドボダイジュの葉の中心に太陽とデーヴァナーガリー語で「バーラト・ラトナ」と記載されたメダル

バーラト・ラトナ賞ヒンディー語: भारत रत्‍न, ヒンディー語発音: [bʰaːrt̪ rt̪ n]; 「インドの宝」の意)[1][2][3]とは、インドにおいて民間人を讃える褒章としては最高の栄典である。

1954年1月2日に創設され、人種職業地位性別の区別なく「最も優れた功績/実績が認められる」人物に授与される。賞の選考資格は、「芸術文学科学、社会奉仕の成果」に限定されていたが、政府は2011年12月に「人間が試みる多くの分野」を含むと基準を拡大した。

この賞は、毎年インドの首相大統領によって、最大3名に授与が行われる。受賞者は大統領による署名がなされた表彰状と、インドボダイジュの葉型のメダルが贈られる。この賞に報奨金は付随しない。この賞の授与によって、式典の席次ランクが7位となるが、この賞の称号の使用は法律上禁止されている。

近年の受賞者[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]