青木理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青木 理
(あおき おさむ)
生誕 (1966-10-26) 1966年10月26日(51歳)
日本の旗 日本 長野県
教育 慶應義塾大学文学部卒業
職業 ジャーナリスト
ノンフィクション作家
活動期間 1990年 -

青木 理(あおき おさむ、1966年(昭和41年)10月26日 - )は、日本ジャーナリスト

経歴[編集]

長野県に生まれる[1]長野県野沢北高等学校1990年慶應義塾大学文学部、を経て共同通信社に入社[2]する。大阪社会部成田支局を経て東京社会部で警視庁警備公安などを担当し、オウム真理教事件阪神大震災、種々の公安事件や経済事件を取材する。

1997年から1998年まで韓国延世大学校韓国語学堂に留学し、外信部勤務を経て2002年から2006年までソウル特派員を務める。社会部在籍中の1999年に『日本の公安警察』を講談社現代新書から著し「それなりのベストセラーとなって話題を呼んだ」と本人は語っている[3]

2006年6月に共同通信社を退社して8月から日本版『オーマイニュース』の創刊に参加し、副編集長に就任した[4][5]

死刑存廃問題を取材した「死刑執行 絞首台の現実」を『月刊現代』で連載[5]したものを2009年に『絞首刑』として出版し、第32回講談社ノンフィクション賞の候補作に挙がる[6]。死刑賛成、反対のどちらか一方の立場ではなく被害者、加害者、執行刑務官などを取材してありのままを伝える目的で著した[7]、と語っている。

2011年4月からテレビ朝日モーニングバード』のコメンテーターとしてレギュラー出演[8]している。

筋萎縮性側索硬化症を患った徳田虎雄を取材して2011年4月から『週刊ポスト』で8回連載し、単行本『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』が、再び講談社ノンフィクション賞の候補作となる[1][9][10]

2012年1月24日、作家の宮崎学らが暴力団排除条例の廃止を求める記者会見を都内の参議院議員会館で催し[11]、司会を務めた青木理は「暴排条例には“暴力団と個人的に交際するな”と書いてあります[11]。個人的な交際をお上が規制するというのは、おかしくないのか[11]。という憤慨を抱いております[11]」と挨拶した。

2012年4月から1年間、『ニュース探究ラジオ Dig』で木曜担当のラジオパーソナリティを務めた。

第19回新聞労連ジャーナリズム大賞、第9回疋田桂一郎賞選考委員[12]

ジャーナリストとして[編集]

朝日新聞記者の植村隆による、従軍慰安婦に関連する報道への批判について、「メディアに誤報はつきものだ」などとした上で、「朝日新聞は日本を代表する新聞であることに異論はなく、それゆえ世論からの批判は仕方がないにしても、問題はやりかただ。『売国奴』や『反日』などという批判をすべきではない」「ヘイトスピーチが堂々と街頭に出ている現状を考えると、歴史は大きな転換点にきている。今回の問題は朝日だけのものではない、歴史的事件であり、すごく危機感を持っている」と疑問視している[13]

主張[編集]

著書[編集]

共著[編集]

連載[編集]

メディア出演[編集]

テレビ(レギュラー、準レギュラー)[編集]

現在[編集]

過去(レギュラー、準レギュラー)[編集]

テレビ(その他)[編集]

ラジオ(レギュラー)[編集]

ラジオ(その他)[編集]

ブログやSNSの開設状況[編集]

2012年5月4日現在、青木はブログTwitterも開設していない。インターネット検索エンジンで「青木理」と検索すると、いくつかのブログやウェブサイトが表示されるが、これらは自分のものではないとTBSラジオニュース探究ラジオ Dig』 2012年5月4日の放送で発言している。また、2016年7月16日に名古屋で開催された「愛知サマーセミナー2016」においても、SNS、ブログは一切やっていないと発言している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b トラオ 徳田虎雄 不随の病院王 内容紹介 - Amazon.co.jp
  2. ^ 青木理『日本会議の正体』 平凡社、2016年、著者紹介
  3. ^ 現代ビジネス『誘蛾灯鳥取連続不審死事件』
  4. ^ レイバーネットアジア記者クラブ例会~オーマイニュースをめぐってディスカッション
  5. ^ a b 佐野眞一高山文彦、青木理、城戸久枝「誰が『雑誌』を殺したか―『現代』休刊と編集者のあり方」『』2009年6月号、pp.40-43
  6. ^ 誌上公開 第32回講談社ノンフィクション賞選考会 講談社『G2公式サイト内
  7. ^ 講談社の新刊『絞首刑』の著者・青木理が、死刑の現場を語る YouTube 2009年7月15日
  8. ^ 出演者紹介 テレビ朝日『情報満載ライブショー モーニングバード!』公式サイト
  9. ^ G2 » Vol.11 » 激論! 講談社ノンフィクション賞選考会 講談社公式サイト内
  10. ^ 「著者インタビュー 青木理」『サンデー毎日』2012年2月12日号、p.108
  11. ^ a b c d 「マスコミは警察の味方」と激怒、田原総一朗氏ら暴排条例廃止を求めて会見、2012年01月24日、BLOGOS編集部
  12. ^ 新聞労連トピックス「2015年1月13日(火) : 第19回新聞労連ジャーナリズム大賞、第9回疋田桂一郎賞決まる」
  13. ^ ジャーナリストを守れ!~シンポジウム「朝日バッシングとジャーナリズムの危機」”. レイバーネット. 2017年11月23日閲覧。
  14. ^ 「青木理、夫婦別姓『選択的自由を奪うという視点で考えて』」、週刊女性、2016年1月26日号