玉川徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉川 徹(たまかわ とおる、1963年[1] - )は、テレビ朝日報道局コメンテーター室解説委員。コメンテーターと同時にテレビ朝日の社員でもある[2]

来歴[編集]

宮城県出身。1982年3月、仙台第二高校1987年3月、京都大学農学部農業工学科卒業、1989年、同大学大学院農学研究科修士課程を修了後の4月テレビ朝日に入社。報道局主任として、『内田忠男モーニングショー』、『サンデープロジェクト』、『ザ・スクープ』、『スーパーモーニング』等のディレクターを経て、『情報満載ライブショー モーニングバード!』のコメンテーター(解説員)を務める。2015年4月よりテレビ朝日『羽鳥慎一モーニングショー』のレギュラーコメンテーターを務めている。

批判[編集]

男性弁護士と不倫スキャンダルで民進党幹事長候補から一転民進党を離党して無所属として立候補することになった山尾志桜里が当選後にその男性弁護士を政策顧問にしたことに対して、「本当に不倫があったかどうかは誰にも分からない。説明のしようがない。本人はないと言って、選挙で当選した。」「(山尾議員に)説明責任があるかないかっていう話でいえば、今さらない!」と選挙に勝てば説明する責任ないと擁護したが普段の主張と違うことからダブルスタンダードだと批判された[3]

著書[編集]

出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]