スタ☆メン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スタ☆メン
ジャンル 情報報道
出演者 阿川佐和子
爆笑問題
太田光田中裕二
渡辺和洋(フジテレビアナウンサー)
ほか
オープニング 高野健一「by your side」
製作
制作 フジテレビ関西テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
週刊人物ライブ スタ☆メン
放送期間 2005年10月2日 - 2006年9月24日
放送時間 日曜日 22:00 - 23:15
放送枠 フジテレビ・関西テレビ制作日曜夜の情報番組枠
放送分 75分
スタ☆メン
放送期間 2006年10月8日 - 2007年3月25日
放送時間 同上
放送枠 フジテレビ・関西テレビ制作日曜夜の情報番組枠
テンプレートを表示

スタ☆メン』は2005年10月2日から2007年3月25日まで、フジテレビ系列局テレビ大分テレビ宮崎を除く)で毎週日曜日22時00分 - 23時15分(JST)に生放送されていた情報番組である。関西テレビフジテレビの共同制作。2006年9月24日以前の番組名は『週刊人物ライブ スタ☆メン』。前番組は、『情報ライブ EZ!TV』。

概要[編集]

ニュースのスパイスは、“人”でした。」をキャッチフレーズとしている。

爆笑問題は『サンデージャポン』(TBS、現在も放送中)にも生出演しており、『スタ☆メン』放送当時は、同じ日曜の朝と夜で、情報番組の司会を並行して務めていた。

その週に起こった事件やニュースを、“”を中心に取り上げる(番組タイトルの由来でもある)。

フジテレビと関西テレビの共同制作は、従前の『Grade-A』(1997年4月 - 9月)、『スーパーナイト』(1997年10月 - 2001年3月)や『EZ!TV → 情報ライブ EZ!TV』(2001年4月 - 2005年9月)からの流れであり、番組のメイン制作とネット配信はフジテレビから、スポンサーセールスはフジテレビと関西テレビが共同で行う形になっている。

出演者[編集]

司会[編集]

情報ブースキャスター[編集]

  • 渡辺和洋(フジテレビアナウンサー
    初回と第2回放送では田中がブース担当であったが、第3回放送より、初回から進行を担当していた渡辺に交代した。

ゲストパネラー[編集]

コーナー[編集]

リニューアル前はオープニング冒頭で街角の様子のCGと「ニュースの数だけ人がいる」、「人の数だけニュースがある」というコンセプトを掲示。最後には「今夜のスタ☆メンは、誰だ?」とついてオープニング。

  • イチ☆メン
    新聞の一面と、「一押しメンツ」の略語を融合させたコーナー名。ニュースで一番関心を集める人物をゲストにトークする。
    週末の出来事(時事☆メン)
    週末に起きたニュースを、情報ブースから渡辺が担当。2006年4月からは「イチ☆メン」と統合。
  • スタ☆コメ
    この一週間に発言した著名人の発言をまとめたもの。2006年1月8日以降廃止。
  • スタ☆メンSTORY
    2005年10月9日開始。とあるテーマの研究者にスポットを当て、追跡取材。人物のルーツも探る。スタジオゲストの場合もある。
  • スタ☆メン図鑑
    『スーパーナイト』や『情報ライブEZ!TV』からの流れを組むコーナー。とある一般の人物に密着取材し、VTRで検証を行う。3回目(2005年10月16日放送)から12回目(2005年12月11日放送)までは田中がここから情報ブースを担当。情報ブース担当者がその人物の属するグループの分析傾向を簡単に説明。2006年1月8日はゲストトークが長引いたため休止。
    放送時間が22時45分まで、22時55分までの短縮の場合と「つっこみジャーナル」の初回は休みになる。
    特集人物イラストはチャンキー松本。現象解説時に、目次と特集No.がついている。
    コーナーの瞬間最高視聴率は「キンエンジャー」(タバコの値上げを機に禁煙する人たち)、「オタパパ」(おたくの趣味を持つ父親)、「下流くん」(低所得者ではあるが上昇志向はなく現状に満足している人たち)の回で、23.2%。『スタ☆メン』に改題後は「ケータイ関ヶ原」(番号ポータビリティ)や「未来のサイフ」(電子マネー)といった人物以外の現象も扱う様になった。
  • スタ☆メンJAPAN
    Yahoo! JAPAN協力による1000人アンケートを行い、結果をランキングにして情報ブースから発表。2005年10月30日からは編成上廃止。
  • スタ☆メン奉行
    2006年1月8日 - 2006年8月19日放送。ある出来事について「YES」か「NO」かを、コメンテーターがジャッジした後、Yahoo! JAPAN協力によるアンケートの結果が表示。最後には、ある人物は良いか悪いかスタジオ全員で判断し討論後、「阿川裁き」が下される。コーナーナレーションは服部潤。2006年8月19日に太田が「スタ☆メン奉行いらないね」と言ったことで廃止。
  • つっこみジャーナル -ESSENCE NEWS-
    2006年9月24日開始。「スタ☆メン奉行」同様、出演者の鋭い突っ込みが特徴(コメンテーターが「つっこみ!」か「非つっこみ!」で答える)。Yahoo! JAPAN協力によるアンケート結果を、田中と渡辺が紹介。不定期だが、その回のテーマに合ったゲストをスタジオに招き、(不定期となるが)最後にゲストパネラーと太田がまとめフリップを出す。コーナーナレーションは服部潤。
  • 太田のSPOT光(スポットライト)
    エンディングで太田がニュースをパネルで紹介しボケるというコーナー。エンディングの中でも最後のひと時であり、実質15秒ほどと短い。

番組キャラクター[編集]

  • スタ☆メンくん
    本番組のCM前後に登場するキャラクター。しかしながら、「スタ☆メン奉行」では、2006年5月14日の放送から登場が減っていた。
  • つっこみ太郎
    「スタ☆メンくん」を当時の番組CGディレクターが洒落で劇画タッチにアレンジ。番組プロデューサーに気に入られ、「つっこみジャーナル」でのメインキャラクターとなった。

テーマソング[編集]

  • 高野健一「by your side」
    この曲は、高野自身がリリースしたソロアルバムに収録されている。
    高野は同番組枠において、前番組『EZ!TV』(リニューアル前の2004年9月まで。pal@pop名義)や、『Mr.サンデー』のテーマ曲も手掛けている。

番組の歴史[編集]

週刊人物ライブ スタ☆メン』としてスタート。関西地区、名古屋地区などで視聴率が15%を超え、関東地区においても、2006年1月29日の放送において最高視聴率15.1%をマークした。2006年7月16日の放送で再び関東地区で15.1%を記録。同時間帯で初の首位となる。関西地区でも18.2%の高視聴率をマークした。

しかし、その後はやや低迷しだした。コーナーの入れ替えが続き、2006年9月24日放送より、番組タイトルを『スタ☆メン』に改題(略称を正式な番組名に変更)した。

2007年1月21日の放送と2007年1月28日の放送は、この番組の前時間帯に放送されていた『発掘!あるある大事典II』(関西テレビ製作)のデータ捏造問題があったため、2時間15分スペシャルで放送した(2007年1月21日は、21時54分からのミニ番組を通常通り放送するため2部構成で放送された)。1月21日放送回では、宮崎哲弥と太田が関西テレビ、フジテレビおよび『あるある大事典』の制作に携わった日本テレワークを批判した。このころになると、回によっては10%前後にまで低迷しており、番組は3月に終了を余儀なくされた。

スタッフ[編集]

スタッフのほとんどが、前番組の『情報ライブ EZ!TV』のスタッフをそのまま引き継いでいる。

外部リンク[編集]


フジテレビ 日曜日夜のワイドショー
前番組 番組名 次番組
週刊人物ライブ スタ☆メン

スタ☆メン