博士も知らないニッポンのウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

博士も知らないニッポンのウラ(はかせもしらないニッポンのウラ)は、インターネット映像配信サイト「ミランカ」配信の時事トーク番組。

概要[編集]

同じ1962年生まれでもある水道橋博士浅草キッド)と宮崎哲弥がホストとなり、地上波テレビ番組などでは言えない「際どい」内容を扱う時事対談番組。取り上げるテーマは政治からオタク文化までと幅広い。テレビには滅多に出演しないゲストが多く出演。毎月2回配信され第1部・第2部を公開。最新版は無料で、バックナンバーは有料で視聴可能、という配信形式をとった。2007年4月1日から配信を開始し、2008年12月15日配信の最終回まで計41本と特別版1本が制作された他、DVDも3本発売された。

2009年4月2日から、事実上の続編となる『博士の異常な鼎談』が東京MXTVで放送開始された。

出演者[編集]

配信リスト[編集]

テーマ ゲスト 配信開始日 DVD収録
Vol.1 Vol.2 Vol.3
001 日本政治のウラ 有馬晴海(政治評論家 2007年4月1日
002 疑似科学のウラ 唐沢俊一カルト物件評論家) 2007年4月15日
003 編集者のウラ 見城徹幻冬舎社長) 2007年5月1日
004 教育問題のウラ 宮台真司首都大学東京教授 2007年5月15日
005 環境問題のウラ 武田邦彦中部大学教授) 2007年6月1日
006 80年代サブカルチャー 中森明夫コラムニスト 2007年6月15日
特別版 松岡農水大臣自殺のウラ 青山繁晴独立総合研究所社長) 2007年6月15日
007 外交のウラ 2007年7月1日
008 噂の真相伝説 岡留安則(元同誌編集長) 2007年7月15日
009 アメリカ政治のおバカなウラ 町山智浩コラムニスト 2007年8月1日
010 環境問題のウラ 武田邦彦
山本弘と学会会長)
2007年8月15日
011 参院選から始まる政界大再編 歳川隆雄(政治評論家) 2007年9月1日
012 国際暗黒プロデューサー伝説 康芳夫プロデューサー 2007年9月15日
013 あの事件のウラ 神足裕司(コラムニスト) 2007年10月1日
014 ダイエットのウラ 岡田斗司夫(オタク評論家) 2007年10月15日
015 郵政民営化のウラ 町田徹(フリージャーナリスト) 2007年11月1日
016 安倍政権崩壊のウラ 山本一太参議院議員) 2007年11月14日
017 医療崩壊の真実 南淵明宏(大和成和病院院長) 2007年12月3日
018 官邸崩壊のウラ 上杉隆(フリージャーナリスト) 2007年12月15日
019 2007年重大ニュース 小西克哉(国際ジャーナリスト) 2008年1月1日
020 食品のウラ 安部司食品添加物評論家) 2008年2月1日
021 少年犯罪のウラ 管賀江留郎(少年犯罪データベース主宰) 2008年2月15日
022 不肖・宮嶋 あのスクープのウラ 宮嶋茂樹カメラマンジャーナリスト 2008年3月1日
023 ニッポン経済 超入門 紺谷典子エコノミスト 2008年3月15日
024 草野仁のウラ 草野仁 2008年4月1日
025 中国のウラ 富坂聰ジャーナリスト 2008年4月15日
026 テレビの未来 岸博幸慶應大准教授・avex取締役) 2008年5月1日
027 スポーツ界のウラ 二宮清純(スポーツジャーナリスト) 2008年5月15日
028 角川春樹伝説 角川春樹 2008年6月1日
029 プロレス界のタブー ターザン山本伝説 ターザン山本 2008年6月15日
030 洗脳のウラ 苫米地英人(脳機能学者) 2008年7月1日
031 福田内閣に迫るCHANGE 上杉隆 2008年7月15日
032 北京五輪水着騒動」のウラ 山本富造(山本化学工業社長) 2008年8月1日
033 ブッシュ後のアメリカ 町山智浩 2008年8月15日
034 あのヒルズ族は今? 井上トシユキ(フリージャーナリスト) 2008年9月1日
035 霞ヶ関のウラ 高橋洋一(東洋大学教授・元大蔵官僚) 2008年9月15日
036 スピリチュアルのウラ 苫米地英人(脳機能学者) 2008年10月1日
037 あのインタビューのウラ 吉田豪(プロ書評家) 2008年10月15日
038 社会保険庁のウラ 岩瀬達哉(フリージャーナリスト) 2008年11月1日
039 地球温暖化のウラ 丸山茂徳東京工業大学大学院教授) 2008年11月15日
040 バカとの闘いのウラ 勝谷誠彦(コラムニスト) 2008年12月1日
041 最終回SP 天才会議 宮台真司
苫米地英人
2008年12月15日

DVD[編集]

2008年3月21日ジェネオンエンタテインメントより発売

  • Vol.1 「タブーなきニッポンの仕掛人」篇
  • Vol.2 「報道されないニッポンの闇」篇
  • Vol.3 「'07年 永田町インサイド」篇

スタッフ[編集]

  • 構成:松崎まこと、山際良樹
  • タイトル:神保宏房
  • ディレクター:飯島冬貴、世良田佳男、板垣忠彦
  • プロデューサー:工藤浩之、小西寛
  • 制作:K-max
  • 制作・著作:neo inc

外部リンク[編集]