腹よじれAGOHAZUSHI連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
腹よじれAGOHAZUSHI連盟
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1989年10月9日 - 1990年3月30日
放送時間 月曜日 - 金曜日19:00 - 22:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 大倉利晴(月 - 木)
B21スペシャル(金)
出演 高橋尚代広石恵子爆笑問題森脇健児山田雅人松村邦洋広川ひかるビシバシステム
ディレクター 堀義貴
特記事項:
ネット局によって20:00ないし21:00で飛び降りこちらも参照。
テンプレートを表示

腹よじれAGOHAZUSHI連盟(はら - あごはずしれんめい)は、ニッポン放送において、1989年10月から1990年3月までの間、月曜日から金曜日の19:00から22:00まで放送されていたラジオ番組である。

ナイター中継の無い期間の、ナイターオフ編成の番組だった。

概要[編集]

当時はダウンタウンウッチャンナンチャンらの、いわゆるお笑い第三世代のタレントが台頭し始めてきた時期。これに目を付け、ダウンタウン、ウンナンに続く第三世代の芸人をこの番組から輩出しようと、日替わりで当時駆け出しだった芸人たちが20時台の『大笑い腹よじれクラブ』にレギュラー出演していた。

メインパーソナリティは月曜日から木曜日が、萩本欽一の下で座付き作家として活躍していた放送作家大倉利晴、金曜日がB21スペシャル

19:00または19:10から19:30までは、2015年10月現在も『今夜もオトパラ!』で続いている全国ネット枠で、34局ネットで放送(時差ネットもあり)。20:00までは7局で、『大笑い腹よじれクラブ』を含む21:00まではニッポン放送と西日本放送の2局で放送、21:00 - 22:00はニッポン放送だけでの放送だった。

パーソナリティ[編集]

『大笑い腹よじれクラブ』レギュラー[編集]

当時のタイムテーブル[編集]

19時台[編集]

  • 19:00 - 今日の一声
  • 19:10 - NISSAN FAX NETWORK みんなのニュース
    リスナーから、身近に起きた出来事、自分だけが知っているこんなことなどをFAXで募集していた。
  • 19:30 - これからの人々
    『これから出てくる、今後が楽しみな人』をゲストに迎えてトークをするコーナー。

ここまでのネット局

放送時間の凡例

  • ○ - 19:00から19:30
  • ◎ - 19:10から20:00
  • ○◎ - 19:00から20:00
  • ▲ - 19:20から19:40までの時差ネット放送
  • 無印 - 19:10から19:30

20時台[編集]

  • 大笑い腹よじれクラブ (日替わりコーナー)
    東海ラジオではタイトルとスポンサーだけ同じ別内容のコーナーがこの時間の自社番組で制作されていた。
    • 貴重な体験 (月曜日)
    • ターゲットギャグ (月曜日、既に質問がギャグになっているリスナーからのはがきに、爆笑問題、森脇、山田がギャグで返すコーナー)
    • それがどうした (月曜日、東京vs大阪のバトルトーク)
    • 僕は見たんだ (火曜日)
    • お笑いコピー天国 (水曜日)
    • これが当たれば億万長者 (木曜日、特許のアイディアを考えるコーナー)
    • みんな事情通 (木曜日)
    • ヨーデルのプロ (金曜日)
    • 噂のラッパーたち (金曜日)
    (21:00まで西日本放送でもネット)

21時台[編集]

月曜日 - 木曜日
  • 21:00 - やったぜ一獲千万 クイズ知ってます
高橋が問題を読み、大倉が答える。リスナーは「ですね」「ダウト」でその答えが正しいか間違っているかを答える。最高賞金は10万円。
  • 21:10 - フリートーク
  • 21:20 - 大笑い海岸
  • 21:30 - ビーバーヤング のスターライトキッス (内包番組、月 - 金)
  • 21:40 - ここに幸あれ
金曜日
  • 21:00 - B21時スペシャル
  • 21:40 - 愛のウィークエンド
ニッポン放送 平日ナイターオフ期間19:00 - 22:00枠番組
前番組 番組名 次番組
1989年度
腹よじれAGOHAZUSHI連盟
ニッポン放送 B21スペシャルのラジオ番組
B21スペシャルの腹よじれAGOHAZUSI連盟