Mr.サンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.サンデー
ジャンル 情報報道
出演者 宮根誠司フリーアナウンサー
三田友梨佳フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 松元真一郎
Nona
石井正則アリtoキリギリス
製作
プロデューサー 宮下佐紀子・丸山薫(CX)
岸本陽介(KTV)
制作 フジテレビ関西テレビ→カンテレ
放送
映像形式リアルタイム字幕放送2016年10月9日より・CX送出)
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2010年4月18日 - 現在
放送時間日曜日 22:00 - 23:15
放送枠フジテレビ・関西テレビ制作日曜夜の情報番組枠
放送分75分
回数500
公式サイト

特記事項:
・本項における「CX」はフジテレビ、「KTV」は関西テレビを表す。
・放送回数は2020年10月11日時点。
テンプレートを表示

Mr.サンデー』(ミスター サンデー)は、2010年平成22年)4月18日より、フジテレビ関西テレビの共同制作により、フジテレビ系列FNNFNS[注 1]で毎週日曜日 22:00 - 23:15(JST)に生放送されている情報番組

概要[編集]

2009年10月から2010年3月にかけて放送された情報番組『情報エンタメLIVE ジャーナる!』の視聴率が低迷したため、この枠の全面リニューアルを実施することとなり、総合司会には、情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ制作・全国放送)などで活躍する宮根誠司(元朝日放送〈現:朝日放送テレビ〉アナウンサー、現在はフリーアナウンサー)と、かつて同局の報道番組ニュースJAPAN』で活躍していた滝川クリステル(フリーアナウンサー)が起用された。同枠における滝川の総合司会担当は同時間帯で放送がされていた安藤優子と司会を務めていた情報番組『新報道プレミアA』以来である。宮根は大阪を拠点とすることに変わりはなく、「ミヤネ屋」は読売テレビのスタジオ(大阪市中央区)で生放送しているため毎週末のみ東京へ移動し、本番組に出演する。

日本テレビでは年1回放送される『24時間テレビ』に出演時は関西テレビのスタジオから出演の場合がある。

2020年4月19日から6月14日までは大阪から移動している宮根が新型コロナウイルス感染対策のため、宮根は関西テレビのスタジオから出演した(三田はフジテレビのスタジオから出演)。2021年1月10日から2月28日までと4月25日から6月20日までなど、再拡大に伴う対策による緊急事態宣言が再発出される場合は、再び関西テレビのスタジオから出演している。

2014年10月には『EZ!TV』→『情報ライブ EZ!TV』の放送期間・4年半を超え、フジテレビ・関西テレビ制作日曜夜の情報番組枠で最も放送期間の長い番組となった。2020年4月には番組開始10周年を迎えた。

長きにわたり文字多重放送リアルタイム字幕放送)は行われなかったが、2016年10月9日放送分よりリアルタイム字幕放送を実施した。

沿革[編集]

放送開始から2010年10月まで
前半部はその週の主なニュースから2・3項目を取り上げ紹介。後半部はビジネス経済の話題を専門家の解説を交えて紹介するコーナーを設けた。この時は司会二人によるミニコントや放送後の生反省会などバラエティー的な要素を取り入れていた。当時の番組テーマは『今週のニッポンをしゃべくりたおす』
2010年10月 - 2013年3月24日
番組フォーマットが全編にわたりリニューアル。まず、その週で一番注目されたニュースを20分- 30分かけて紹介。その後、そのほかの話題をインデックス形式で報じる形式になった。また、生反省会に変わる話題商品の紹介コーナーが設けられた(2011年3月まで)。さらに、ビジネスの特集コーナーが終了し、一般的な特集コーナーに変わった(エンターテインメントからドキュメント形式のものまで多様)。
2013年4月1日 - 2014年3月23日
椿原慶子が2代目アシスタントキャスターとして加入し、スタジオセットが一新。
2014年3月30日 - 2019年3月24日
番組ロゴ・セット・テーマ曲が番組開始以来初めて一新され、タイトルロゴはピンクのパズルの形をしたものになった。サブタイトルとしてTHE BEGINNING OF THE WEEK(ザ・ビギニング・オブ・ザ・ウィーク=“週初め”の意)の文言が付け加えられた。番組フォーマットにおいては変わらなかった。
2019年4月7日 - 現在
三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)が3代目アシスタントキャスターとして加入し、5年ぶりのリニューアルを行う。番組ロゴ・セットが一新され[1]、サブタイトルの「THE BEGINNING OF THE WEEK」が外される(これに先駆けて同年3月24日放送よりテロップ類が全面リニューアルされた)番組テーマが『日曜日の情報アップデート』

視聴率[編集]

通常放送は関東地区では概ね7%~10%前後、関西地区では12~15%前後で推移しており、関西地区ではバラエティ番組に混じって視聴率ランキングにランクインすることも多い。また2020年に入ってからは新型コロナウイルスの話題を中心に取り上げており、外出自粛の影響からか東西で視聴率が増加している。2020年4月12日放送分で関東地区で17.4%、関西地区で21.7%を記録した(数値はビデオリサーチ・世帯視聴率より)。

出演者[編集]

総合司会
コメンテーター

週により「Dr.サンデー」のコーナーやその他のコーナーの解説者が出演することがある。ただし、「Dr.サンデー」の解説者はゲストが兼ねることもある。

●男性コメンテーター (名前あいうえお順)

●女性コメンテーター (名前あいうえお順)

過去の出演者[編集]

総合司会
代役アシスタントキャスター
特別企画のMC
  • 太田光爆笑問題、2020年4月12日・5月10日
    • 本番組の特別編である『日曜THEリアル! Mr.サンデー発 宮根×太田 今こそニッポン変えませんか?』が放送された際に引き続き出演している。
    • 2019年10月13日の特別企画「Mr.サンデー×爆笑問題 論客8人!生で納得させて!」には相方の田中裕二とともに、同年12月22日の同様の企画には太田のみがスペシャルゲストとして出演した。
コメンテーター
  • 竹田圭吾(元ニューズウィーク日本版編集長)
    • 2010年7月に木村太郎が加入してからは、木村と交互に出演。2015年9月27日放送分で北斗晶乳がん手術の話題を取り上げた際に、自身もがんを治療中であることを告白した[3]。以降も闘病を続けながら出演していたが、2016年1月10日の午後に、膵臓がんのため51歳で逝去。木村と共に出演した2015年の最終放送(12月27日放送分)が、生前最後のテレビ出演になった。
    • 逝去当日は2016年最初の放送日でもあったため、本番組では、エンディングで竹田の訃報を伝えた。その際には、総合司会の宮根が「『こうやって生きていって、こうやって旅立っていくんだな』と本当に体現した人ですよね。スタッフ一同ご冥福をお祈りいたします」というコメントを述べることで、竹田への弔意を示した[4]。また、逝去翌週(2016年1月17日)の放送では、番組の後半を竹田の追悼特集に充てた。
お天気キャスター(異常気象時、台風時のみ)
  • 片平敦(気象予報士)(2012年7月15日、8月26日、2013年4月7日、7月28日、10月20日)
  • 天達武史(気象予報士)(2016年1月24日、8月28日、2018年7月29日)

宮根・滝川→椿原→三田の代理[編集]

主なコーナー[編集]

現在のコーナー[編集]

今日入って来た主なニュース
今日時点に入って来た主なニュースを紹介する。
ぶっちゃけ部屋(不定期)
宮根とコメンテーターの1人が「ぶっちゃけ部屋」(スタジオ前控え室)へ移動し、そこで1つのニュースについてコメンテーターが自らの見解を述べる。がんの闘病中に短距離の移動で車椅子を使用していた竹田は、自身の意思から、スタジオおよび「ぶっちゃけ部屋」にもっぱら徒歩で出入りしていた[要出典]
天気予報
三田が伝える。
1週間の予定

過去のコーナー[編集]

宮根家のギモン
宮根と滝川が宮根家の夫婦役を演じる事前収録のミニコントで、社会問題や気になるニュースを提起するコーナー。
サンデー交通
宮根演じるサンデー交通のタクシー運転手が、番組出演後の滝川を家へと送るという設定での生反省会、生ボヤキのエンディングコーナー。宮根は毎週違う運転手名を名乗り、滝川と車中で会話する形で進められた。
Na-ze?(ナゼ)
取り上げるVTR中で、キーワードとなる部分でコーナーロゴが登場する。
Dr.サンデー
社会問題や気になるニュースを、週替わりの専門家であるDr.サンデーが解説していくコーナー。スタジオに設置されたスクリーンに表示された項目に宮根がタッチする「ミヤネタッチ」でコーナーを進めていく。10月24日は「特別版」として滝川が「COP10」関係のリポートを担当した。
今夜の一大事
今週一番注目した話題を取り上げる。
今夜の一品
2010年10月から「サンデー交通」に替わって登場したエンディングコーナー。2011年3月まで話題の商品を紹介した。
ニッポン新書
毎回一つのテーマについて深く掘り下げ、日本の今を読み解く。
カメラが捉えた1週間
1週間の間に撮影された報道カメラや防犯カメラ、一般視聴者提供の映像を紹介し、1週間のニュースを振り返っていた。
NEWSストーリー
話題になったニュースの詳細や裏側を、当事者へのインタビューや資料などを基に再現ドラマで紹介すしていた。

テーマ曲[編集]

期間 テーマ曲 エンディング曲
2010.04.18 2012.03.18 Mr.サンデー
ゴスペラーズ[注 6]
Hey!Mr.サンデー
(宮根誠司と2T)
2012.04.01 2014.03.23 俺が俺が〜世界中が敵になっても〜
若旦那
2014.03.30 2015.03.22 「BEGINNING」
林ゆうき[5]
「KING」
JAMOSA
2015.04.12 2016.03.27 MUSIC!!!
AAA
2016.04.03 2017.3.26 「follow me」
lol
2017.04.02 2018.3.25 「ヒーロー」
林部智史
2018.04.01 2019.3.24 「Power of love」
Beverly
2019.04.07 2020.03.28 「Ripples」
(櫻井真一)
「SUN DAY」
平井大
2020.04.05 2021.03.28 Hey, darlin'
FANTASICS
2021.04.04 現在 「KAZE」
EXILE ATSUSHI

スタッフ[編集]

2021年8月1日現在
  • ナレーター:松元真一郎[注 7]Nona(2012年10月 - )、石井正則高島雅羅、原扶貴子
  • 構成:石井成和、川原慶太郎、村井聡之、平和紘、望月佐一郎、植竹英次
  • TD:大嶋徹(以前はSW兼務)
  • SW:八柄哲(以前はカメラ→一時離脱)
  • カメラ:堀田香菜美
  • 音声:藤橋浩司郎
  • VE:富田祐介
  • 照明:毛利克也
  • 音楽:櫻井真一
  • 音響効果:星川秀一
  • LED:東京チューブ
  • 編集:テレモーションマックス、スタジオWelt
  • 技術協力:共同テレビジョン
  • 美術制作:古川重人(フジテレビ)
  • アートコーディネーター(2018年3月まで美術進行):服部孝志
  • デザイン:齋田崇史(フジテレビ)
  • 大道具:新屋貴之
  • アクリル装飾:今井輝彦
  • 電飾:石井誠
  • メイク:山田かつら
  • 校正:黒木勝己(聚珍社
  • 電子タイトル:藤原佑亮
  • CG:TELESIGHT
  • CGタイトル:齋藤一広(フジテレビ、以前は手書きタイトル)
  • マルチデザイン:島内麻衣
  • 制作デスク:加用有香里(フジテレビ)
  • TK:安藤嘉江子
  • 海外リサーチ:岩田久美子
  • リサーチ:片山幸(行)信、金山亜希子
  • AD:小林美海、島元絵美理、大村一平、桑田紗希、武石優衣子、砂山早良、藤原菜々子、森田遼、森山舞子
  • ディレクター:鈴木カッパ(クロスロード)、北川邦夫(スローハンド)、中村進治、島千秋、川上康弘、村上真貴子、一ノ谷嘉行、佐藤洋一、温井精一(温井→フジテレビ)、房川立樹(バンエイト)、土田紗右里、鳥羽諭史、脇山健人(脇山→関西テレビ)、藤谷太紀、一丸大輔、斎藤拓海、山本将寛、中澤勇、片山玲菜(藤谷・斎藤・中澤・片山→以前はAD)
  • 演出/ディレクター:恒石真人、三浦淳信(三浦→フジテレビ、以前は演出)
  • スタジオ演出/ディレクター:福田真奈・豊田綾子(2人共フジテレビ)、古市誠、大山翔司
  • FD:藤木伸一郎(フジテレビ)
  • プロデューサー:宮下佐紀子(フジテレビ、2017年7月2日 - )、岸本陽介(関西テレビ、2021年8月1日 - )、丸山薫(フジテレビ、2018年6月3日 -、以前はディレクター兼スタジオ演出)
  • 制作著作:フジテレビ関西テレビ

過去のスタッフ [編集]

  • ナレーター:阪井あかね(2010年4月 - 2012年9月)
  • 構成:張眞英、黒岩勉野尻靖之、橋本有一、小林学、川島浩司
  • 統括編集長:堤康一(フジテレビ)
  • 統括:大野高義(フジテレビ、以前は統括編集長)、濱潤(フジテレビ、2018年4月29日までプロデューサー、2018年7月29日まで統括)
  • リサーチ:インテージ、石尾陽子
  • TD:上村克志
  • SW:村野哲也
  • カメラ:伴野匡
  • 音声:村脇昭一
  • VE:佐藤光
  • 音楽:林ゆうき
  • 美術制作:片岡浩美 → 小林剛浩 → 井上明裕(3人共フジテレビ)
  • 大道具:毛利彰、井田正也、島田秀樹
  • 電飾:菅田重樹
  • 校正:加藤武人・岡本淳・中島幸司(3人共聚珍社
  • CG:井上明裕・多田圭・園田護(3人共フジテレビ)
  • CGタイトル:岩崎光明(フジテレビ)
  • 手書きタイトル:湯浅信人
  • 電子タイトル:タイトルアート、宮戸夏美、若林夏生、清水えりか、小池潤
  • 制作協力:エフ・エフ
  • TK:上野和美、長里朝実、菊地瑞穂
  • AD:金澤朋代、宮崎泰樹、安田将太、小池純子、松澤瑞希、北村優香、高橋良太、石上祥、浦瀬皓介、酒井優太、堤航太、土屋良太、鬼山妃菜、山下紫苑、尾崎友香、鎌田郁実、畑山穂、桐山真之介、山本真子、河西美佐子、繁田絢也、井上いちご、野元章世、丸岡健、原田美智瑠
  • ディレクター:高田圭太(フジテレビ)、小林浩、田中拓朗(田中→関西テレビ)、野上千草、小津美和、山田祥人、信友直子、田部井一真(田部井→フジテレビ)、鈴木麻衣子、松本恵歩、徳武洋介、宮川直樹、守田美穂、安村麻衣子(宮川〜安村→フジテレビ)、村田智美、阿達友季子、丹羽春乃、瀧秀一(フジテレビ)、原田龍一、嶋雄士(クロスロード)、西谷拓、蔵木卓大、メイズジョナサン(クロスロード)
  • スタジオ演出:杉崎朋子(フジテレビ)、近藤兵衛(関西テレビ)
  • チーフディレクター:尾形征輝・西村陽次郎(2人共フジテレビ)
  • 総合演出:渡辺貴(フジテレビ、以前はチーフディレクター)、加藤正臣(フジテレビ)
  • プロデューサー:高島公美・澤田芳博・山口浩史・川村徹也・松田智(川村→2018年7月 - 2019年10月頃、松田→2019年11月頃 - 2021年7月25日、以前はスタジオ演出/ディレクター)(5人共関西テレビ)、内ヶ崎秀行(フジテレビ)、熊田辰男(ラダック、以前はAP)

ネット局と放送時間[編集]

  • 2021年9月現在、19:00または20:00開始の前拡大放送の場合は、番組終盤6分がローカルセールス枠となるため、一部地域はフジテレビ・関西テレビの放送終了6分前に飛び降り[注 8]となる。また、日によって一部地域では、放送開始までの6分間に事前枠『まもなくMr.サンデー』も別途放送[6]される事がある。(2021年7月11日、18日などが該当)
『Mr.サンデー』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 日曜 22:00 - 23:15 共同制作局
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 NST新潟総合テレビ[注 9](NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
島根県鳥取県 さんいん中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ (クロスネット局のテレビ大分テレビ宮崎では、本番組の放送時間帯は日本テレビ制作の『おしゃれイズム』『日曜ドラマ』を同時ネットで放送している為、この2局を除く)
  2. ^ 夕方報道番組『FNNスーパーニュース』を金曜日のみ降板となって1クール後の2010年7月より、概ね隔週出演。2013年の『スーパーニュース』完全降板後も出演ペースは変わっていない。
  3. ^ 3月31日は、番組休止のため、3月24日に降板となる
  4. ^ この日は夏休みのため出演休止だった。
  5. ^ この日はインフルエンザにかかったことによる出演休止だった。
  6. ^ 作詞・作曲は高野健一。高野は以前にも、同枠で放送された『EZ!TV』や『スタ☆メン』のテーマ曲を手掛けている。
  7. ^ フジテレビアナウンサー時代から担当。
  8. ^ 2018年4月以降の『ニチファミ!』から実施されている。
  9. ^ 2019年9月までは新潟総合テレビ。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ関西テレビ共同制作・フジテレビ系列 日曜夜のワイドショー番組枠
前番組 番組名 次番組
Mr.サンデー
-