佛所護念会教団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
仏所護念会から転送)
移動先: 案内検索
佛所護念会教団
BusshoGonen.jpg
佛所護念会教団本部
設立年 昭和25年(1950年)
設立者 関口嘉一と関口トミノ
種類 宗教法人
本部 東京都港区白金台

佛所護念会教団(ぶっしょごねんかいきょうだん)は、関口嘉一関口トミノによって設立された、日蓮系・法華系の新宗教である。

沿革[編集]

関口嘉一は15歳で上京、いったん北海道に渡ったが病気を患い新潟に戻り、大正12年に再び上京し自転車店を経営、翌年トミノと結婚した。しかし長女の病死・長男の病弱を契機として、夫婦共に日蓮宗中山法華経寺不動明王、また観音信仰をしていたが、隣人の勧めによりトミノが昭和8年(1933年)に霊友会に入信。嘉一も後に入信、第6支部長を歴任したが、霊友会の共同募金横領脱税事件を契機に離脱。昭和25年(1950年)10月、妻のトミノと共に教団を設立した[要出典]

白金、高輪地区に敷地を持ち、現在は、教団の駐車場として活用されている[要出典]。 京都大光山本圀寺より譲り受けた日蓮聖人自記筆の曼荼羅と河合家から預かった同じく日蓮聖人真筆の大日本国衛護の大曼荼羅(下記-外部リンク 日蓮聖人伝十講 山川智應著P12、P692及び日蓮聖人研究 下巻 並びに高橋智経著 本門本尊論入門 P160〜161)の二体を保有する。 平成27年11月にさいたまスーパーアリーナで教団創立65周年式典を挙行している[要出典]

毎年、身延山久遠寺へ団参を行うほか明治神宮伊勢神宮への参拝を行う[要出典]。また建国記念の日の奉祝・靖国神社の国家護持を主張する[要出典]

政治関連活動[編集]

政治との関わりは深く、これまで参議院全国区比例区選挙では大竹平八郎佐藤三蔵村上孝太郎鳩山威一郎藤井裕久佐藤欣子楢崎泰昌尾辻秀久有村治子衛藤晟一山谷えり子といった候補を支援してきた[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11]。石原家との関係もあり、石原慎太郎との新聞での対談記事などもある[要出典]

また、青木理によれば、日本会議との関係についてのAERA編集部による取材・アンケートにおいて、佛所護念会教団は、「皇室仰慕の諸活動や英霊の慰霊顕彰など、教団の考えに合う(日本会議の)取り組みについて、その趣旨に賛同する会員に協力を呼び掛けている」としている[12]

上杉聰は、新生佛教教団について「宗教右派」という言葉を用いて批判している[13]。上杉聡は、過去に実施された日本会議のイベントの受付で、佛所護念会を含む各種宗教団体別の受付窓口が設けられており、「参加者を組織動員したことがうかがえる」としている[14]

脚注[編集]

  1. ^ 戦後日本国家と民衆宗教の政治参加 : 宗教学的一考察 中野毅
  2. ^ 1962年6月2日付毎日新聞
  3. ^ 1968年7月5日付朝日新聞
  4. ^ 1968年7月4日付毎日新聞
  5. ^ 1968年7月5日付読売新聞
  6. ^ 今日における政治と宗教 中島三千男
  7. ^ 1980年6月6日付朝日新聞
  8. ^ 1980年6月20日付朝日新聞
  9. ^ 2001年7月12日付読売新聞
  10. ^ 2013年8月16日付朝日新聞
  11. ^ 「(日本会議研究)参院選編:上 神社界、改憲に向け奔走」朝日新聞、2016年8月5日
  12. ^ 青木理、「日本会議の正体」、平凡社、2016年、37頁。
  13. ^ 上杉聰、「日本会議とは何かー『憲法改正』に突き進むカルト集団」、合同出版、2016年、16頁。
  14. ^ 上杉聡。「日本における『宗教右翼』の台頭と『つくる会』『日本会議』」戦争責任、39、2003年 53ページ。

外部リンク[編集]