日本を守る国民会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本を守る国民会議(にほんをまもるこくみんかいぎ)は、過去に日本に存在していた改憲を目標とした右翼団体[1]

概要[編集]

石田和外が呼びかけ、1978年7月に結成された「元号法制化実現国民会議」を改組し、1981年10月に発足。元号法制化運動に成功した後、「元号法制化実現国民会議の事務総長であり、日本を守る会の事務総長も勤めていた副島広之明治神宮権宮司は「解散してしまうのはまことに惜しい」と述べた[2]。そこで右翼組織は全国キャラバンを実施して81年3月までに各地で日本を守る県民会議を造り、これを土台として改憲翼賛の組織として「日本を守る国民会議」を造ったのである[3]。政財界、右翼文化人旧日本軍関係者で構成される郷友会神社本庁等が集まり、黛敏郎を運営委員長、副島広之明治神宮権宮司を事務総長とした[4]。 論憲・改憲の立場であった[5]

1997年5月30日に、「日本を守る会」(1974年4月結成)と統合する形で、「日本会議」が発足した。

「国民会議」が出していた機関紙『日本の息吹』は、引き続き日本会議で発刊されている。

日本を守る国民会議の主な役員[編集]

※統合直前の1995年11月当時

議長
顧問
代表委員
事務総長

参考文献[編集]

  • 日本を守る国民会議 リーフレット「月刊 日本の息吹 購読のご案内」、日本を守る国民会議。

(ビデオ「靖国のこころ -英霊いま生きてあり-」(監修:黛敏郎 製作協力:靖国神社 企画・製作:日本を守る国民会議、英霊にこたえる会)に添付)

脚注[編集]

  1. ^ 堀幸雄『最新右翼辞典』p490-p491
  2. ^ 『神社新報』1997.5.26 6面
  3. ^ 俵義文『日本会議の全貌』p22
  4. ^ 堀幸雄『最新右翼辞典』p490
  5. ^ 「政権と一体化する日本最大級の保守団体『日本会議』とは何か?」、Platnews、2016年2月9日。