現代書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

現代書館(げんだいしょかん)は、東京都千代田区にある出版社教育福祉人文社会写真集などの出版物を刊行している。

概要[編集]

所在地

  • 東京都千代田区飯田橋3-2-5

沿革[編集]

  • 1967年創業。
  • 1978年、季刊福祉労働創刊。
  • 1989年、『説得 ――エホバの証人と輸血拒否事件』(大泉実成)が第11回講談社ノンフィクション賞を受賞。
  • 1993年、写真集『明日また釜ヶ崎・沖縄』(庄司丈太郎)が第5回「写真の会」賞を受賞。
  • 1999年、『羊皮紙に眠る文字たち』(黒田龍之助)が木村彰一賞を受賞。また『サラワクの風 ――ボルネオ・熱帯雨林に暮らす人々』(内田道雄)が第8回JLNAブロンズ賞・特別賞を、『郵便屋さんが泣いている』(池田実)が同賞・佳作賞を受賞。
  • 2006年『障害者運動と価値形成―日英の比較から 』(田中耕一郎)が第3回日本社会福祉学会賞を受賞。
  • 2010年、『モスクワの孤独』(米田綱路) が第32回サントリー学芸賞 (風俗・社会部門) を受賞。
  • 2016年、『亡国記』(北野慶)が第3回城山三郎賞を受賞。

主な出版物[編集]

事典

  • 相撲大事典
  • 江戸期おんな表現者事典

雑誌

  • 季刊福祉労働

関連項目[編集]

日本の出版社一覧

外部リンク[編集]

現代書館ホームページ