宮嶋茂樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮嶋 茂樹
(みやじま しげき)
生誕 (1961-05-30) 1961年5月30日(58歳)
日本の旗 日本兵庫県明石市
国籍 日本の旗 日本
教育 日本大学藝術学部写真学科
職業 報道カメラマン
ジャーナリスト
活動期間 1984年 – 現在
配偶者 あり
家族
公式サイト 不肖!宮嶋茂樹のウェブサイト

宮嶋 茂樹(みやじま しげき、1961年5月30日 - [1])は、日本報道カメラマンジャーナリスト

来歴[編集]

兵庫県明石市出身[1]白陵中学校・高等学校卒業後、[2]1980年4月、日本大学藝術学部写真学科に入学[3][1]。1984年3月、同大卒業後、同年4月、講談社に入社。「フライデー」専属のカメラマンとして取材を経験。

1986年2月、フィリピンエドゥサ革命をどうしても取材がしたくて、派遣メンバーが決定済の状態で編集部に懇願したが叶わず、新婚旅行の前倒しで休暇を申請して渡航。しかし、滞在中に事態が進まず思う様な写真が撮影出来ず、帰国した1ヶ月後に政変事態が進行し、再度渡航を懇願したが拒否されて、本来の芸能スクープ写真撮影を命じられた[4]。当時は社業に従ったが、”取材ネタを選びたい”欲求に駆られて、1987年3月、講談社を退職し、フリーランスのカメラマンとして独立[5]

日本の他、コソボ[3][2]など世界各地を取材した[3]。1996年に東京拘置所麻原彰晃の写真を撮影した[2]ほかロシア外遊中の金正日の姿[6]などスクープ写真を撮影した。通称「不肖・宮嶋」[2]1997年5月6日尖閣諸島魚釣島衆議院議員(当時)西村眞悟石垣市議会議員仲間均、映像教育研究会の稲川和男とともに視察を行った[7]2006年1月19日号の「週刊文春」でニート問題の対応策として徴兵制を主張した[8]

2011年3月11日東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所事故後、工業発展のための原発稼働を主張した[9]。同年の8月1日には自民党所属の参議院議員佐藤正久らと共に大韓民国鬱陵島を訪れようとしたものの、韓国政府から入国を拒否されて強制送還された[10]。2015年度から2年間、母校である日大藝術学部写真学科の客員教授を務めた[11][12]

趣味はハンティング[13]と模型制作[14]

毎年8月15日には必ず靖国神社への参拝を心がけているという[15]。また、皇紀(神武天皇即位紀元)を、産経新聞での自身のコラムで使用している[16]

プライベート[編集]

1980年代に交際していた、カメラマンの女性と結婚したが離婚[17]。後に、ロシア人女性と再婚している[18]

受賞歴[編集]

主張[編集]

  • 尖閣諸島への自衛隊駐留を主張した[19][20]
  • 民主党鳩山由紀夫内閣の組閣人事を批判した[21]
  • 月刊「正論」2011年10月号で朝鮮人は国家ぐるみで反日教育をし、拉致を行い核兵器を開発しているとして非難した[22]
  • 東日本大震災後の風評被害を「プロ市民」たちが助長しているとして、産経新聞に寄稿しているコラム「40X40」で非難した[23]
  • 「むしろ共謀罪は、市民が犯罪者を拒む理由になるんじゃないか。「あなたとは会うだけで共謀罪に問われそうだから」と。」、「少しくらい監視されたって枕を高くして眠る方がいい。」、「日本人は、テロや他国からの攻撃に対する危機感が薄い。」と語り、共謀罪法案に賛成している。[24]
  • 技能実習生の人権侵害や自殺などの問題に対し日本人の自殺の方が問題であると外国人の人権侵害を問題視する野党を批判した[25]

著作[編集]

写真集[編集]

ルポルタージュ・エッセイ[編集]

  • 『ああ、堂々の自衛隊』
  • 『不肖・宮嶋史上最低の作戦』
  • 『不肖・宮嶋! 撮らずに死ねるか』
  • 『不肖・宮嶋 踊る大取材線』
  • 『不肖・宮嶋 死んでもカメラを離しません』
  • 『空爆されたらサヨウナラ 戦場コソボ、決死の撮影記』
  • 『不肖・宮嶋のネェちゃん撮らせんかい!』
  • 『不肖・宮嶋南極観測隊ニ同行ス』
  • 『不肖・宮嶋の一見必撮!』
  • 『不肖・宮嶋 金正日を狙え!』(2003年4月25日 文藝春秋 ISBN 4163593608
  • 『不肖・宮嶋 国境なき取材団』
  • 『私の異常な愛情 −不肖・宮嶋流戦争映画の正しい観方−』(ぴあ,2004年) ISBN 978-4835609584
  • 『儂は舞い降りた—アフガン従軍記 上』(祥伝社,2005年) ISBN 978-4396313869
  • 『儂は舞い上がった—アフガン従軍記 下』(祥伝社,2005年) ISBN 978-4396313876
  • 『サマワのいちばん暑い日—イラクのド田舎でアホ!と叫ぶ』(祥伝社,2005年) ISBN 978-4396693206
  • 『不肖・宮嶋ちょっと戦争ボケ〈上〉1989〜1996』(新潮社,2005年) ISBN 978-4101242330
  • 『不肖・宮嶋ちょっと戦争ボケ〈下〉1996〜1999』(新潮社,2005年) ISBN 978-4101242347
  • 『不肖・宮嶋青春記』(ワック,2005年) ISBN 978-4898310816
  • 『不肖・宮嶋 メディアのウソ、教えたる! (14歳の世渡り術) 』(河出書房新社,2007年) ISBN 978-4309616452
  • 『不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト 上 爆弾ボコボコの巻』(祥伝社,2007年) ISBN 978-4396693244
  • 『不肖・宮嶋のビビリアン・ナイト 下 砲弾ドカドカの巻』(祥伝社,2007年) ISBN 978-4396693251
  • 『不肖・宮嶋 戦場でメシ喰う!』(ワールドフォトプレス,2008年) ISBN 978-4846526665

出演[編集]

映画[編集]

  • SCOOP!(2016年10月1日公開、東宝) - 不肖・宮嶋 役

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 宮嶋 茂樹 著者別記事 - 週刊文春WEB
  2. ^ a b c d 第二十回 宮嶋茂樹-前編-不肖・宮嶋が報道カメラマンをめざした理由。|平成の世にサムライを探して|日立ソリューションズ 2007.06.21
  3. ^ a b c d 日本大学芸術学部 TO JOIN NUART #01
  4. ^ 第二十一回 宮嶋茂樹-後編-不肖・宮嶋 カメラマンだからこそ、人が見ない有事が見られる。~この役得が私を現場に駆り立て続ける~|平成の世にサムライを探して|日立ソリューションズ 2007.06.21
  5. ^ a b 日藝賞第4回受賞者 日本大学芸術学部
  6. ^ エルオネス 元木昌彦のメディアを考える旅43
  7. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 13 May 2017 16:22:57 UTC閲覧
  8. ^ 聞けタイゾー 「徴兵制」こそニート対策」、『週刊文春』1月19日号、文藝春秋、2006年1月 p140-141
  9. ^ 宮嶋茂樹 首相の身辺洗ってたたき潰せ 産経新聞 2011年7月21日付
  10. ^ 夕刊フジ 2017年3月23日号
  11. ^ [https://www.facebook.com/460191934019519/posts/2015-10-05-本日は不肖-宮嶋こと報道写真家・日�/964054933633214/ 日大藝術学部写真学科 Facebook 2015年10月5日]
  12. ^ 問う「共謀罪」 言論人から カメラマン宮嶋茂樹さん(55)危険視だけの反対論、同意できない 朝日新聞 2017年5月14日 31面
  13. ^ 宮嶋茂樹 第1回「巨匠に撮られるのはどうも落ち着きません。変な汗が出てきました」 2015年03月04日(水) 島地 勝彦
  14. ^ 宮嶋 茂樹 「スケール・モデル」と言わんかい 2013.01.11 07:03
  15. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 首相辞めても安心できんで 産経新聞 2011年8月18日付
  16. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 上見て暮らしたらアカン 産経新聞 2011年1月6日付
  17. ^ 髙山正之『放言BARリークス』#50 - YouTube
  18. ^ 髙山正之『放言BARリークス』#7 - YouTube
  19. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 小沢“呆中団”600人 産経新聞 2009年12月24日付
  20. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 海上保安官に「犯人」だなんて失礼。「勲章上げてもいい」 産経新聞 2010年11月11日付
  21. ^ 【40×40】宮嶋茂樹 アフガンに自衛隊出すか? 産経新聞 2009年9月17日付
  22. ^ 【月刊正論】東シナ海も日本海も波高し 不肖・宮嶋、鬱陵島ニ突入ス 産経新聞 2011年9月1日付
  23. ^ 宮嶋茂樹 風評被害拡大させる「プロ市民」 産経新聞 2011年10月13日付
  24. ^ 外部リンク webcache.googleusercontent.com 13 May 2017 16:13:58 UTC閲覧。
  25. ^ 中韓が「反日活動家」送り込んでくるど! “テキ”招き入れる入管法成立 (1/2ページ)”. zakzak. 2019年2月4日閲覧。

外部リンク[編集]